読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

アニメ業界から見る日本の国際競争力低下について

f:id:ryosuke1123:20170403095959p:plain

 

日本が世界に誇るべき産業というのは何でしょう。

 

私と同じ年代の方なら、「製造業」って言う方が多いのではないでしょうか。

 

一昔前までは、「モノづくり日本」と呼ばれるほど、

日本の製造業というのは、世界的に評価されておりましたからね。

 

古き良き時代の日本の製造業

 

私が子供の頃に見た映画

バック・トゥ・ザ・フューチャー3」では、

こんなやり取りをしています。

 

~1955年に住む科学者ドクが、現代の車の部品を見て~

 

ドク『こりゃダメだ、この部品は日本製だ・・・(がっかり)』

マーティ『何言ってるんだよ、ドク!日本製は最高だよ!』

ドク『は!?そんな馬鹿な・・・(マジか)』

 

と言うやり取りまでしています(細かい言い回しは違うかも・・・)。

 

それくらい日本の製造業というのは、世界中で認められていたわけです。

 

でも、近年の日本の製造業は、

中国、韓国を中心とした新興国に次々のシェアを奪われ、

世界的な競争力が低下しつつあります。

 

<プロモーションドリンク>

 

 

 

アニメ産業は日本の誇るコンテンツ事業

 

もちろん、日本が誇れるのは、製造業だけではありません。

他にもたくさんあり、

その中の一つが、「アニメ産業」です。

 

私は、仕事の関係上、外国人の方と一緒に仕事をすることが多いのですが、

「どういった理由で日本に来たの?」って聞くと、

ほとんどの人は、「日本のアニメの影響を受けて」と答えます。

 

それほどに、日本のアニメというのは、世界中で見られているわけですね。

 

しかし、

今の日本のアニメ産業は、様々な問題点があります。

このままでは、かつての製造業と同じように、

競争力が低下し、過去の遺産となってしまう危惧さえ覚えてしまいます。

 

 

アニメ制作を海外で行うケースが多くなってきている

 

 私は、アニメが好きなので、休みで暇な時は、頻繁に見ております。

その中で凄く気になるのは、

アニメのエンディングとして、

音楽とともに、製作者の名前が流れてくるのですが、

この中に外国の人の名前がたくさん出てきます。

 

つまり、アニメ制作を海外に発注するケースが多くなってきているんですよね。

 

当然、この傾向がずうっと続き、

海外で制作するケースが増えてくると、海外での制作技術が高まり、

逆に日本での制作技術が下がってくるわけです。

 

 

アニメーターの給料は激安

 

また、アニメ業界で働くクリエイター達の低賃金、長期間労働も問題になっています。

 

「アニメーション制作者実態調査報告書2015」によると、

アニメ業界の平均年収は、332.8万円で、

もっとも年収が高いのが、「監督」の646.8万円で、

もっとも年収が低いのが、「アニメーター」の111.3万円

です。

 

この低賃金で、さらに長時間労働となっているため、

アニメ業界の離職率は非常に高い状態となっており、

人材の育成が進まないという現象がおこりつつあるわけです。

 

 

制作委員会制度のメリットとデメリット

 

アニメやアニメ映画のオープニングを見ていると、

「○○○(アニメの名称等)制作委員会」と出ていることありませんか。

 

これは、「制作委員会」制度といって、

アニメ制作には、莫大な費用が掛かることから、リスク分散するために、

「○○制作委員会」というものを立ち上げて、

資金調達をすることが一般的となっております。

 

 これをすることで、資金調達とリスク分散をおこなえる大きなメリットがありますが、

アニメーション制作会社の「著作権」を確保することが困難になってくることなども

問題点としてあります。

 

 

アニメ業界の国際競争力の低下

 

 これらの状況が続くと、以下のことがおこります。

 

 ①アニメーションの質の低下

 ②アニメーターの高い離職率から引き起こされる技術継承

 ③日本のアニメ産業の国内空洞化

 

がおこります。

 

その結果、国際競争力が低下し、

賃金の安い他国に仕事を奪われるということになり、

日本のアニメ産業は衰退するという結果になるわけです。

 

 

日本のアニメ産業は世界に誇るべきもの

 

今はまだ、日本のアニメ産業は、世界に誇れるべきものです。

ただ、今後様々な国が、日本の競争相手として立ちはだかってきます。

 

これらを打ち破るために、

今のアニメ産業界にはびこる問題点を是正することで、

国際競争力を確保し、

これまで同様、世界中の人が

「アニメに影響を受けて、日本に来ました。」

と言われるようにしてほしいですね。

 

 

▼▼「米国株」を極めた偉大なブロガー様達のランキングです!

にほんブログ村 米国株

 

<プロモーションドリンク>