読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

新興国への投資をしてみる?「バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)」を分析してみた

皆さんは、「新興国」への投資をどう思われますか。

 

新興国への投資といえば、

政治的リスクが高く、株式市場が安定していない、

腐敗も多く、利益構造が確立されていないなどの、悪い面がありますが、

一方で、高い成長性が期待できます。

 

以下は、少し古いですが、先進国と新興国の成長性を表したものです。

 

f:id:ryosuke1123:20170331191723p:plain

 

こうして見ると、経済が成熟した先進国よりも

新興国の成長率が高いことが見て取れます。

 

今後、中国やインドがGDPにおいて、世界1位、2位になるとも言われてますし、

新興国の今後は、投資をする上で、

アンテナを張っておいたほうが良いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は、

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)」

を紹介します。

 

<プロモーションドリンク>

?

 

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)とは

 

◆概要

 名称:バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)

 ベンチマーク:FTSEエマージング・マーケッツ・

        オールキャップ(含む中国A株)・インデックス

 信託報酬:0.14%

 構成株式銘柄数:3,653

 配当利回り:2.27%

 

◆組み入れ国名(上位10国)

 中国 28.3%

 台湾 15.3%

 インド 11.4%

 ブラジル 8.6%

 南アフリカ 8.0%

 ロシア 4.8%

 タイ 4.1%

 メキシコ 3.9%

 マレーシア 3.5%

 インドネシア 2.7%

 

f:id:ryosuke1123:20170331193915p:plain

さすがは、バンガード!

信託報酬が安いです。ただ、米国ETFなどに比べると、若干高いですね。

 

組み入れ国名の、半分近くが、中華圏となっておりますし、

アジア圏が、約7割となっています。

まあ、現世紀は、アジアの時代と言われていますし、仕方ないかもしれませんね。

 

保有上位10銘柄は、ほとんど知らない会社です(笑)

 

以下はチャートです。

f:id:ryosuke1123:20170331194545p:plain

こちらは、10年チャートですが、

2008年のリーマンショックで凄い勢いで下げてますね。

そして、その後、ボックスを形成しておりますが、

リーマンショック前の水準に戻っておりません。

 

まとめ

 

新興国への投資は、今現在のところ難しいかもしれませんね。

ハイリスクでリターンも、そのリスクに見合ったものではないように思えます。

 

ただ、今後、新興国の成長は、折り紙つきですので、

考え方によっては、今の低い水準のうちが買い時とも取れなくもありません。

 

個人的には、ウォッチは続けていきますが、

現在のところ、購入はできませんね。

おもしろいETFだとは思いますが・・・。

 

▼▼「米国株」を極めた偉大なブロガー様達のランキングです!

にほんブログ村 米国株

 

<プロモーションドリンク>

 

 

こちらは、米国株のメリットを書いた記事です。

longamerikastock.hatenablog.com