読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

投資家たるもの、人工知能(AI)について知っておくべきかも・・・AI革命までに知っておくべきこと。

今の世の中、便利になったものですね。

 

私が学生の頃、携帯電話なんてものはなく、

友人との待ち合わせに遅れてしまったりすると、

連絡の手段がなくて、途方にくれたものです。

 

現在では、電話はもとより、メールやLINE、様々な手段で

連絡を取り合うことができますからね。

 

もはや、携帯電話やスマホは、なくてはならないものです。

 

このように、日々技術は進歩しており、

私達の生活は、こういった技術の進歩の上に成り立っています。

今後も技術の進歩により、私たちの生活は変わっていくんでしょうね。

 

技術は、常に進歩して、私たちの生活を変えていきますが、

中でも、最近は「人工知能(AI:Artificial Intelligence)」が、非常に注目されています。

 

一部報道では、2020年に「AI革命」がおこるとも言われてますし、

投資家たる者、こういったトレンドは、ある程度知識として持っておかねば

ならないと思います。 

 

そこで、今回は、「人工知能(AI)」について、調べてみました。

 

 

<プロモーションリンク>

 

 

人工知能(AI)とは

 

なにやら、色んな定義があるようですが、

一言でいうなら・・・・

 

「人間の知能を、コンピュータ技術で再現する技術」

 です。

 

私と同じ年代の方でしたら、一番最初に耳にしたのは、

ドラクエⅣ(ファミコン版)」ではないでしょうか。

 

これは、敵キャラと戦闘をするときに、

仲間に「命令」を与え、自動的に敵キャラに対して、

効果的な攻撃をしてくれるというものです。

 

これが、まあ、ク○みたいなクオリティで、

仲間キャラの「クリフト(僧侶)」が、ボスキャラに

「ザキ」ザラキ」を連発してくれておりましたね(笑)。

「効かねえ~っつうの!」って腹が立った思い出があります。

 

ただ、これは、もう20年以上前のことです。

 

今の人工知能は「ビッグデータ」の解析技術や、

ハードウェアのスペック向上等で、とんでもないものになっております。

 

 

人工知能(AI)の分類とレベル

 

 人工知能には、「弱いAI」と「強いAI」に分類されています。

 

「弱いAI」とは、

一言で言うと、

「あらかじめプログラムされている範囲の事以外はできないもの」です。

すでに、「一定の枠内」では、人間のレベルを超えていますが、

いくらこれが高精度・高性能したとしても、ある枠内でのみのこととなります。

 

そして、「強いAI」とは、その「一定の枠内」を超えたものです。

人間のように考え、学習、推測し、理解し手判断した結論をもとに、

実行することができるものです。

 

また、人工知能には、4つのレベルがあります。

 

レベル1(制御):従来の制御工学に基づく制御システム

 これには、「AI搭載」と書かれた家電製品が当たります。

 

レベル2(推論):あらかじめ登録されたデータと、ルールに基づいた多様な実行

 これには、お掃除ロボットや、Siriなどの質問応答システムが当たります。

 

レベル3(機械学習):機械学習を取り入れたAI

 これは、サンプルとなるデータをもとに、自動的にルールや知識を

 学習し、それで得た知識をもとに、実行することができます。

 ただし、学習するための「特徴点」は、人間の手で設計する。

 

レベル4(ディープラーニング):ディープラーニングを取り入れたAI

 人間が介在したり、ルールを設定しなくても、

 自律的に特徴点やルールを学習し、自動的に実行することができます。

 

レベル4が、高精度で実現されたら怖いですね。

ターミネーター」の世界がリアルに起きそうな気がします。

この「レベル4」で使われる「ディープラーニング技術」の発展により、

精度の向上や用途の拡大が見込まれています。

  

 

人工知能(AI)の市場規模

 

 続いて、人工知能の世界市場規模を調べてみました。

f:id:ryosuke1123:20170415111507p:plain

とんでもない市場規模の推移ですね。

 

世界市場規模は、

2015年・・・「3兆7450億円」

2020年・・・「23兆638億円」

2030年・・・「86兆9680億円」

で推移すると予測されています。

 

86兆円って・・・・!!

日本の国家予算よりちょっと少ない位の市場規模ですよ。

 

活用分野としては、

「運輸」「卸・小売り」「製造」が大きなシェアを占めています。

 

どういう風に使われるかというと、

「運輸」は、トラックやタクシーの自動運転で活用され、

「卸・小売」は、顔認証による自動広告や、自動決済、需要予測などに活用されます。

「製造」は、工場の情報化や自動化に活用されます。

 

これらの導入により、人件費などを削減し、利益向上を実現できるんでしょうね。

 

 

人工知能(AI)関連銘柄

 

 上記のとおり、今後人工知能の市場は爆発的に増えることから、

それに関連する企業に投資すれば、大きな利益を得ることができると思われます。

 

そこで、人工知能関連企業をいくつかピックアップしてみました。

 

①IBM

 人工知能で最も有名なものと言えばIBMの「ワトソン」ではないでしょうか。

 

 「ワトソン」は、AIのプラットフォームというべきもので、

 すでに、金融、自動車、医療など幅広い分野で、

 導入または導入が見込まれています。

 

 現在、IBMは、長く低迷しており、社運を賭けたものと言えます。

 株価の低い今のうちに、投資することで、

 大きな利益を得ることができるかもしれませんね。

 

②グーグル

 検索大手の「グーグル」も人工知能に力を入れております。

   人工知能開発分野で最先端だった「ディープマインド」社を買収しており、

 巨額の投資費用をつぎ込んでいます。

 グーグルの開発した人工知能が、「囲碁」のトッププレイヤーに勝利したことが

 話題になりましたね。

 「自動車」「医療」など幅広い分野で活用が見込まれています。

 

③アマゾン

 ほかの会社同様、人工知の研究に力を入れています。

 人工知能「アレクサ」を搭載した、

 対話できる家庭用スピーカー「エコー」が有名ですが、

 自動車業界への転用も進められています。

 ほかにも、人工知能を主力の「AWS」に転用したり、

 将来的には、実店舗での決済、ドローンでの配送などでも

 活用が見込まれています。

 

 

総括

 

 長い文章となってしまい、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

今後、世界をイノベーションするものとして、真っ先に挙げられる

人工知能」については、投資する、しない問わず、ウォッチしていく必要が

あると思います。

 

詳しくは知る必要はないと思うのですが、

市場規模や今後の展望、力を入れている会社を知っておくことで、

社会の情勢を知ることができ、

ビジネスチャンスを手に入れることができると思います。

 

▼▼「米国株」を極めた偉大なブロガー様達のランキングです!

にほんブログ村 米国株

 

<プロモーションリンク>