読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

早期リタイアすると、それ以上「資産」を高めることはできない・・・しっかり考えて決断すべき。

最近は、働き方も多様化しており、

以前のように、「定年」まで働くのではなく、

「早期リタイア」されている方も数多くいると思います。

 

私も、米国株を中心に、「投資」をおこなっておりますが、

最終目的は、「早期リタイア」することです。

 

「早期リタイア」されている方を、

大雑把に分けると2つの方法で実現していますね。

 

①資産を最大限まで高めて、リタイアする(不労所得を考慮しない人)

②資産はほどほどに、不労所得で日々の生活をする(不労所得を考慮する人)

 

①は、会社の経営者であったり、

宝くじだとか、遺産だとかで大金が転がってきて、

急に大金持ちになった人が多いと思います。

ただ、この方法で、リタイアした人を、私は直接見たことはありません。

 

②は、早期リタイアする方法としては、

一番メジャーな方法なんじゃないでしょうか。

 

「給与所得」と「投資」などを複合させて、

一定の資産を得た後、リタイアし、「配当」などの不労所得で、

日々の生活をしている人が多いような気がします。

 

私が、目指しているのも、②になってしまいます。

なぜなら、「不労所得」なしで、リタイアするには、

数億必要になりますからね。

私のような平凡な人間には難しいと思います。

 

<プロモーションリンク>

 

 

 

 

早期リタイアするとそれ以上資産を高めるのは難しい・・・

 

 ただ、「不労所得」で日々の生活をする場合、

一つ問題点があります。

 

私の場合、

早期リタイアすると、配当金などで、

日々の生活をすることになりますが、

そうすると、それ以上資産を高めるのは難しい気がします。

 

もちろん、株価上昇に伴う、利益を取得することはできますが、

「投資」の最大のメリットは、「複利」による資産上昇が望めることです。

リタイアしてしまうと、「複利」による、効率的な資産の最大化は、

難しいんですよね。

 

 

複利」の効果は凄まじい

 

例えば、100万円を投資して、配当利回りが3%だとしたら、

3万円の配当を貰うことができます。

 

その3万円を再投資することで、効率よく資産を高めるわけです。

これが、「複利」の基本的な考え方ですが、

この「効果」は凄まじいものがあります。

 

私が、「投資」を始めようと思ったのは、

当時働いていた部署の同僚に、「株式投資」の事を教えてもらい、

複利」の計算を、エクセルで見た時です。

 

1年目 100→103

2年目 103→106.09

3年目 106.09→109.2727

25年目 197.3587→203.2794

となるんですよね。

 

 つまり、24年強で、倍になるわけです。

 

複利」の基本に「72の法則」というものがあります。

例えば、3%の利回りの場合、

72 ÷ 3 = 24

目安として、24年で「倍」になります。

 

ちなみに、毎年「3万円」ずつ増えていくと、

34年で、倍になるので、その効果は、大きく違うことが分かります。

 

複利」の効果を最大限に得るために、

給与や配当の再投資が重要になってくると思います。 

 

早期リタイアするためには、十分な資産が必要になる

 

しかし、会社を辞めてしまうと、

「給与収入」がなくなってしまいます。

さらに、「配当金」も、日々の生活に使われてしまうので、

「再投資」ができなくなってしまうんですよね。

 

そうすると、リタイアしたタイミングの「資産」を

それ以上高めることは難しくなります。

 

リタイアすることは、簡単ですが、

その後の人生には、病気になって大きな費用が発生する場合もありますし、

老後に、有料老人ホームに入ることなどを考えると、

大きな資産を残しておく必要があると思います。

 

ネット上では、安易に早期リタイアを勧めているサイトもありますが、

自身の事ですからね。

「早期リタイア」すると、資産の構築が、リタイアする前よりも

難しくなることを、しっかり自覚しておく必要があると思います。

 

▼▼「米国株」を極めた偉大なブロガー様達のランキングです!

にほんブログ村 米国株

 

<プロモーションリンク>