読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

偉大なる投資家から学ぶ・・・ヘッジファンドの帝王「レイ・ダリオ」のポートフィリオ

世界の三大投資家といえば、

ウォーレン・バフェット」「ジョージ・ソロス」「ジム・ロジャース」

と言われております。

 

しかし、偉大なる投資家というのは、この三人だけではありません。

なかでも、ヘッジファンドの帝王「レイ・ダリオ」は、

日本でも有名な著名投資家です。

 

今回は、そんな彼のポートフィリオを紹介します。

 

レイ・ダリオとはどんな人物!?

 

<プロモーションドリンク>

 

 

レイ・ダリオは、

世界最大のヘッジファンド「ブリッジウォーター・アソシエイツ」の

創業者です。

 

ヘッジファンドマネージャーのお金持ちランキングでは、

ジョージソロスに次ぐ、第三位となっております。

 

レイ・ダリオが、

その名を世界に知らしめたのは、「リーマンショック」の時です。

2008年は、ヘッジファンド全体で20%以上のマイナスとなったのですが、

金融危機を予見し、運用利回り12%を確保しました。

その後、欧州の金融危機も予見し、巨大な利益を得たと言われています。

 

彼の手法は、ソロス氏と同じく(?)「グローバルマクロ戦略」です。

ただ、最近は、AIを使ったシステムトレードも行っているという情報も

ちらほら聞きますね。

 

 

レイ・ダリオのポートフィリオ

 

 こちらは、2016年12月末のレイ・ダリオのポートフィリオです。(上位10銘柄)

f:id:ryosuke1123:20170419200352p:plain

 

本当は、今現在のものを知りたかったのですが、

まだ公開されていませんでした(泣)

 

上記を見てみると、

ポートフィリオの50%以上が、新興国への投資となっています。

 

バンガード・FTSE・えマージン具・マーケッツETF(VWO)」は、

アジアを中心とした新興国に投資しています。

 

ちなみに、こちらに記事を書いています。

longamerikastock.hatenablog.com

 

iシェアーズ MSCI エマージング・マーケット ETF(EEM)」も、

新興国を中心に投資しているETFです。

 

「SPDR トラストシリーズ1(SPY)」は、

米国S&P500と連動したETFですね。

他にも、少しですが、「アップル」や「マイクロソフト

iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)」なんかも、

ポートフィリオに組み込まれていますね。

 

 

まとめ

 

 レイ・ダリオは、「新興国」を中心に投資しておりました。

そして、今回わかったのは、このような著名な投資家も、

ある程度の、集中投資をしているんですよね。

 

投資のセオリーといえば、一つの銘柄の株価が下がっても、

全体的な影響を最小限にするために、

複数の銘柄に「分散投資」をすることです。

 

ただ、そういったセオリーを、著名な投資家達が

行っているかというと、必ずしもそんなわけでもありません。

 

バフェットも、たくさんの銘柄をポートフィリオに組み込まれていますが、

ビッグ5と呼ばれるお気に入り銘柄が6割を占めています。

 

「絶対に上がる」と自信の持てる銘柄には集中投資しても良いのかもしれませんね。

 

まあ、私のようなサラリーマン個人投資家が、

「絶対に上がる!」と確信を持てることってあるのかどうかわかりませんが。

 

▼▼「米国株」を極めた偉大なブロガー様達のランキングです!

にほんブログ村 米国株

 

<プロモーションドリンク>