リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

時価総額世界ナンバーワン「アップル(AAPL)」を分析してみた・・・買い?

f:id:ryosuke1123:20170425220313j:plain

 

スマホって、便利ですよね。

今では当たり前のように使っていますが、実際に日本で注目され、活用され始めたのは、2008年頃と言われています。


それまで、日本では「ガラケー」と呼ばれる携帯電話が主流だったんですよね。


電話やメールができ、大画面でインターネットを閲覧でき、様々なアプリまで使えるという、まさに万能小型端末といえるでしょう。


そんな、「スマホ」の中でも、多くの方が使っている「iPhone」の開発、販売をしている「アップル」を分析してみたいと思います。

 

 

アップルは、iPhone、iPadを販売するグローバル企業

 

<プロモーションドリンク>

 

 

もはや、知らない人はいないくらいメジャーな会社です。

「iPhone」や「IPad」、「Mac」などを、世界中に販売しております。

 

まずは、2017年度1Q(2016.10~2016.12)のデータを見てみます。

 

◆2017年度1Q(2016年10月~12月)の売上データ

f:id:ryosuke1123:20170425202718p:plain

 

appleは、9月が決算ですので、四半期1Qは、「10月~12月」となります。

こちらの資料では、どの製品・サービスで、どれだけの売上があったのかを、記しています。

 

「iPhone」が、7829万台売れ、543億ドルの売上がありました。

appleの1Q全体の売上が、783億ドルであることを考えると、

「iPhone」の売上が全体の70%を占めているということになります。

 

以下は、全体の売上を円グラフにしたものです。

 

f:id:ryosuke1123:20170425204742p:plain

appleにとって、「iPhone」の売れ行きが、いかに重要であるか

お分かりいただけると思います。

逆に、「iPad」や「Mac」の売上は、全体で比較すると、割合的には低いんですよね。

(額はすごいですけどね・・・。)

 

また、「Service」というのは、Appleストアや、iTuneなどの売上になります。

「Other Product」は、上記以外の売上で、一時期話題になった「Apple Watch」も、

こちらに入ります。

 

今後のスマホ市場はどうなるのか?

 

2017年1Qのデータを見る限り、appleを分析するうえで大事なのは、

「iPhone」の売上が、今後どう推移していくかってことだと思います。

(数年という短い単位でみるならね。)

 

そこで、現在のスマホのメーカー別のシェアを見てみます。

 

◆スマホシェア(2016年度)

サムスン 22.8%

アップル 15.3%

ファーウェイ 9.6%

OPPO     7.2%

vivo         6.0%

LG     5.5%

小米     3.7%

Lenovo     3.7%

TCL          3.7%

ZTE          3.5%

その他  18.9%

 

サムスンは、相変わらず強いですね。アップルは二番手です。

それにしても、中国メーカーの躍進が凄いです。今後、さらにシェアを伸ばす可能性が高いですね。

残念ながら、日本企業は一つもランクインしていません(泣)

 

続いて、世界のスマホ市場の推移を見ていきます。

 

 

◆世界のスマホ市場推移

f:id:ryosuke1123:20170425210814p:plain

 

総務省|平成27年版 情報通信白書|グローバル市場の動向 

より抜粋

 

今後も、スマホ市場は拡大していくようですね。

特に、新興諸国での普及が見込まれているようです。

 

つまり、「iPhone」の売上向上の伸びしろは、まだまだあるように思えます。

 

 

アップルの製品、サービスは今後衰退しないのか

 

 現在の、アップルの売上の70%を「iPhone」の売り上げが占めているところを考えると、1年後、2年後はともかく、10年後の事を考えると、少し不安です。

 

ただ、「iPhone」のブランド力は、絶大で、デザイン性、操作性で、ほかの追随を許していません。

 

iPhoneの凄いところは、一度使い始めたら、今後も使い続ける「リピーター率」が圧倒的に多いところです。

それだけ、ユーザビリティが高いってことなんでしょう。

言い換えるなら、独占企業的な体質を持っているってことではないでしょうか。

 

あと、今回は触れませんでしたが、アップルの収益性は素晴らしいです。

ほかのIT企業は、売上が高いけど、営業費や研究開発費にも、費用をかけています。

しかし、アップルは、これらの費用が他社に比べると、少ないんですよね。

 

それでも、大きな収益を上げているところを考えると、優れた収益構造を持っていると考えるべきです。

 

これらの事を考えると、今後も、アップルには期待できるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

あの「ウォーレン・バフェット」も購入した「アップル」は、

調べれば調べるほど、魅力的な企業だと思います。

 

高いブランド力、高い収益性、優れた企業構造、どれも素晴らしいです。

 

次の買いたい銘柄の最有力候補の一つですね。

 

▼▼「米国株」を極めた偉大なブロガー様達のランキングです!

にほんブログ村 米国株

 

<プロモーションドリンク>

 

 こちらの記事もいかがでしょうか?

www.longamerikastock.com

 

www.longamerikastock.com

 

www.longamerikastock.com