読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

IBMが2017年も増配決定!配当額は6年で倍になってます

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

現地時間4月25日、IBMが四半期ベースで、支払われる配当を、

現行の「1.40ドル」から「1.50ドル」への増配を発表しました。

 

これにより、連続増配は、22年となりました。

 

<プロモーションドリンク>

 

 

以下は、発表した内容をGoogle先生に翻訳いただいたものです。

 

米IBM(NYSE: IBM )の取締役会は、2017年5月10日現在の株主に対し2017年6月10日に支払われる普通株式1株当たり1.50ドルの四半期毎の現金配当を本日発表した。今日の配当宣言は、前四半期の配当である普通株式1株当たり1.40ドルより0.10ドル、すなわち7%増加したことを表しています。

IBMが四半期ごとの現金配当を増額したのは22年目のことです.IBMは2010年以降、四半期ごとに1株当たり配当を倍増しました。IBMは1916年以来連続して四半期配当を行っています。IBMの会長兼最高経営責任者(CEO)であるGinni Romettyは、「IBMはエンタープライズ・クラウドとコグニティブ・コンピューティングの世界的リーダーとしてIBMに長年の投資をもたらしました。

 

ちょっと、変な訳になっている部分もありますが、十分意味は分かります。

 

四半期ベースで、1.50ドルへの増配ということは、

年間ベースだと、6.00ドルになったということですね。

約7.0%の増配ってことですか。

 

ちなみに、これまでの推移をまとめてみました。

 

◆IBM増配推移(2011年~2017年)

f:id:ryosuke1123:20170427205723p:plain

 

2011年が、1株あたり3ドルに対して、

2017年が6ドルとなっているので、6年で2倍になってますね。

 

これが、増配を続けている会社の魅力ですよね。

持っているだけで、毎年もらえる金額が増えていきますから。

 

それでは、毎年どれくらいの比率で増配しているのかを見てみましょう。

 

◆IBM増配率推移(2011年~2017年)

f:id:ryosuke1123:20170427210035p:plain

 

これまで、10%以上の増配をしてきておりましたが、

今年は7%まで落ち込んできております。

 

これは、減収減益のせいかもしれませんね。

ただ、「自社株買い」「連続増配」を続けているところをみると、

株主重視は貫いているようです。

 

問題は、今後さらなる減収減益が続いたときのことですね。

大丈夫だとは思いたいですが、未来は誰にもわかりませんからね。

 

私の今後の投資方針

 

今回も無事、「増配」してくれて良かったです。

本当にホッとしました。

 

現在は、IBMの株価がかなり下落してきている傾向があるので、

配当利回りが、「4%」を超えるようなことがあれば、

買い増ししたいと思います。

 

まあ、他にも、通信大手の「ベライゾン」やタバコ大手の「フィリップ・モリス」、石油大手の「エクソン・モービル」など、欲しい銘柄がたくさんあるので、ちょっと迷いますけどね。

 

今回の決算では、私の欲しい銘柄のほとんどが、良くなかったので、買い時となっているような気がします。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>