リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

アップル(AAPL)が2017年度第2四半期決算発表を分析・・・やっと購入タイミング来るかも。

f:id:ryosuke1123:20170425220313j:plain

 

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

アップル(AAPL)は、現地時間5月2日に、2017年度第二四半期(2Q)の決算を発表しました。

 

私は、アップルについて、非常に期待しており、ポートフィリオに加えることも検討しております。ですので、今回は、アップルの決算を分析してみたいと思います。

 

ちなみに、以前にも「アップル(APPL)を分析しております。

www.longamerikastock.com

 

 

アップル(AAPL)が発表した内容をGoogle先生に翻訳いただいた

 

<プロモーションドリンク>

 

 

まずは、アップルが発表した内容を、Google先生に翻訳していただきました。

 

カリフォルニア州クパチーノ発 - 2017年5月2日 - アップルは本日、2017年4月1日に終了した2017年第2四半期の財務実績を発表した。同社は四半期売上高を529億ドル、希薄化後1株当たり利益を2.10ドルと発表した。 これらの結果は、前年同期の売上高506億ドルと希薄化後1株当たり利益は1.90ドルとなりました。 第1四半期の売上高のうち、海外売上高は65%を占めています。


AppleのCEOであるTim Cook氏は、「Appleは3月の好調な業績を発表し、12月期からの収益成長とiPhone 7 Plusの堅調な需要が続くことを誇りに思います。 「新しいiPhone 7(PRODUCT)REDスペシャルエディションの両方のモデルに大きな顧客からの反応がありました。私たちはサービス事業の勢いを賞賛し、13週間で最高の売上を達成しました。 今後、サンノゼで開催される世界的なデベロッパーズカンファレンス(Worldwide Developers Conference)に、世界中からの参加者を歓迎します。


Appleはまた、取締役会が株主に資本を返却するために当社のプログラムに対して500億ドルの増資を承認し、プログラムの期間を4四半期延長すると発表した。 拡張されたプログラムの下で、Appleは2019年3月末までに累計で3,000億ドルを使う予定である。


AppleのCFOであるLuca Maestri氏は次のように述べています。「当社は3月期に125億ドルの営業キャッシュフローを生み出し、100億ドル以上を投資家に還元しました。 「私たちの事業の強みと将来への自信を考えると、今日のキャピタルリターンプログラムにはさらに500億ドルの増資を発表してくれることを嬉しく思っています。


プログラムの最新の更新の一環として、取締役会は、前年度に発表された1750億ドルの水準から、株式買戻し承認額を2,100億ドルに引き上げた。 当社はまた、権利確定制限付株式のネット・シェア・アンド・・・・・・・・ンツを継続する予定である。


取締役会は、当社の四半期配当金の10.5%増を承認し、2017年5月15日の事業終了時点の株主に対して2017年5月18日に支払う当社普通株式1株当たり0.63ドルの配当を宣言した。


2012年8月のキャピタルリターンプログラムの開始から2017年3月まで、Appleは自己株式の取得1,500億ドルを含む21100000000ドル以上の株主に戻ってきました。
当社は、プログラムの資金調達を支援するために、引き続き国内外の債券市場にアクセスする予定である。 経営陣と理事会は、資本帰還プログラムの各要素を定期的に見直し続け、毎年プログラムの最新情報を提供する予定です。


Appleは2017年度の第3四半期に以下のガイダンスを提供しています。
売上高は435億ドルから455億ドル
総利益率は37.5%から38.5%
営業費用は66億ドルから67億ドル
その他の収益/(費用)4億5,000万ドル
税率25.5%

Apple Reports Second Quarter Results - Apple

より抜粋

 

翻訳すると意味わからない部分もありますが、十分理解できると思います。

ここでは、結構重要な発表をしていますね。

 

まずは、「配当」を、これまでの1株当たり「0.57ドル」から「0.63ドル」に引き上げました。つまり、10%の増配です。

 

そして、第3四半期のガイダンスを発表をみると、435億ドルから455億ドルとなっておりますが、これは当初の予想を下回っています。

 

アップル(AAPL)の2017年度第二四半期(2Q)を分析

 

続いて、今回発表された決算内容を見てみたいと思います。

 

◆商品別決算データ(2017年度2Q)

f:id:ryosuke1123:20170503192729p:plain

 

上記は、商品別の売上データです。

2017年度2Qの売上は、52,986ドルとなっており、そのうち、

「iPhone」が「5076万台」売れて、「33,249ドル」の売上、

「iPad」が「892万台」売れて、「3,899ドル」の売上、

「Mac」が「419万台」売れて、「5,844ドル」の売上となっております。

 

また、「Service(アップルストア等)」の売上は、「7,041ドル」

「その他」の売上は、「2,873ドル」となっております。

 

前年度(2016年2Q)と比較すると、売上そのものは上がっておりますが、

iPhone、iPad等の販売台数は、下回っております。

 

これは、1台あたりの価格が上がっている為、販売台数が減っても、売上が上がっているわけです。つまり、売上が上がっていても、良い内容というわけではないです。

 

前期(2017年1Q)と比較すると、販売台数も売上も下がっています。

ただ、これは、年末商戦の影響だと思うので、数値ほど厳しくはないと思いますね。

 

あと、アップルの決算を見る際に、重要なことは、「iPhone」の売上です。

 

◆商品別売上割合

f:id:ryosuke1123:20170503195335p:plain

 

なぜなら全売上の6割以上が、「iPhone」だからです。

前年度と比較して、販売台数が減っているのは、少し気になりますね。

 

 

総括

 

今回の2017年度2Q決算としては、ハイライトとして以下のことが挙げられます。

 ・2017年度3Qのガイダンスが予想よりも引き下げられた。

 ・前年度(2016年度2Q)と比較して売上は上がっているが、販売台数は減っている。

 ・配当を、10%引き上げることが決定。

 

増配は、良いニュースですが、決算内容としては、あまりよくない結果と言えます。

おそらくは、しばらく株価が下がるんじゃないでしょうかね。

 

私としては、今回の決算があまり良くなくて、株価が下がるようであれば、新規購入も検討していたので、むしろありがたいです。

 

なぜなら、アップルの収益構造は、素晴らしいものだし、販売台数が減っているとは言え、既存ユーザーの囲い込みは、出来ておりますからね。

このまま、アップルの収益構造が陳腐化していくイメージができないです。

 

とはいえ、ちょっと今の株価は高いので、様子を見て、仕込めたらなって思います。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>