読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

「バンガード・米国バリューETF(VTV)」を分析!投資するメリットはあるのか・・・

f:id:ryosuke1123:20170421212509j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

今回は、「バンガード・米国バリューETF(VTV)」をご紹介します。

 

 

バンガード・米国バリューETF(VTV)とは

 

<プロモーションドリンク>

 

 

このETFは、米国の大型バリュー株で構成されています。

 

名称:バンガード・米国バリューETF

ティッカー:VTV

信託報酬(経費率):0.06%

決算:年4回(3・6・9・12月)

設定日:2004年1月26日

構成銘柄数:327

直近の配当利回り:2.40%(※17/05/17現在)

株価収益率:21.3

 

配当利回りは、バリュー株だけあって、高めですね。

このETFは、「キャピタルゲイン」だけでなく、「インカムゲイン」も狙えると思います。

 

以下は、「VTV」の銘柄構成比率です。

 

◆構成銘柄比率(TOP10)

f:id:ryosuke1123:20170517204843p:plain

 

マイクロソフトやエクソンモービル、ジョンソン・エンド・ジョンソンといった、お馴染みの銘柄の中に、なぜか「バークシャー・ハサウェイ」が入っています。

 

これって、「バリュー株」なの?

イマイチ、バリューの基準がわかりませんね。

 

セクター別の構成比率を見ると、全体の4分の1が「金融セクター」なんですよね。

 

チャートと過去のパフォーマンス

 

以下はチャートです。

 

◆チャート(10年)

f:id:ryosuke1123:20170517205536p:plain

 

リーマンショックの際に、大きく下げているものの、その後は、綺麗な右肩上がりになっています。

 

以下は、過去のパフォーマンスです。

 

◆過去のパフォーマンス(VTV)

f:id:ryosuke1123:20170517205925p:plain

 

直近3年間保有し続けると、年間9.0%のリターンがあります。

直近5年間保有し続けると、少しパフォーマンスが下がり、年間13.5%のリターン。

直近10年間保有し続けると、リーマンショックの影響で、年間5.7%のリターン。

になります。

 

ちなみに、以下は、S&P500と連動した「IVV」の過去のパフォーマンスです。

 

◆パフォーマンス比較用(IVV)

f:id:ryosuke1123:20170515121559p:plain

 

VTVとIVVを比較すると

3年間保有すると、VTVが「9.0%」 IVVが「10.2%」

5年間保有すると、VTVが「13.5%」 IVVが「14.0%」

10年間保有すると、VTVが「5.7%」 IVVが「7.1%」

ずつ年間のリターンがあります。

 

VTVと「S&P500指数(IVV)」のパフォーマンスを比較すると、「S&P500指数(IVV)」の圧勝であることがわかります。

 

 

総括

 

今回ご紹介させていただいた「バンガード・米国バリューETF(VTV)」は、バリュー株に投資して、それなりのパフォーマンスをあげれますが、「S&P500」指数に負けております。

 

「S&P500」指数と連動した「IVV」や「VOO」、または、米国株の全体を網羅した「VTI」、高配当銘柄で構成された「VYM」などと比べると、少し魅力が落ちてしまいますね。

 

あくまで個人的な意見ですが、「VTV」を購入するのであれば、自信のあるセクター関連のETFを購入した方が、良いような気がします。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>