リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

「SPDR ダウ工業株平均 ETF(DIA)」を紹介!S&P500指数とどちらがパフォーマンスが良い?

f:id:ryosuke1123:20170507122610j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

今回は、「SPDR ダウ工業株平均 ETF」を紹介します。 

 

 

ダウジョーンズ工業株30種平均とは

 

このETFは、「ダウジョーンズ工業株30種平均」の値動きと連動したものです。

 

「ダウジョーンズ工業株30種平均」とは、「S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス」が算出するアメリカ合衆国の代表的な株価指数です。

 

よく、テレビのニュースなどで言われているあれね。

 

この「ダウジョーンズ工業株30種平均」は、名前のとおり「30種」の銘柄で構成されており、時代に合わせて銘柄が入れ替わっております。

 

最近だと

2013年9月20日に

「ゴールドマン・サックス」「ビザ」「ナイキ」が

「アルコア」「バンク・オブ・アメリカ」「ヒューレット・パッカード」と入れ替わってます。

 

2015年3月19日に、「アップル」が、「AT&T」と入れ替わっています。

 

 

SPDR ダウ工業株平均 ETFとは

  

<プロモーションドリンク>

 

 

以下は基本情報です。

名称:SPDR ダウ工業株平均 ETF

ティッカー:DIA

信託報酬(経費率):0.17%

分配頻度:毎月

設定日:1998年1月14日

構成銘柄数:30

直近の年間配当利回り:2.50%(※17/05/22現在)

 

年間配当利回りは、少し高めですね。

そして、このETFの特徴は、「毎月分配型」なんですよね。

 

毎月、支払われるのは嬉しいですが、それだけ投資効率が下がっているような気もします。

 

以下は、構成銘柄です。

 

銘柄名 業種 比率
Goldman Sachs Group Inc. 金融 7.12
3M Company 資本財 6.46
Boeing Company 資本財 5.87
UnitedHealth Group Incorporated ヘルスケア 5.68
Home Depot Inc. 一般消費財 5.15
Apple Inc. 情報技術 5.05
International Business Machines Corporation 情報技術 4.99
McDonald's Corporation 一般消費財 4.87
Johnson & Johnson ヘルスケア 4.20
Travelers Companies Inc. 金融 4.00
United Technologies Corporation 資本財 3.95
Walt Disney Company 一般消費財 3.53
Chevron Corporation エネルギー 3.48
Caterpillar Inc. 資本財 3.32
Visa Inc. Class A 情報技術 3.03
Procter & Gamble Company 生活必需品 2.84
JPMorgan Chase & Co. 金融 2.78
Exxon Mobil Corporation エネルギー 2.70
Wal-Mart Stores Inc. 生活必需品 2.56
E. I. du Pont de Nemours and Company 素材 2.55
American Express Company 金融 2.53
Microsoft Corporation 情報技術 2.24
Merck & Co. Inc. ヘルスケア 2.11
NIKE Inc. Class B 一般消費財 1.71
Verizon Communications Inc. 電気通信 1.49
Coca-Cola Company 生活必需品 1.45
Intel Corporation 情報技術 1.16
Pfizer Inc. ヘルスケア 1.06
Cisco Systems Inc. 情報技術 1.03
General Electric Company 資本財 0.91
U.S. Dollar その他 0.03

 

 

チャートと過去のパフォーマンス

 

以下は、チャートです。

 

◆チャート(10年)

f:id:ryosuke1123:20170522204437p:plain

 

米国株特有の綺麗な右肩上がりです。

 

以下は、過去のパフォーマンスです。

 

◆過去のパフォーマンス

f:id:ryosuke1123:20170522204819p:plain

 

直近3年間保有し続けると、年間10.7%のリターンがあります。

直近5年間保有し続けると、少しパフォーマンスが下がり、年間12.1%のリターン。

直近10年間保有し続けると、リーマンショックの影響で、年間7.2%のリターン。

になります。

 

ダウジョーンズ工業株30種平均 VS S&P500

 

それでは、「S&P500」指数と比較すると、どちらがパフォーマンスが良いのか調べてみます。

 

以下は、S&P500と連動した「IVV」の過去のパフォーマンスです。

 

◆パフォーマンス比較用(IVV)

f:id:ryosuke1123:20170522205254p:plain

 

DIAとIVVを比較すると

3年間保有すると、DIAが「10.7%」 IVVが「10.2%」

5年間保有すると、DIAが「12.1%」 IVVが「14.0%」

10年間保有すると、DIAが「7.2%」 IVVが「7.1%」

ずつ年間のリターンがあります。

 

直近10年だと、ほとんど差がありません。

 

まとめ

 

「SPDR ダウ工業株平均 ETF」は、米国の代表的な指数に投資することで、様々な銘柄に分散投資することができます。

 

パフォーマンスも、素晴らしく、「インカムゲイン」「キャピタルゲイン」両方で利益を得ることができます。

 

個人的には、「ダウ工業株平均 ETF」か「S&P500」連動型ETFのどちらか一つは、ポートフィリオに入れておいたら安心だと思います。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>