リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

IBMの開発したAIプラットフォーム「ワトソン」に派手さはない!でもIBM復活の切り札になる・・・と思う

f:id:ryosuke1123:20170521124624j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

先日、ソフトバンクが、以下のようなプレスリリースを発表しました。

 

ソフトバンク株式会社は、応募者をより客観的に、また適正に評価することを目的に、2017年5月29日より新卒採用選考のエントリーシート※評価にIBM Watson日本語版(以下「IBM Watson」)を活用します。

過去のデータを学習させたIBM Watsonに応募者のエントリーシートデータを読み込ませると、IBM WatsonのAPIの一つであるNLC(Natural Language Classifier、自然言語分類)により、エントリーシートの内容が認識され、項目ごとに評価が提示されます。合格基準を満たす評価が提示された項目については、選考通過とし、それ以外の項目については人事担当者が内容を確認し、合否の最終判断を行います。IBM Watsonによる評価をエントリーシート選考の合否判断に活用することで、統一された評価軸でのより公平な選考を目指します。

また、このたびのIBM Watsonの活用により、人事担当者がエントリーシートの確認作業に充てる時間を75パーセント程度軽減できることが見込まれます。これにより創出された時間を応募者との対面でのコミュニケーションに充てる予定です。ソフトバンクは「Smart & Fun!」のスローガンのもと、ITやAI(人工知能)を駆使して生産性を上げ、全社員がスマートに楽しく働くことを目指しています。採用活動においてもITを導入することで、企業と応募者のマッチングを追及するとともに、イノベーティブでクリエイティブな企業として成長し続けることを目指します。

こちらを参照 ↓

https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2017/20170529_01/

 

まあ、ようは「AI(人工知能)」を活用して、採用選考を効率的に行うってことですね。

 

私も、採用選考に関わったことがあるのですが、めっちゃ大変なんですよ。

一日に何十枚って、エントリーシートや履歴書が送られてきて、それを一枚一枚チェックするだけでも、膨大な作業です。

 

特に、「ソフトバンク」なんて超大手企業ですからね。

受験者も多いと思うので、採用選考は本当に大変でしょうね。

 

そういった大変な作業を、人工知能(AI)で補うことで、全体の作業効率を高めていくことができますからね。

 

今回も、プレスによると、75%の作業負荷低減が実現できるそうです。

そして、その空いた時間を使って、対面のコミュニケーション(面接かな?)に充てるそうです。

 

 

IBMのAIプラットフォーム「ワトソン」は派手さはないけど堅実

 

<プロモーションドリンク>

 

 

最近は、人工知能(AI)関連のニュースが多いですね。

 

今回、ソフトバンクが発表した「ワトソン」を活用した新しい採用選考って、「Google」傘下の企業が開発した「囲碁AI」が、最強の棋士に勝利しただとか、「エヌビディア」の「自動運転」などに比べると、凄く地味というか、派手さがありませんね。

 

でも、これが、「ワトソン」の真骨頂だと思うんですよ。

 

いま話題の「車の自動運転」の分野に、「ワトソン」は参入していません。

(運転技術ではなく、「コンシェルジュ」としての機能は参入していますけどね。)

 

しかし、AI活用の真骨頂というのは、こういった派手な分野だけでなく、既存業務の最適化や効率化だと思うんですよね。

こういった分野では、「ワトソン」はかなり導入を進めてきており、年間売上がすでに「1兆円」を超えています。

 

これは、すでに、少しずつですが、事業化が進んでいるってことですよね。

これは、AI市場拡大初期の段階のおいて、他社より先行していると言っていいでしょう。

 

今回も「ワトソン」の活用で、作業負荷が「75%」の低減ですよ!

これって、とんでもなくないですか!?

 

現在、IBMは、市場で、かなり低く評価されていて、あの「ウォーレン・バフェット」も一部売却しました。

これにより、一部の投資家は「IBMは終わった」と思っている人も多いと思います。

 

でも、私は、昨今の「ワトソン」の導入事例を見ていて、将来の「IBM」に期待してしまいます。

 

みんなが「ダメだ」と思われているものに、自分の目と頭で判断して、「結果」がきちんと出た時ほど、優越感に浸れることってないですからね。

 

頑張れ~、IBM!

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>