リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

バークシャー・ハサウェイ傘下の企業がドイツの特殊化学品メーカー「ランクセス」の株式を取得!

f:id:ryosuke1123:20170530183251j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

著名投資家の「ウォーレン・バフェット」の傘下企業が、ドイツの化学品メーカー「ランクセス」の発行済株式の3%を取得したそうです。

 

以下は、ブルームバーグの記事です。

 

29日のフランクフルト株式市場で、ドイツの特殊化学品メーカー、ランクセスの株価が急伸した。著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイ傘下の再保険会社ゼネラル・リインシュアランスがランクセスの発行済み株式の3%を取得し、上位6位内の株主になったことが手掛かり。

  ランクセスの終値は6.7%高の67.48ユーロ。29日のフランクフルト証券取引所への届け出で、ゼネラル・リインシュアランスのランクセス株取得が明らかになった。

 以下参照

バフェット氏:独特殊化学品製造ランクセスの株式取得-株価急伸 - Bloomberg

 

バークシャー・ハサウェイが、直接購入したわけではなく、傘下の「ゼネラル・リインシュアランス」が購入しただけで、株価が上がるんですよね。

 

バフェットの「名前」って凄すぎでしょ。

 

ランクセスってどんな会社!?

 

<プロモーションドリンク>

 

 

ランクセスは、「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」のワールド・インデックス(DJSI World)および「FTSE4Good」の構成銘柄です。

 

世界25 カ国で事業を展開する大手特殊化学品メーカーで、ドイツ国内第4位、世界36位の売上高を誇り、全世界の従業員数は約 16,700 人、世界中に54 の拠点を展開していて、日本にも事業所があります。

 

主な事業は、中間体、特殊化学品、プラスチックの開発、製造とマーケティングで、タイヤメーカー向けのブチルゴムの分野では世界有数の販売数を誇っています。

 

ランクセスは、以下の4つの部門で構成されております。

 

 ・アドバンスト中間体部門

 ・パフォーマンスケミカルズ部門
 ・ハイパフォーマンスマテリアルズ部門
 ・ARLANXEO部門

 

5月12日に発表された2017年第1四半期の業績を確認したところ、すべての部門で10%以上の売り上げ増となっております。

 

また、全体としても前年度(2016年)同時期と比較して、25%の売り上げ増を記録しています。これは、米国の「ケムチュラ社」を買収したことが影響しているようで、2017年度は、過去最高の好業績となる見通しです。

 

以下は、チャート(10年)です。

f:id:ryosuke1123:20170530181339p:plain

 

リーマンショックの影響を受けて、2007年から2008年にかけて、大きく下がっておりますが、大きく波打ちながら、株価が上昇しています。

 

ちなみに、現在のPERが「28.81」、EPSが「2.37」となっており、バリューエーション的な魅力はありません。

また、配当利回りも「1.02」と、高い水準ではありません。

 

しかし、プレスリリースで発表されていますが、2017年度は、過去最高の売り上げを予想しており、今後も成長することが見込まれます。

 

今回の株式取得に、「バフェット」が関わっているとは思えませんが、やっぱり「バークシャー」の名前が出ている以上、興味が出てしまいますね。

 

なんで、この企業の株式を取得したのだろうか・・・。

興味は尽きないです。

 

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>