リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

「ハンター×ハンター」連載再開!!この漫画に対して物申したいことは山ほどある・・・

f:id:ryosuke1123:20170607210356p:plain

 

ちょっとびっくりしたことがありました・・・。

 

なんと・・・

 

あの「ハンター×ハンター」連載再開するそうです!

 

いや~、実は私この漫画大好きなんですよね。

 

「ハンター×ハンター」っていう漫画のここがすごい!

 

この漫画凄いんです!

 

登場するキャラクターやストーリー、全てが高水準で、1998年の連載開始以降、未だに人気が衰えていない漫画の一つです。

 

確かに、このことも凄いんですが、更に凄いことがあるんですよ。

それは・・・、

 

作者がとにかく連載を休みまくる!!

 

どれだけ休みまくるかというと、以下のとおりです。

 

1998年連載開始

06年2月~07年10月 ・・・ 休載(1年9ヶ月)

07年45号~08年2号まで10話掲載。

07年12月~08年2月 ・・・ 休載(3ヶ月)

08年14号~08年24号まで10話掲載。

08年5月~08年9月  ・・・ 休載(5ヶ月)

08年45号~09年2号まで10話掲載。

08年12月~09年12月 ・・・ 休載(1年1ヶ月)

10年5・6合併号~10年26号まで20話掲載。

10年6月~11年8月  ・・・ 休載(1年3ヶ月)

11年35・36合併号~12年16号まで30話掲載。

12年3月~12年11月  ・・・ 休載(8ヶ月)

13年1号~13年2号まで2話掲載。

12年12月~14年5月 ・・・ 休載(1年6ヶ月)

14年27号~休載2回を挟み14年37、38合併号まで9話掲載。

14年8月~16年4月 ・・・ 休載(1年9ヶ月)

16年20号~16年31号まで11話掲載。

16年7月~17年6月  ・・・ 休載(1年)

17年30号(17年6月26日号)~?

 

いや~、凄いですよね。1998年から連載開始して、「連載」する期間よりも「休載」している期間の方が長いですからね。

 

基本的に、10話程書いたら、1年以上休むというルーティーンとなっているようですね。ちなみに、「10話」で、単行本1巻作れるんで、目安にしていると思われます。

 

1998年から連載開始しているということは、20年ほど連載しているわけですよ。

 

ほかの漫画で、20年以上連載を続けているものといえば、「ワンピース」や「名探偵コナン」があります。

これらの単行本の巻数はというと・・・

 

ワンピース ・・・・85巻 (※2017年6月時点)

名探偵コナン・・・・92巻 (※2017年6月時点)

 

20年間続いているだけありますよね。凄い巻数です。

ここまで、長いあいだ人気を持続できる作者の才能と努力には、「尊敬」という言葉では、生ぬるいですよね。

 

ところで、「ハンター×ハンター」の巻数はというと

 

ハンター×ハンター・・・・34巻(※2017年6月時点)

 

す、すっくな!!

 

20年も続いているとは、到底思えませんね。

 

ほかの漫画家さんが、血反吐吐いて、ファンのためにマンが書いているのに、この作者ときたら・・・って思いませんか?

 

腹立ちますよね?

ムカつきますよね?

こんな漫画見んといてやる!!って思いますよね。

 

でもな~・・・

ほんと悔しいんですけど・・・

 

連載始まると、面白いんだわ・・・・

 

やっぱ、この作者天才だと思いますよ。

続きが気になるんですよね。

 

なので、「休載」ならともかく「連載終了」は、

ホント困るんですよね。

 

 

ハンター×ハンター作者の冨樫先生は大金持ち!

 

<プロモーションドリンク>

 

 

ところで、「漫画家」という仕事は、一作売れると、「印税」やらなんやらで、とんでもない収入を得ることができるそうです。

 

ハンターハンター作者の冨樫先生は、過去にも「幽遊白書」や「レベルE」という漫画をヒットさせています。

まあ、「てんで小悪キューピット」とかいうエロ漫画は、あまり売れてなかったみたいですけどね。

 

そして、冨樫先生の奥さんは、「セーラームーン」の原作者なので、同様にお金を持っています。

つまり、「冨樫家」は、とんでもなく大金持ちっていうわけです。

 

それこそ、漫画なんて書かなくても、生活できるほどの資産を持っているんですよね。

 

そう・・・漫画なんて書かなくてもいいんです。

 

それでも、休載をしながら、私達ファンのために、漫画を書いていてくれる・・・。

そりゃありがたいことなわけです。

 

そう思って、漫画を読ませていただこうと思います。

 

・・・・っていうか、原作だけ冨樫先生にやってもらって、漫画を書くのは別の人にやってもらうっていうのは、どうなんだろう。

これだと、作者の負担は減るし、漫画は続くし、一石二鳥だと思うんですけどね。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>