リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

IBMから配当金をいただきました!株価が低迷している今だからこそ「購入」した理由を思い返してみた・・・。

f:id:ryosuke1123:20170617082436p:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

2016年6月15日に、世界最大のIT企業「IBM」から配当金を頂戴しました。

 

一株当たり 1.5ドル

数量 250株

合計 375ドル

日本円換算:41,568円(1ドル = 110.85円)

 

こうして、四半期ごとに「4万円」以上の収入があるというのは、嬉しいですよね。

これだから、「株式投資」は辞められません。

 

 

IBMの四半期のパフォーマンス

 

IBMは、4月以降に入ってからのパフォーマンスは最悪です。

 

f:id:ryosuke1123:20170617072908p:plain

 

まず、2017年度第一四半期の決算発表では、20期連続の減収減益を記録し、アナリストの予想を大きく下回るものとなっていたため、株価は大きく下落しました。

 

続いて、5月に入ると、「ウォーレン・バフェット」が保有していた「IBM」株のうち3分の1を売却したという報道が流れました。

これにより、株価は大きく下落しました。

 

また、「S&P500指数」と比較してみると、2017年に入ってから「S&P500指数」が「+8.67%」のパフォーマンスがあったのに比べ、「IBM」は、「-6.38%」とアンダーパフォームしています。

 

f:id:ryosuke1123:20170617073642p:plain

 

このようにIBMのパフォーマンスは非常に悪い状況が続いています。

 

 

こんな時だからこそ今一度「購入理由」を思い返してみた

 

<プロモーションドリンク>

 

 

「永遠の不発弾」の名は健在ですね。

今年初めの発表された「2016年度決算」では、大きく期待しましたが、結果はこのザマです(笑)。

 

でも、私自身は、まだまだ今後の将来について「希望」を持っています。

 

AIプラットフォームの「ワトソン」は好調で、AIの初期市場としては先行しています。

そして、IBMが「戦略的必須事項(Strategic Imperatives)」と位置づけた5つのソリューションである

「クラウドサービス」

「ビッグデータ分析」

「モバイル」

「ソーシャルネットワーク」

「セキュリティー」

は、順調に成長しており、今や全体の売上の約40%を占めるようになってきました。

 

問題なのは、衰退していっている「システム」分野などのレガシー事業が、想定以上に落ち込んでいることです。

 

これらの衰退事業の整理整頓が出来た時、IBMの減収減益の呪いが解けるのではないかと思っています。まあ、ようは、IBMの復活というやつです。

 

また、「IBM」の株主還元の姿勢は高いです。

「自社株買い」や「配当金の増配」を続けていっておりますね。

 

特に「配当金」に関しては、「2011年」には年間に1株あたり3ドルの配当がでておりましたが、2017年には「6ドル(予定)」の配当をもらえます。

6年間で2倍に増えているんですよね。

 

f:id:ryosuke1123:20170427205723p:plain

 

保有しているだけで、もらえる配当金が増えていくのは、ありがたいです。

 

 

総括

 

このように、「IBM」は非常に低迷しています。

 

しかし、あくまで私個人としては、しばらくは低迷するでしょうけど、将来的に復活する可能性もあり、高い配当金をいただけると考えています。

 

「株式投資」の基本は、株価が低いうちに購入して、株価が高くなったら売却することです。今の「IBM」は、まさに「株価が下がっている時」なんですよね。

 

今後「IBM」が復活したとき、腹抱えて爆笑してやろうと思っています。

 

IBMが永久に復活しなかったら?

その時は、腹か抱えて爆笑しながら、現実逃避したいと思います(泣)。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>