リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

世界最高の技術力を誇る軍事企業 ロッキード・マーチン社(LMT)を分析してみた!

 

f:id:ryosuke1123:20170625125624p:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

少し古い情報ですが、2016年末にスウェーデンの「ストックホルム平和研究所」が発表した情報によると、2015年の軍事企業トップ100社の売上高は「3707億ドル」で、そのうち「2097億ドル」が米企業の売上だったようです。

世界の軍事企業トップ100の売り上げのうち「56.6%」が米企業というわけですね。

 

また、売上ランキング1位が「ロッキード・マーチン」社で、2009年から連続で1位を獲得しています。

 

そこで今回は、世界最大の軍事企業「ロッキード・マーチン(LMT)」社を分析してみたいと思います。

 

 

ロッキード・マーチン社(LMT)とは

 

<プロモーションドリンク>

 

 

 ロッキード・マーチン社の事業は、大きく分けて4つのカテゴリーに分かれているようです。

f:id:ryosuke1123:20170625112115p:plain

 

「Aeronautics」とは、「軍用航空機」の開発、製造をしている部門です。

ローッキド・マーチンの主力事業なので様々な製品がありますが、「F-35ステルス戦闘機」が有名ですよね。日本にも導入が進められています。

ちなみに、1台あたり1億ドル以上(100億円以上)するという超バカ高い製品です。

 

2016年度の売り上げは、「17,769ドル」と全体の37%を占めており、2014年、2015年と比較しても、年々売り上げが増加していってます。

 

「Missiles and Fire Control」とは、高度な戦闘ミサイル、ロケット、有人および無人システムなどを開発、製造をしている部門です。

2016年度の売り上げは、「6,608ドル」と全体の13.9%を占めています。

2014年、2015年と比較すると、年々売り上げが減少していってますね。

 

「Rotary and Mission Systems」とは、軍事システムの開発・製造をしている部門です。今、何かと話題の「ミサイル防衛システム」の開発なども行ってます。

2016年度の売り上げは、「13,462ドル」と全体の28.4%を占めています。

2014年、2015年と比較すると、年々売り上げが増加していってますね。

 

「Space Systems」とは、その名の通り宇宙で起動させるシステムの開発・製造をしている部門です。具体的には、「通信衛星システム」などですね。

2016年度の売り上げは、「9,409ドル」と全体の19.9%を占めています。

 

上記のとおり、ほとんどが「軍事」に特化した部門であることが分かります。

 

まあ「Space Systems」は、少し微妙ですけどね。

 

「軍事企業」ということは、「ロッキード・マーチン」にとっての「お客様」は、「国家(政府)」ということになります。

 

決算書などを見る限りでは、どの国にどれくらいの売り上げがあったのか、という記載がなかった(見つけれなかった)ので、具体的な数値は分かりませんが、売上のほとんどがアメリカ政府であると思われます。

 

つまり、「アメリカ」の国策によって業績が左右される可能性が非常に高いですね。

 

まあ、今は「世界情勢」が不安定なことと、中国の軍拡などから、大きく需要が下がることはない気もしますが、長期で見ると少し不安定な感じがしますね。

 

ロッキード・マーチンの実績とパフォーマンス

 

以下は、ロッキード・マーチンの過去の売上、利益を表したものです。

 

f:id:ryosuke1123:20170625122726p:plain

 

2012年度から2014年度まで売上が下がり、その後上昇しています。

若干安定していない感は否めませんね。

 

f:id:ryosuke1123:20170625123059p:plain

 

しかし、業績予想をみると、今後3年間は増収増益が予想されています。

 

f:id:ryosuke1123:20170625123359p:plain

 

上記は、ロッキード・マーチンの10年チャートです。

リーマンショック後、かなり低迷しておりますが、2013年以降急激に上昇していっていますね。

 

ちなみに「PER」が「22.38」、「PBR」が「53.68」、配当利回りが「2.59%」となっており、それほどの割安性はありません。

 

総括

 

個人的には面白い銘柄だとは思いますが、「軍事」に特化しすぎていて、政府の政策に依存してしまう点が気になります。

 

私の保有している「ボーイング(BA)」も、軍需部門がありますが、民間向けの製品も多いので、様々な販売策をとることができる点を評価しています。

 

ただ、「ロッキード・マーチン」の技術力は高く評価できますし、世界一の軍事大国であるアメリカ御用達であることを考えると、中期的には安泰かなと思います。

 

まあ、大きく成長することはない代わりに、大きく衰退することはないのではないでしょうかね。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>