リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

人手不足なのに賃金が上がらない国、日本・・・本当に大丈夫?

 

f:id:ryosuke1123:20170706135540j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

先日、総務相が発表した資料によりますと、日本の「完全失業率」は、2017年5月の時点で「3.1%」となっており、4月と比較すると「0.3%」増加したそうです。

 

それにしても、今年に入ってから、2%代が続いていたんですよね。まさに「完全雇用」の時代と言えます。

 

日本の「失業率」は、世界の主要国と比較しても、かなり低いです。

 

以下の資料は、「総務省」が作成した資料です。

f:id:ryosuke1123:20170706122425p:plain

 

ご覧のとおり、世界の主要国と比較しても、非常に低い数値を維持しています。

アメリカも随分と改善していますが、2012年には8%代だったんですよね。

日本で、失業率が8%とかなったら、大変なことになるでしょう。

 

あと、「イタリア」「フランス」は、かなり高い失業率となっています。

上記資料は、全年齢を対象とした統計となっていますが、15歳から24歳までの失業率は、40%を超えているそうです。

 

ちなみに、日本の15歳から24歳までの失業率は、6%程度ですので、このような国と比べると、日本の若者は、仕事ばっかりで忙しいかもしれませんが、きちんの収入があり、当たり前の生活ができている分恵まれているのかもしれませんね。

 

日本のこれまでの「失業率」の推移を見てみると、以下のとおりです。

f:id:ryosuke1123:20170706124120p:plain

バブルがはじけたときと、リーマンショックの際に、失業率が跳ね上がっていますが、それでも、5%程度です。

前述の世界主要国の失業率と比較しても、日本の「失業率」がいかに低いものか、お分かり頂けるかと思います。

 

人手不足なのに賃金が上がらない国、日本

 

<プロモーションドリンク>

 

 

他の国と比較しても、失業率は低いということは、それだけ人手不足に陥っているということですよね。現に、数年前から、小売業や飲食業、建設業を中心に人手不足が叫ばれています。

 

人手不足ということは、賃金を高めないと人が集まらないはずなので、理論上は「失業率」が低いのであれば、労働者の賃金も上がっていくはずです。

 

以下は、労働者の平均収入をグラフにしたものです。

 

f:id:ryosuke1123:20170706125526p:plain

 

ご覧のとおり、日本の「平均年収」は低いまま・・・というか、時期によっては下がっているくらいですよね。

 

これって、やばくないですか?

 

本来なら、

人手不足 

 ⇒ 賃金を高めて求人募集

 ⇒ 雇用の発生

 ⇒ 企業の収益アップ

 

という正のサイクルが回るはずなのに、

 

人手不足

 ⇒ 低賃金のま求人募集

 ⇒ 雇用が発生しない

 ⇒ 機会損失、過重労働による生産性、収益性の低下

 ⇒ 企業収益低下

 

という負のサイクルが回ってしまいます。

 

 さらに言うと、

労働者の賃金低下

 ⇒ 結婚しない若者の増加、または子供を産まない家庭の増加

 ⇒ 少子高齢化がさらに進む

 ⇒ 日本終わった(´・ω・`)

 

大げさかもしれないけど、こういう事になりかねませんよね。

 

なぜ、人手不足なのに賃金が上がらないのかというのは、諸説あります。

 

「企業が後の景気低迷に備えて利益を内部保留している」とか

「企業が非正規雇用を増やしている為」とか

「企業が賃金上昇に対する生産性上昇に疑問を持っているため」とか、色々言われていますが、この問題は、企業と日本という国そのものに、構造的な欠陥があるもの思われます。

 

このような構造的欠陥を放置することで、結果的にさらなる負のサイクルを産み、企業は低迷していきます。そして、企業の低迷は、労働者の賃金低下を生み出し、多くの人の生活を困窮させていくわけです。

 

私は、日本という国が好きですが、さすがにそのような国には投資できませんので、今は米国企業に投資しています。

願わくば、私が老いて投資を引退するまでに、「日本に投資したい」を思えるような国になって欲しいと思います。

(※ちなみに、米国でも同様の問題が起きていますが、日本はかなりまずい状況です。)

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>