リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

マイクロソフト(MSFT)が2017年度第4四半期決算を発表したので分析してみた・・・

f:id:ryosuke1123:20170604130523p:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

現地時間、7月20日に世界最大のソフトウェア開発販売業の「マイクロソフト」が2017年度第4四半期の決算発表を行いましたので、分析してみたいと思います。

 

マイクロソフトの第4四半期決算を分析

 

<プロモーションドリンク>

 

 

以下は、マイクロソフトの第四四半期の事業別売上です。

 

f:id:ryosuke1123:20170721215009p:plain

 

マイクロソフトは、大きく分けて3つの事業で構成されています。

 

「Productivity and Business Processes」は、「Office」製品や、「Dynamics CRM Online」の開発・販売を行っています。

こちらの部門は、四半期ベースでみると、前年度「6,970」に対して、「8,446」となっており、前年度比「21.1%」の増収となっています。

また、通期で見ても、前年度「26,487」に対して、今年度「30,444」となっており、前年度比「14.9%」の増収となっています。

 

「Intelligent Cloud」は、「Windows Server」「SQL Server」「System Center」「Azure」「Enterprise Services」などのパブリック、プライベート、ハイブリッドのサーバ製品の開発・販売を行っています。

 

こちらの部門は、四半期ベースで見ると、前年度「6,711」に対して、「7,434」となっており、前年度比「10.7%」の増収となっています。

また、通期で見ても、前年度「25,042」に対して、今年度「27,440」となっており、前年度比「9.5%」の増収となっています。

 

ちなみに、サーバー製品、クラウドプラットフォームの売り上げは15%増で、「Azure」はなんと97%増となっています。

「Azure」は、アマゾンの「AWS」に次ぐ、シェアを占めており、今後も期待できそうです。

 

「More Personal Computing」は、「Windows」OSのライセンス収入、「Surface」や携帯端末などのデバイス類、「Xbox」などのゲーミング製品、開発を行っています。

 

こちらの部門は、四半期ベースで見ると、前年度「8,960」に対して、「8,820」となっており、前年度比「1.6%」の減収となっています。

また、通期で見ても、前年度「40,434」に対して、「38,773」となっており、前年度比「4.2%」の減収となっております。

 

マイクロソフト社全体を通期で見ると、前年度「85,320」に対して、今年度「89,950」となっており、前年度比「5.4%」の増収となっております。

そして、利益ベースで見ると、100%以上の増益となっています。

 

最後に、通期の事業別売上の割合は以下の通りです。

f:id:ryosuke1123:20170722093310p:plain

マイクロソフトは、分けた事業をほぼ均等に売上を上げています。

「Google(アルファベット)」や「Facebook」「Amazon」「アップル」のように、 

特定の収入源がある企業と違い、多角的な経営をしています。

 

総括

 

予想をはるかに上回る好決算ですね。

私の保有銘柄の「IBM」とはえらい違いですよ。「IBM」ではなくて、「マイクロソフト」を持っておけばよかった・・・なんてことも言いたくなりますよね。

 

私たちは、なんやかんや不満がありながらも、パソコン上で「Windows」や「Office」製品を動かしており、「マイクロソフト」の製品プラットフォームから、なかなか逃れることはできません。

 

私たちの「生活」「仕事」において、マイクロソフトの製品は必要不可欠ってわけです。

 

また、2017年度は、クラウドサービス「Azure」が絶好調で、今後も期待できそうです。

 

さすがに、こんな好決算見たら、今後も期待して買いたくなってしまいますね。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>