リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

今の現役社会人の老後ってやばくね!?老後破産しないために今からやっておくべきこと・・・

f:id:ryosuke1123:20170605200605j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

少し前ですが、2017年5月に総務省が発表した「家計調査報告」によると、二人以上の世帯別平均貯蓄は1820万円だそうです。

 

f:id:ryosuke1123:20170723094838p:plain

(出典)総務省

http://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/pdf/yoyaku.pdf

 

内訳は、約62%が貯金で、有価証券は、わずか14.6%となっています。

こうしてみると、やはり「株式投資」をしている人って、少ないですよね。

 

あと、これは全世帯の平均なのですが、世代別で見ると、以下の通りになります。

 

f:id:ryosuke1123:20170723100028p:plain

40代未満では、平均貯蓄が574万円に対して負債現在高が1098万円、

40代で平均貯蓄が1065万円に対して負債現在高が1047万円、

50代で平均貯蓄が1802万円に対して負債現在高が591万円、

60代には平均貯蓄が2312万円に対して負債現在高が220万円となり、

70歳以上ともなると平均貯蓄が2446万円に対して、負債現在高が90万円となります。

 

老後破産しないためにやっておくべきこと

 

<プロモーションドリンク>

 

 

やはり、年齢が上がるにつれて、貯蓄現在高は上がり、負債現在高が下がって行きますね。

 

これは、年齢が高いほど、これまで積み重ねてきた貯蓄が上乗せされることと、子育てが一区切りし、給料から貯蓄に回せる額が多くなっているからだと考えられます。

 

あと、私見ですが、バブル世代の人達は、私達のようなバブル後の世代に比べると、給料が高いように思えます。同じ役職で、同じような仕事をしていても、40代の私よりも、一回り上の先輩の方が、圧倒的に給料が高いですからね。

 

まあ、これは時代の流れによるものなので、羨ましがっても仕方がないと思っていますが、世代によって収入や貯蓄に大きな格差があるのは、凄く気になります。

 

以前にも記事にしましたが、日本の社会保障制度は、日本の財政を逼迫し、今後どうなるか分かりません。

www.longamerikastock.com

 

今の70歳以上の高齢者でも、「年金が少ない」「生活が厳しい」という意見をお持ちの方が多く、現に「老後破産」する方も多くいますが、逆に考えると、給料が高く、年金もそれなりに貰え、平均値としてそれなりに貯蓄を持っている今の高齢者ですら、生活が厳しいと言っている人たちがいるわけです。

 

なので、本当にもっとやばいのは、私たちのような、今の現役世代の人達じゃないでしょうか?

 

私たちが高齢者になった頃、「社会保障制度」がうまく制度として成り立っているか、疑問がありますし、貯蓄の残高も、今の70歳以上の平均値ほどあるのか、微妙なところです。

 

下手すれば、「老後破産」する人が、爆発的に増えるかもしれません。

 

では、多くの人が「老後破産」しているので、

「まあ、みんなが老後破産するなら、自分も仕方ないや・・・」

なんて思いますか?

 

私は、「ノー!!」です。

断じて否ですね。

 

私は、「老後破産」なんてしたくないですし、これからも面白おかしく生きていきたいと思っています。

 

その為にすることは、私たちの老後が結構ヤバいという事実を受け入れること。

 

そして、収入(給料や副業)を増やし、出費を抑えるための施策を考えて実施し、資産運用でお金に働いてもらうことが、最も効率的に資産を最大化することができる方法です。

 

皆と一緒に、奈落の底に落ちるなんてことのないように、早めに手を打つことが大事だと思います。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>