リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

結婚せず、子供も作らず「早期リタイア」を目指す私は親不孝ものか・・・

f:id:ryosuke1123:20170710202620j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

会社勤めされている方の中では、今が「夏期休暇」の方も多く、実家に帰省された方も多いのではないでしょうか。

 

私も、今まさに「夏期休暇」ですので、先日、実家に行ってきました。

 

久しぶりに戻ってきた実家というのは、良いですよね。

 

特に、普段食べないような良いものも食べれますし。

「焼肉」「お寿司」・・・ホント美味しいです。

 

しかも、自宅にいるときは、食事を作るのも自分、洗うのも、自分ですが、実家にいると、それらは母親がやってくれますからね。

 

ほんと、居心地がいいです。

 

実家を離れて暮らしていて、ろくに親孝行していないにもかかわらず、長期休暇のたびに、居心地のよい空間を作ってくれる両親に感謝です。

 

結婚もしない、子供もいない私は親不孝ものか・・・

 

<プロモーションドリンク>

 

 

実家は、住宅地にあるのですが、お盆の頃になると、その世帯に住んでいていた私と同世代だった人達が、帰省してきます。

 

当然、彼ら(彼女ら)は成人し、結婚している人も多いので、その「子供」も連れて帰省してくるわけです。

 

ですので、私が実家の自分部屋(まだある)でのんびりしていると、その「子供」たちの声が聞こえてくるんですよね。

 

「おじいちゃん~、おばあちゃん~♪」という声や、子供たちがキャッキャ遊んでいる声、喧嘩している声、謎の歌詞を歌っている声なんかが聞こえると、自然と顔が綻んでしまいます。

 

その一方で、少し申し訳ない気持ちになるんですよね。

 

誰に申し訳ない気持ちになるかというと、「親」。

 

私も41歳。バカボンのパパと同じ年です。

 

そんな私が、親に嫁や子供の顔も見せれていないのは、とんでもない「親不孝」なのかな・・・・って思うんですよね。

 

今にして思えば、これまでに、結婚するチャンスは何度かあったように思えます。

 

相手の親に挨拶に行ったこともあります。

 

でも、結婚には至らなかった。

 

それはなぜかというと・・・

 

当時の私は、とてつもなく仕事が嫌だったんですよね。

なので、「絶対に近い将来、早期リタイアしてやる。」と思ってました。

 

今にして思えば、勉強不足だったのですが、早期リタイアと結婚の両立は無理と判断し、私は早期リタイアを選んだんですよね。

 

言い方を変えれば、自分自身があまりにも弱かった。

嫌なことから逃げ出すために、「結婚」というものからも逃げ出したわけですからね。

 

まあ、そのこと自体、悪いこととは思わないんですけど、ただただ、当時の彼女には申し訳なかったです。

 

近年は、人々の考え方が多様化してしまった結果、「結婚をしない」という選択肢をする人が多くなってきています、私も含めて(今は結婚したいけど・・・)。

 

「結婚しない」というのは、一見、色んな意味で「自由」を満喫することができます。

 

「お金」「時間」・・・色んな意味で「自由」を満喫できますよね。

 

ただ、自分の生活を「独り」で行わなきゃいけない、というデメリットもあります。

 

もちろん、若い頃は、自分独りでも生活できますが、問題は「高齢者」になった時。

 

掃除、洗濯、炊事・・・全て、独りでやらなきゃいけない。

更にもっと高齢になって、体が満足に動けなくなった際、「老人ホーム」の手続きも、自分独りでやらなきゃいけない。

 

もしかすると、なんとかなるのかも知れないけど、言いようのない不安を覚えます。

 

高齢者になってから、

「あ~、あの時、結婚しておけば良かった~!」

って思っても、もう遅いですからね。

 

若い頃の判断が、将来に良くも、悪くも、大きな影響を与える「結婚」。

仮に、年齢を重ねて考え方が変わったとしても、もはや後戻りはできないんですよね。

 

時間を巻き戻せるような猫型ロボットを持っていませんし。

 

「後悔のない人生」って、難しいですよね。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>