リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

人工知能、量子コンピューター・・・世界を変える技術を提供する企業に投資すれば利益を得られる!?

f:id:ryosuke1123:20170514211006j:plain

 

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

私は、本業ではIT関連の仕事をしておりますが、仕事柄、ハイテク関連の話を耳にしたり、実際に目にすることも多いです。

 

「クラウド」や「ビッグデータ」なんかは、数年前から話題になり始め、今や色んな企業が、さまざまな商品を提供していますが、私が、初めてお客様に、関連サービスや商品を説明した頃は、「なんじゃそれ?」って感じでしたからね。

 

提案する私達も、どういった人達をターゲットにして、どのように特徴を説明したらよいのか、正解が全く見えていなかった頃です。

 

それにしても、最新技術を、実際に見せてもらったりすると、本当にワクワクしますよね。しかも、この最新技術の発展のスピードと言ったら、驚くばかりです。

 

例えば、数年前、「画像認識技術」のデモンストレーションを見せてもらったことがあるのですが、その時の認識精度は、それほど高くなかったんですよね。

 

それから、しばらく経って、また同じようにデモンストレーションを見せてもらったときは、驚く程の認識精度だったんですよね。

 

技術の進歩の速さに、本当にびっくりしました。

 

ハイテク企業に投資することで大きな利益を得ることができるんじゃないか・・・

 

<プロモーションドリンク>

 

 

ところで、そんなハイテク技術なんですが、最近は、これまでにないほど、色んな技術が注目されているような気がします。

 

前述の「クラウド」や「ビッグデータ」は、既に実用化されていますが、「人工知能(AI)」や「量子コンピューター」等の技術は、これから本格的に実用化されていきます。

 

おそらく、こういった技術が、本格的に実用化されると、私達の生活は大きく変わっていくでしょう。

まさに、「科学が世界を変える」って奴ですよね。

 

一方で、こういった最新技術を生み出している会社は、大きな利益を手に入れることができると思うんですよね。

 

ちなみに、以下は、「人工知能(AI)]の市場規模予想です。

 

◆人工知能の市場規模予測

f:id:ryosuke1123:20170415111507p:plain

上記グラフを見ますと、世界市場規模は、

2015年・・・「3兆7450億円」

2020年・・・「23兆638億円」

2030年・・・「86兆9680億円」

で推移すると予測されています。

 

86兆円って凄いですよね。日本の国家予算に近い金額になっています。

 

近い将来、「AI革命」が起きると言われていますが、その結果、このような莫大な市場規模になるんでしょうね。

 

おそらく、こういった技術は、一つの会社が独占することは不可能だと思うので、大手企業数社で、シェアを分け合うのではないかと考えています。

 

ですので、まだ本格的に実用化される前に、ハイテク企業に投資することで、大きな「利益」を得ることが出来るんじゃないかと思うわけです。

 

ちなみに、こういった最先端のハイテク技術を、どの国がトップを走っているかというと・・・「米国」です。

 

こういった点から考えても、「米国株投資」のメリットって大きいですよね。

 

ちなみに、今、市場にほぼ見放されているといえる「IBM」は、前述の「人工知能」「量子コンピューター」のどちらの研究、開発も行っています。

 

私が、「IBM」を売ろうと思わないのは、こういう最新技術に力を入れているところなんですよね。

まあ、しばらくは芽が出ることはないでしょうけど、いつかは、こういった最新ハイテク技術で、復活してくれることを願っています(切実に)。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>