リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

アマゾン VS ウォルマートの戦いの舞台は音声ショッピングへ・・・意気地なしの私は小売業への投資は無理!

f:id:ryosuke1123:20170716233037j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

今、米国の「小売業」は、まさに変革期ですね。

特に、「ウォルマート VS Amazon」のような巨大企業同士のバチバチの戦いは、見ていて実に面白いです。

 

そんな熱いバトルで、新しいニュースが出ましたので、紹介したいと思います。

 

 

Googleと米小売大手のWalmart Storesは米国時間8月23日、9月下旬よりWalmartの商品数十万点を「Google Express」のアプリとウェブサイトで販売し、「Google Home」の音声ショッピングでも提供することを発表した。

 さらに、「Google Express」は95ドルの年会費を廃止する。代わりに顧客は、各店舗が定めた最低購入金額に達すれば無料配送を利用できるようになる。

 提携を発表した両社は、いずれも重要な時期を迎えている。Slice Intelligenceによれば、eコマースはAmazonによる独占状態が続いており、米国のオンライン市場での売上のうち、およそ43%をAmazonが占めている。理由の一部は非常に人気の高い「Amazon Prime」メンバーシッププログラムであるという。また、Amazonは食料品チェーンのWhole Foods Marketを137億ドルを投じて買収すると発表している。

 世界最大の小売企業であるWalmartにとって、Amazonとの直接的な競合は脅威である。特に、Walmartは米国最大の食料品チェーンでもあるためだ。一方、Amazonが品ぞろえを拡大し、非常に多くの商品を扱っているために、実質的にはショッピングの検索エンジンになっている状況は、Googleにとっても脅威だ。さらに、AmazonはGoogleにとっての本業とも言えるオンライン広告ビジネスでも事業を拡大している。

 Walmart eCommerce U.S.の最高経営責任者(CEO)であるMarc Lore氏は23日のブログで、Walmartが音声ショッピングへの対応を開始すると述べた。また、米国内にある4700店舗を利用して、店舗での商品ピックアップや生鮮食料品の注文など、新たな音声ショッピング体験の提供に取り組むとしている。

(引用)CNET

https://japan.cnet.com/article/35106188/

 

ウォルマートの商品数十万点を「Google Express」上で販売し、しかもグーグルの提供しているスマートスピーカー「GoogleHome」にも対応するそうです。

 

まさか、ここで、「スマートスピーカー」を使って「音声ショッピング」の話が出てくるとは思わなかったです。

 

スマートスピーカー利用者は増えている!

 

<プロモーションドリンク>

 

 

ちなみに、この「スマートスピーカー」というのを、超絶簡単に説明すると、「声で、色んなモノを操作することができるスピーカー」です。

 

例えば、今のスマートフォンだと、音声アシスタントと会話しながら「天気」や「ニュース」を調べたり、「音楽」を再生することができますよね。

 

これも「スマートスピーカー」の機能の一つです。

 

他にも、「WiFi」や「BrueTooth」などで連携して、家電製品の操作も「声」で行うことができますし、今回の場合でしたら、「声で商品を購入する」用途で利用されます。

 

アメリカでは、このスマートスピーカーの市場が、すごいスピードで拡大していて、2017年度には、前年度比128.9%増加し、3,560万人のアメリカ人が、月に1回利用すると言われています。

 

また、2015年度の「スマートスピーカー」の市場規模は、3.6億ドルほどですが、2020年には、21億ドルになると言われており、今後市場が急速に拡大していくことが予想されます。

 

ちなみに、この「スマートスピーカー」は、様々な企業が参入していますが、シェアは以下のグラフの通りです。

 

f:id:ryosuke1123:20170824212058p:plain

 

Amazonの提供している「Amazone Echo」がシェアの70.6%を占めており、Googleの提供している「Google Home」が23.8%を占めています。

まあ、「Amazon」の一人勝ちです。

 

今回の提携は、「ウォルマート」にとっては、Googleの提供しているショッピングサイトからの売上が期待できることと、「音声ショッピング」という新しいサービスを追加できるという大きなメリットがありますし、「Google」にとっても、「スマートスピーカー」市場でシェアを獲得できることを期待できます。

 

いずれにせよ、両社ともに「Amazon」の牙城を崩そうとしているわけですよね。

 

実に面白いです。

 

ただ・・・私は、絶対に「小売業」への投資はできませんね。

あまりにも動きが激しすぎて、先の不確実性が高すぎます。

 

市場を見ていると、みんな「Amazon」に期待していますが、これだけ動きが激しいとなると、「Amazon」だって無傷ではいられ無いと思います。


まあ、それでも「Amazon」の躍進は止めれないでしょうけどね。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>