リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

最強の次世代技術「量子コンピューター」で出来ることを調べてみた!関連銘柄に投資すれば大金持ち?

f:id:ryosuke1123:20170828210141j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

最近は、「人工知能(AI)」や「ビッグデータ解析技術」、「IoT」など、様々な最新の技術が注目されていますが、皆さんは、「量子コンピューター」というものをご存知ですか?

 

超簡単に言うと、量子力学という技術を使って、私達が現在使っているコンピューターよりも、メッチャ早く処理を行うことのできるコンピューターです

 

その処理速度は、条件などもありますが、現在のパソコンの1億倍~1兆倍早いと言われています。

 

つまり、従来のパソコンが1億秒・・約1100日かかる処理を1秒で処理できるというわけですね。

 

ちなみに、あの「スーパーコンピューター」よりも、うん千万倍早いです。

 

どこかから聞こえる声「え?ただ単に早いだけ?しよーもな!」

 

いやいや、コンピューターの世界で「処理速度」は、永遠の課題です。

この処理速度が、爆発的に早くなることで、「世の中が変わる」というレベルで、イノベーションを起こすことができるんですよ。

 

量子コンピューターの仕組み

 

<プロモーションドリンク>

 

 

そもそも、この「量子コンピューター」がどういう仕組みで動いているのかというと・・

 

すみません!よく分かりません!

 

従来のコンピューターは「0」と「1」を使って、演算処理を行っておりますが、例えば、ある演算で、一つの解を出す場合、「総当たり」形式で一つずつ試していき、解にどんどん近づいていきます。

 

一方「量子コンピューター」の場合、一つずつ試すのではなく、一気に解を導き出すことができるそうです。

 

なんのこっちゃ分からないですよね。

私もよく分かりません(笑) 

 

まあ、今のコンピューターは、一歩一歩歩いていかなければいけないのを、量子コンピューターは、ワープで目的地までいけるようなイメージなんですかね。

 

ちなみに、以下の動画に、詳しく説明されています。(動画の下に記事は続きます)

 

量子コンピューターで難病を治療

 

さて、この量子コンピューターを、「ただ単に早くなっただけやん」と思った方もいるかもしれません。

 

しかし、前述したとおり、コンピューターの世界での「処理速度」は、永遠の課題です。

 

この処理速度を向上させることで、今まで解決できなかった様々な課題を、解決できる可能性があります。

 

例えば、新薬の開発には、病気の原因となるタンパク質を見つけ出し、それに結合する化学物質を作り出す必要があるのですが、タンパク質の種類は10万以上、化合物にいたっては、10の60乗もあり、すべてを実験で確かめるのは不可能です。

 

そのため、コンピューターを使ったシミュレーションが必要なのですが、既存のコンピューターでは、タンパク質や化合物の数が多すぎて、膨大な時間が必要なのです。

 

しかし、「量子コンピューター」を使えば、効率的にシミュレーションが行えるというわけです。

 

また、未だ解明できていない「分子構造」の解明に応用すれば、薬効の高い新薬も開発できます。

 

これまで非常に時間のかかっていた新薬の開発スピードは、大きく向上し、これまで治療が難しかった「末期ガン」や「HIV」、今は治せない難病を救う「特効薬」が生まれるかもしれません。 

 

量子コンピューターと人工知能を組み合わせれば最強

 

また、いま話題の「人工知能」の発展にも大きく貢献するはずです。

 

ご存知のとおり、「人工知能」の発達が進むと、人間の仕事の大半を奪うと言われるほど、大きな可能性があります。

 

しかし、未来の「人工知能」は、人間に匹敵するほどの膨大な処理を行う必要性がありますが、それをおこなうものとして「量子コンピューター」が期待されているわけです。

 

量子コンピューターの発展なくして、人工知能の未来はないとまで言われています。

 

もし、完全体の量子コンピューターと人工知能が組み合わされば、本当に人間の出番はなくなるかもしれませんね。

 

量子コンピューター関連銘柄

 

上記以外にも、量子コンピューターの発展によって、高度な未来予測が可能になったり、SFの話になりますが「パラレルワールド(多世界解釈)」が証明できるなど、大きな可能性を秘めています。

 

では、私たち個人投資家は、明るい未来を楽しみにしているだけ・・・ってなわけにはいきませんよね。

 

発達することが分かっているのであれば、「投資」を考えたいものです。

 

量子コンピューターの研究開発をしている企業はたくさんあります。

・IBM

・グーグル

・マイクロソフト

・アリババ

・インテル

等など

 

なかでも、私が注目しているのは、「IBM」と「グーグル」ですね。

 

実は、IBMは、早くから「量子コンピューター」の研究開発を行っています。

2017年5月には、17量子ビットの「量子コンピューター」の試作機が完成したとし、2~3年後に実用化すると発表しておりますし、2016年には、5量子ビットの量子コンピューターをクラウド上に公開して、誰でも利用することができます。

 

グーグルも負けておらず、49量子ビットの量子コンピューターを、2017年度内に試作すると発表しています。

 

「量子コンピューター」と「人工知能」を組み合わせることで、とてつもパワーを生み出せることを考えると、両方とも研究開発している企業には期待できそう・・・と思えるのは素人の浅はかな考えですかね?

 

いずれにせよ、量子コンピューターには大きな可能性を秘めていることに違いありません。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>