リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

【炎上】かほく市ママ課が提案した「独身税」について思うこと!社会保障制度は崩壊しつつある・・

f:id:ryosuke1123:20170903132409j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

私達は、生活する上で、その人の「収入」や「年齢」「家族構成」など様々な要因でライフスタイルを変化していかなくてはいけません。


・・・とはいえ、子供のいる世帯は、生活費や教育費で出費が大きくなり、「生活が苦しい」と思っている方も多いようです。

 

そんな中、少し前の話ですが、あるニュースがネット上で話題になりました。

以下、引用します。


子育て中の女性でつくる「かほく市ママ課」と、財務省の阿久澤孝主計官(元石川県総務部長)の意見交換会は29日、かほく市役所で開かれた。ママ課メンバーは「独身税」の創設や医療費削減に関する思いを伝えた。
.

 ママ課は市のプロジェクトの名称で、30~40代の女性7人が参加した。メンバーが「結婚し子を育てると生活水準が下がる。独身者に負担をお願いできないか」と質問したのに対し、阿久澤氏は「確かに独身税の議論はあるが、進んでいない」と述べた。課員はこのほか、健康な高齢者が多い自治体では税負担を下げる仕組みの導入や、たばこ税増税などを提案した。
.

 冒頭、阿久澤氏が国の財政状況や社会保障費が増える見通しを説明した。「北陸財務局キャラバン」の一環として企画された。

(引用)北國新聞

 

石川県の「かほく市」のプロジェクトで創設された「ママ課」のメンバーと、財務省の官僚の意見交換会で、「独身税」の創設に関する思いを伝えたようです。

 

記事によると、これは、「結婚し、子を育てると生活水準が下がる。独身者に負担をお願いできないか」との考えから、出た意見のようです。

 

このニュースは、ネットや様々なメディアで流れることになりました。


その結果・・・

 

大炎上!!

 

ネット上の意見は以下のとおりです。

 

 ・ふざけんな!!

 ・幸福が薄い上に税金を取られる。 

  好きで独身やってる訳じゃない人の方が多いのに、何考えてるんだ。 

 ・独身者はますます金がなくて結婚できなくなり少子化が加速する。

 ・独身税で自由に使うカネがない。結婚なんてムリ。

  という若者を更に量産する 。

 ・これ思想及び人身の自由侵害の憲法違反なんだけど。

 ・自分が楽になることしか考えない典型的なアホか・・・

 

まあ、批判が殺到しておりますね。

 

ちなみに、このあと、同市の担当者は、独身税の導入というような話はしていない、と弁明しております。

 

日本の将来を考えたら「独身税」創設は「アリ」だと思う

 

<プロモーションドリンク>

 

 

なにやら、凄く炎上して、大変なことになっておりますね。

一方で、私は、このニュースを見て、少し考えさせられました。

 

私は、このニュースを見て、二つの考えが出ました。

一つは、「独身者」としての意見。そしてもう一つは、将来の日本を考えたときの意見です。

 

まずは、「独身者」としての意見ですが、私は現在「独身」ですので、この税が導入されると、税金負担の対象者となってしまいます。

 

ですので

 

「ふざけんな、ボケ!何が独身税やねん。お前らが楽したいからって、なんで独身の俺等が、負担せなあかんねん!知るか!己のケツは、己で拭かんかい!」

 

あ、すみません。言葉遣いが悪くなってしまいましたね。

 

最初、この記事を見た時、この意見を言った人って、すごく自分勝手な人だな、って直感的に思いました。自分がなんの痛みを伴わずに、他人だけが痛みを伴う方法しか考えていないんだな・・ってね。

こういうプロジェクトに入っているのなら、もっとグローバルで、かつ広い目線で、考えなきゃいけないのに、なんと薄っぺらい意見を言っているんだって思いましたよ。

 

本音を言えば、こういう人が、政治に関わっちゃいけない・・・って思いました。

 

一方で、もうひとつの意見「将来の日本を考えた時」の意見も持ってしまいました。

 

そういや、以前にも同じような危惧をしています。

www.longamerikastock.com

 

今の日本は、「少子高齢化」が進んでおり、将来的には、今よりももっと大きな破滅的な問題となると考えています。

 

この「少子高齢化」には、様々な原因があると思われますが、その一つとして「晩婚化」や「生涯未婚者」の増加が挙げられます。

 

こういった要因を抑えるために、例えば、今回の炎上の要因となった「独身税」を導入することで、

「独身生活には負担が大きい・・・早く結婚しなきゃ。」

 

という意識改革をおこなうキッカケとなるような取り組みって、必要なんじゃないかと思います。

 

なので、もしも本当に「独身税」というものが創設されるようになったとしても、反対しませんし、当たり前ですが、納税もきちんとします。

 

まあ、別にこの「独身税」が、少子高齢化の解決に直接繋がるとは思いませんし、前述の批判にあったような「独身税導入のせいで、生活苦しくなって、結婚できない。」という人の対処も考えなきゃいけませんけどね。

 

まあ、個人的には、この程度の税金で、生活が苦しくて結婚できないのであれば、しなくても良いと思いますけどね。どうせ、結婚して、子供が出来たら、もっともっと生活が苦しくなるのは目に見えてますから。

 

いずれにせよ、このまま「少子高齢化」が進むと、社会保障の基盤が崩れるような大きな問題になると思うので、「税金払うの嫌だ!」って、他人事のように考えるのではなくて、真剣に議論すべきことだと思います。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>