リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

とっさの判断でとんでもなくやばい危機を乗り越えた!私のターニングポイントはこの日だったかも・・・

f:id:ryosuke1123:20170930212623j:plain

 

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

人って、生活すると、とっさの判断で、成功すること、あるいは、失敗することってあると思います。

 

実は、先日のことなんですが、とっさの判断で、非常に助かったことがありました・・・。


ほんと、この判断が間違っていたら、かなりまずい事態になっているところで、下手すれば、私の人生のターニングポイントとなっていたかもしれません。

 

それくらい、私の判断が大きな「結果」を伴うこととなりました。

今回は、その出来事について書きたいと思います。

 

客先に行くためにバスを待っていたときのこと・・・

 

<プロモーションドリンク>

 

 

その日は、客先で、打ち合わせをする予定だったんですよね。

 

ただ、その客先の場所が非常に遠くて、電車とバスを乗り継いで、2時間くらいかかるところにあるんです。

 

電車で近くまで行って、そこからはバスで目的地まで行くって感じです。

 

バスに乗ると、時間がどれくらいかかるか正確にわからないので、できれば、タクシーを乗りたいところですが、うちの会社も経費削減のため、タクシーなんて許してもらえないんですよね(泣)

 

その日も、バスに乗るために、時刻表を見ると、20分待ち・・・。

 

目的地が、かなりの田舎なので、仕方ありません。

 

おとなしく、のどかな雰囲気の中、バスを待つことにしたんですよね。

 

そうこうして、15分ほど待っていると、「お腹」の調子が悪くなってきたんですよ・・・。ちなみに、私は、超絶お仲が弱い・・・。

この体質のせいで、人生をかなり損していると思っています。

 

で、どんどん、ひどくなっていき、正直、臨界点に近づいているレベル!

 

トイレに駆け込もうにも、あと、数分でバスが来る!

このバスを乗り過ごすと、また、30分近く待たなきゃいけない・・・。


「30分も待つのは嫌だな・・・我慢して、客先で、トイレ借りよう」

 

と思い、そのままバスに乗り込みました。

 

とっさの判断で助かった・・・

 

バスに乗り込んで、しばらくすると、お腹の調子が良くなってきました。

 

「ふう~、なんとか、客先まで持ちそうだな・・・」

って思っていたら、道がめちゃ混みだったんですよね。

 

「うわ!こりゃめっちゃ到着遅れるかも・・・」と思ったのと同時に、すごく、「やばい気持ち」になったんですよね。


「はやく、降りないと、お腹がやばい!」って。

 

そのときは、まだお腹の調子は余裕があったんですけど、私は長年お腹の緩さと戦ってきたので、これまでの経験からなんか嫌な予感がしたんですよね。


なので、降りることにしたんですよ。

 

で、降りた場所が、たまたま偶然病院の近くだったので、そのままトイレを借りようと思ったんですけど、一歩歩くごとに、臨界点が近づいていき、病院のドアをくぐるころには、臨界点のMAXを超えておりました(その間1分)。

 

あとは、筋力でミサイル発射するのを抑えている感じ。

 

入口の近くに、トイレがあったので、そのまま駆け込み、なんとか間に合うことができました。

 

「たられば」なので、結果はわかりませんが、あのままバスに乗り込んでいたら、バスの車内で大変なことになっていた可能性も否定できません。

 

あの時の一瞬の判断にかけて、良かったです。

 

下手すりゃ、ターニングポイントになっていたかもしれませんね。

ちなみに、客先へは、近くを通っていたタクシーに乗って向かいました。

自腹で・・・。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>