リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

長期投資は難しい・・・「株価が下がったら買い増しする」なんて下降相場で言えるかな?

f:id:ryosuke1123:20171016204608j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

株式投資で、じっくりと資産形成するには、「長期投資」が推奨されています。

 

これには、様々な理由がありますが、短期投資に比べ、収益の振れ幅を小さくすることができるため、リスクを低減させ、安定的な収益をあげることができます。

 

また、頻繁に銘柄購入しなくてすむため、売買手数料を抑えることもできますし、ほったらかしにしておくことができるため、本業に集中したり、副業に精をだしながら、資産を構築する事ができますからね。

 

ただ、間違った銘柄に投資してしまうと、長期間資産が凍結されてしまいますし、短期投資に比べると、運用効率が悪くなってしまいますので、銘柄選択は、非常に重要になります。

 

個人的には、株価がどこまで上がるのか、どこまで下がるのかと分かる「目」を持っていたり、ドラえもんを保有しているとかでも無い限り、結果的に長期投資の方が大きなリターンを得ることができると考えています。

 

あのウォーレン・バフェットもこんなことを仰ってます。

 

喜んで10年間株を持ち続ける気持ちがないのなら、たった10分間でも株を持とうなどと考えるべきですらない。

 

株式投資で巨万の富を築きあげた天才の言うことには、真実味があります。

 

長期投資って難しい・・・

 

<プロモーションドリンク>

 

 

とはいえ、長期投資って難しいんですよね。

 

今は上昇相場で、猿でも儲かりますので、「長期投資は素晴らしい」とか「株価が下がれば買い増しする。」とか言っている方も多いですが、実際に調整局面になった時に、同じこと言える人が、どれくらいいるんでしょうか。

 

例えば、この上昇相場でも、悪いパフォーマンスを出している「IBM」や「エクソン・モービル」、「AT&T」に投資することってできますか?

 

◆IBMチャート

f:id:ryosuke1123:20171016201034p:plain

◆エクソン・モービルチャートf:id:ryosuke1123:20171016201115p:plain

◆AT&Tチャート

f:id:ryosuke1123:20171016201540p:plain

 

これらの銘柄は、今、個人投資家の間で流行っている「連続増配銘柄」ですが、様々な要因で業績が悪くなっており、株価が低迷しております。

 

今、この銘柄を、購入するのって、結構勇気が必要です。

 

不況に突入し、業績が悪化すると、今現在、自分が自信を持って保有している銘柄も、同様に、将来を不安視する悲観論が出まくり、株価も低迷していきます。

(※もちろん、マクドナルドやジョンソンエンドジョンソンのように、下降相場に強い銘柄もありますが・・・。)

 

そもそも、今は、上昇相場なので、まだこれらの銘柄も、淡い期待感がちょっぴりありますが、下降相場になると、市場全体に悲観論が出まくり、絶望感しかありません。

 

そんな銘柄を、長期で保有できますか。

 

「長期投資する。」「株価が下がれば買い増しする。」というのは、口で言うのは簡単ですが、非常に難しいです。

 

私が日本株に投資していた、ライブドアショックやリーマンショックの前も、「長期投資」は推奨されており、たくさんの人が実践しようとしていましたが、下降相場に突入すると、多くの人が、あっさりと売却しちゃってましたからね。

 

業績が悪くなり、悲観論が続出すると、新規購入や買い増しすることって、非常に難しいんですよね。人によっては、パニックになって売却しちゃう人もいます。

 

 ただ、この時、買い増ししなかったり、売却してしまった人は、今、大きく後悔しているでしょう。

その後、日本株(アメリカ株も)は復活し、保有し続けた人や、買い増しし続けた人々は、大きな利益を手に入れることができましたからね。

 

下降相場も上昇相場も経験してきたので、やっぱり「長期投資」は、ゆっくりお金持ちになる手法だと思っています。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>