リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

【オススメ】株式投資でどの銘柄を買えば良いのか分からなければ「これ」を買え!

f:id:ryosuke1123:20171109202531j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

今の日本は少子高齢化という大問題を抱えており、今後、労働人口の減少、高齢者の増加により、様々な問題が起こると言われています。

 

そして、生産性の低下により、現役世代の収入が減少したり、社会保障制度の維持が困難になることで、年金受給額の縮小や、年金受給年齢の引き上げが行われることが予想されます。

 

こういったことから、自分の身は、自分で守らなくてはいけなくなり、これまで以上に資産設計は重要になってきます。

 

しかし、「株式投資」などで、資産を高めたくても、「何を購入すれば良いのかわからない。」という方も多いのではないでしょうか?

 

そのお悩み、私が解決して差し上げます!

この私めが、そんな貴方のために、オススメの金融商品をご紹介いたします。

 

それは、これ!

 

「S&P500指数と連動したETF」です。

 

米国の「S&P500」はこんなに凄い!

 

<プロモーションドリンク>

 

 

そもそも「S&P500」とは、何なのかというと、米国株式市場を代表するインデックスで、ニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場している銘柄から、代表する500銘柄で構成されています。

 

その構成銘柄の中には、Amazonやアルファベット(グーグル)、マクドナルド、マイクロソフト、エクソンモービルのような、米国どころか、世界を代表する名だたる企業も含まれており、「S&P500指数」と連動したETFに投資することで、こういった黄金銘柄を間接的に分散保有することができます。

 

 「S&P500指数」と連動したETFは、「VOO」や「IVV」「SPDR」などいくつかありますが、例えばバンガード社の提供している「VOO」の構成比率上位銘柄を見ると、以下の通りです(他のETFも一緒)。

 

アップル 3.60%
アルファベット 2.60%
マイクロソフト 2.60%
アマゾン 1.80%
フェイスブック 1.70%
ジョンソン・エンド・ジョンソン 1.70%
エクソン・モービル 1.60%
JPモルガンチェース 1.60%
バークシャーハサウェイ 1.50%
ウェルズ・ファーゴ 1.20%

 

素晴らしい銘柄ばかりですね。

ちなみに、過去のパフォーマンスは、以下の通りです。

 

f:id:ryosuke1123:20171109195912p:plain

 

上記は、1978年から現在までのチャートですが、凄くね?!

日本株とは、エラい違いですよ。

未だ、成長中で、歴代最高値を更新し続けています。

 

私が米国株に投資を始めたきっかけは、このチャートを見たこと、だったんですよね。

 

日本株は、私が投資を始めて以降、どちらかというと株価は下がり続けていたことから、「逆張り」をメインとした投資だったので、この上がりっぷりは衝撃を受けましたよ。

 

こんなん長期保有すれば、だれだって儲かるやん・・・って、思いました。

 

ちなみに、年率で換算すると、年間平均6%程度上がっていることになります。

 

つまり、複利運用すると、12年で倍になるということですね。30歳で1000万円で運用していれば、定年後の66歳の時点で、8000万円の資産ができているということになります。

そして、更に積み立て投資していれば、更なる資産最大化が実現できるというわけですね。

 

S&P500は「ハイテク企業」にも分散投資できる

 

また、近い将来「第四次産業革命」が起こると言われている中、現在「ハイテク業界」が非常に注目されています。

 

私はもう20年近く、ICTの業界で働いていますが、これほど色んな先進技術を目にしたことはありません。

 

画像認識、音声認識なんて、数年前初めて見させて貰ったときは、クソみたいな精度でしたからね。今は、消費者でも簡単に使えるほどのクオリティーです。

 

クラウドや仮想化なんて、大昔は「は?何それ?いらね」でしからね。

技術の進歩もそうですが、ブームというのも侮れません。

 

そして、こういった技術について知れば知るほど、米国のハイテク技術は、世界の中心にあることを実感させられています(日本も頑張っていますが)。

 

ただ、ハイテク企業が期待できそうと言っても、移り変わりの激しい世界であることに変わりなく、個別銘柄に投資するのは、リスクを感じます。

 

そう言った不安を解決してくれるのも「S&P500指数」と連動したETFなんですよね。

 

以下は、「S&P500指数」を構成している業種の比率です。

 

f:id:ryosuke1123:20171109200641p:plain

 

このように、「情報技術」セクターが、22.3%を占めています。

ですので、今後「第四次産業革命」が起きた際の恩恵を受けることが期待できます。

 

 この他にも、米国は先進国で唯一人口増加国であることから、さらに内需の上昇が期待できることや、S&P500に構成されている企業は、米国国内だけでなく、海外での売り上げ比率は50%を超えており、海外分散が行われていることなど、様々なメリットがあります。

 

そして、投資の神様「ウォーレン・バフェット」も、S&P500指数と連動したETFへの投資をオススメしています。

 

もし、「株式投資」をしたいけど、どの銘柄を買えば良いのか分からないのであれば、この「S&P500指数と連動したETF」の購入はいかがでしょうか。

 

急速に資産を高めることはできませんが、ゆっくりとお金持ちになることができますよ。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>