リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

くそがあああああぁぁぁぁぁーーーー!バフェットがIBM株売却しやがった・・

f:id:ryosuke1123:20170617082436p:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

そして、IBMホルダーの方々さようなら・・・悲劇のはじまりです。

 

ついにやってくれました・・・。

半年ぶり、2回目の売却・・・。

 

バフェットさんが、保有していたIBMの3割強を売却しました。

 

以下は、日経新聞の記事を引用したものです。

 

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、保有するIBM株のうち2017年7~9月期に3割強を売却していたことが明らかになった。

今年に入り、保有株数を半分以下に減らしたことになる。14日に米証券取引委員会(SEC)に提出した9月末の保有有価証券報告書でわかった。IBMは大型コンピューターの不振などで業績低迷が長引いており、見切り売りに動いたようだ。

 

  バークシャーは昨年末時点でIBM株を8123万株保有していた。6月末に5408万株に削減、9月末では約3702万株、金額にして53億7183万ドル(約6070億円)に減らした。IBMは7~9月期まで22四半期連続で減収となった。業績悪化を嫌気した売りに押され、株価は今年に入って10%下落している。

 

  一方、アップルや金融のシンクロニー・ファイナンシャル株の保有を増やした。保有していた優先株を普通株に転換し、バンク・オブ・アメリカ株を6億7900万株新規に取得、筆頭株主に躍り出た。ゼネラル・モーターズ(GM)株や金融のゴールドマン・サックス株の保有株数は変えなかった。

 

  米著名投資家デービッド・アインホーン氏が率いるグリーンライト・キャピタルは7~9月期に衣料のギャップやスーパーのクローガー株などを新たに取得した。半導体のマイクロン・テクノロジー株を約237万株増やした一方、アップル株は約173万株減らした。

(引用)日経新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL15H0Z_V11C17A1000000/

 

いや、分かってましたよ・・・いつか売却するってことをさ。

バフェットが戦略的な売却して、保有し続けたことなんて、私が知っている限りないもん。

 

くそがあああああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁーーーーー!!

 

くそがよおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーー!!

 

はじまるんだよ!!IBMの終わりの始まりがな!!

 

間違いなくこれからしばらく下がる!!

前回、バフェットがIBM株を一部売却した時も、めっちゃ下がったからな。

 

そもそも、今回発表されたのは、7月~9月の情報なんだけど、最近株価がズルズル下がっているんだよね。これって、さらにバフェットが売却してんじゃね?

 

いや、ごめん。根拠はない・・・投資方達が、節税するために「損だし」しているのかもしれないんだけどね。

 

f:id:ryosuke1123:20171115201551p:plain

 

つうか、今の株価って、決算直後の暴騰前の株価に戻ってるやんか・・・。

さすがは、IBM!!

期待を裏切らないね・・・。くそがっ!!

 

バフェット撤退のニュースを受けての今後の私の投資戦略

 

<プロモーションドリンク>

 

 

いやあー、なんか、すみません。我を見失っておりました。

 

 私は、株式資産のうち、IBM株が約2割を占めており、このニュースの影響は非常に大きいです。まあ、仮に、今後IBMの株価が-30%になったと仮定すると、全体に対する影響は、-6%ですか・・・ギリギリ許容範囲ですね。

 

では、

「バフェットが売却したし、あなたも売却する?」

って問われたら、答えは「いいえ!」です。

 

今回は、ネタ風に書きましたが、そもそも、バフェットが、IBM株を売却するのは、誰もが予想していたことですからね。それに、現在の株価というのは、ただの「プロセス」であって、「結果」ではありません(別に負け惜しみじゃないよ)。

 

さらに言うと、私は、別に、バフェットのパクリ投資家ではありません。

バフェットが追加購入しようが、売却しようが、IBMの状況を見ながら、私は自分の投資判断で決めていきます。

 

それに、バフェットが売却したからといって、そのまま長期にわたって株価が低迷するというわけでもありませんからね。

「ジョンソン・エンド・ジョンソン」なんかは良い例ですよ。

「ゼネラル・エレクトリック(GE)」は、アレだけどね・・・。

 

とはいえ、確かにIBMの現状は、芳しくありません。

もう何年も連続で減収が続いておりますし。

 

それでも、IBMには期待したいんです。

今後起こるであろう「第四次産業革命」において、人工知能は大きく世の中を変革すると思います。その中で、IBMは、大きな役割を果たせるんじゃないかと思うんですよね。

 

それに、株式投資は、誰にも評価されていない時に投資するのが王道ですからね。

そういう意味では、IBMへの投資は、王道であると思います。

 

まあ、IBMへの投資は勧めませんけどね。

まだまだ、しばらく低迷すると思っていますので・・・。

 

IBMを購入するなら、企業にとって当たり前のことである「増収増益」の流れがきちんとできるようになってからでも遅くないと思いますよ。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>