リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

「株式投資」を否定してる奴は「投資家」がお金持ちになっていくのを悪口言いながら悔しがってろ!

f:id:ryosuke1123:20171130220553j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

「株式投資」が盛んな欧米では、古い家に住み、ボロボロの服を身にまとった、一見、低賃金労働者に見える人が、実は、株式投資などの資産運用で、財を成した富裕層であることが、ままあります。

 

これは、低賃金ながらも、質素倹約に努めて得た、なけなしの資金を、「株式投資」に積立投資することで、資産を最大化していったからです。

 

以下は、アメリカのメジャーな指数である「S&P500」指数の推移です。

 

◆S&P500指数推移(1977年~現在)

f:id:ryosuke1123:20171130204141p:plain

 

上記は、40年前の1977年以降のS&P500指数の推移ですが、見事な右肩上がりのチャートを形成しています。

所々大きく下落していますが、2000年~2003年は、ITバブルの崩壊と金融危機、そして2008年~2009年は、リーマンショックによるものです。

こういった暴落相場を乗り越えて、今もなお成長を続けているわけです。

 

米国市場の年間平均利回りは、約6%ですので、仮に毎月4万円・・・年間48万円ずつ貯金すると、40年後には、1920万円貯まりますが、S&P500指数に積立投資すると「7428万円」の資産を得ることができます。

 

◆毎月4万円ずつ「貯金」した時と「積立投資」した場合の資産推移

f:id:ryosuke1123:20171130210848p:plain

もちろん、この「6%」というのは、過去のパフォーマンスによる試算であるため、将来も同様のパフォーマンスが得れるかというと分かりませんが、投資の神様「ウォーレン・バフェット」が、「ダウ平均は、100年後100万ドルに達する(当時約2万ドル)」と言っているように、大きくパフォーマンスが下がる可能性は少ないと思われます。

 

つまり、少ない資金でも、「S&P500」指数と連動したETFなどのに長期投資することで、資産を最大化することができるわけです。

 

私自身も、20代の頃から、株式投資を行い、ライブドアショックやリーマンショックで、大きく資産を減らす経験もしましたが、結果的には、大きく資産を増やすことができました。

 

まあ、「億万長者」というほどお金持ちではありませんが、同世代の方の平均額よりは、資産の最大化ができていると思います。

 

株式投資をやりたくなければ、別にやらなくても良い

 

<プロモーションドリンク>

 

 

 最近、日本の株式市場は好調で、「株式投資」に興味を持つ方が増えてきました。

しかし、欧米などと比べると、やはり、まだまだ「株式投資をやっている」というのは、世間では、良いように思われていないようです。

 

実は、先日、このブログで「株式投資」を勧める記事を書いたのですが、おかげさまでたくさんの方に読んでいただき、たくさんのご意見を頂戴しました。

 

その中の一部を抜粋させていただきます。

 

・博打をして、その結果は「自己責任」と。
・会社で搾り取られ、株でも搾り取られるサラリーマン
・ 人使っての奴隷頭の方が「確実」に儲かる。
・それなりの金が無いと出来ないし、株はそんなに簡単なものではない
・(´・ω・`)やりました、数百万損しました、やめました。
・やめとけやめとけ!
・株式投資をして底辺に叩き落された人達は良く見かけるが、成功してる人って珍しいよね。そしてこういう記事を書いている人はたいして成功していない。
・なんか単純にきもい
・煽りだけで具体性がゼロだなあ。

 リスク投資は平均して6%とか安定リターンが得られるワケないからリスクと呼ばれるんだけどね。

 最低限バッファとして貯蓄は必須だし、リスク資産所有の上限はいいとこ3割が定説やで。

 

上記は、一部のコメントですが、意外と否定的な意見が多くて、びっくりしました。

(ちなみに投資に対して肯定的なご意見も多数頂戴しています。)

 

まだまだ、「株式投資」そのものが、世間一般的に認められているとは言えないんだ、と感じました。

 

もちろん、私の記事の書き方が悪かったわけなんですけどね。

っていうか、「きもい」って、単純に悪口やんけ。

 

それにしても、こういう風に、「株式投資」が注目されているにも関わらず、かたくなに拒絶反応している人が多いからこそ、経済格差って広がるんだろうね。

 

まあ、やりたくなければ、やらなくてもいいと思いますよ。自分自身の人生だし、絶対的に儲かるというものでもないですからね。

 

ただ、投資をやっている人を「キモイ」とか意味の分からない理由で否定する人間って、どうかと思いますけどね。

 

まあ、「投資」をやって、ゆっくりとお金持ちになっている人を、「世の中が悪い!」「会社が悪い!」「政府が悪い」とか悪口を言いながら、悔しがってろよ。

 

変化に対応できない、ク○野郎には、お似合いの人生だと思うよ。

 

なんつってね! 

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>