リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

下げ相場で保有銘柄を買い増ししまくった私の悲劇と栄光!積立投資は難しい・・・

f:id:ryosuke1123:20170920171210j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

「株式投資」では、定期的に「積立投資」することで、リスクを分散し、安定的な収益が望めるとされています。

 

この為、効率的に資産を拡大するためには、「積立投資」が推奨されています。

 

しかし、現在のような猿でも儲けることのできる上昇相場では、簡単に積立投資できますが、ナイフが凄いスピードで落ちていくような下落相場で、積立投資するのは、精神的に辛いんですよね。

 

まあ、1ヶ月や2ヶ月程度の下落相場なら、大したことありませんが、年単位での下落相場になると、溢れ出る「悲観論」によって、追加で投資する意欲が削がれます。

 

未来から来た猫型ロボットでもいれば、魔法の道具で、「どこまで株価が下がる」か分かりますが、人の身では将来を予想するのは難しいですからね。

 

実際、株価が下がり続けて、ついには、修復不能なくらいのダメージを受ける場合もありますし、逆に、下げ相場で買い増しし続け、上昇相場で、大きな利益を得ることもありますので、注意が必要です。

 

下げ相場時に保有銘柄の買い増しをしまくった私の末路!!

 

<プロモーションドリンク>

 

 

今、私は、米国株を中心に株式投資を行っておりますが、以前は日本株で運用しており、上昇相場も経験しましたし、リーマンショック時の下落相場も経験しております。

 

当時、ポートフォリオ構成銘柄の一つに「アジア開発キャピタル(当時の会社名は、ジェイ・ブリッジ)」という会社がありました。

 

相場の調子が良かった時に、この銘柄を購入し、見る見るうちに株価が上昇し、大きな利益を得ることができました。

何度も買い増しし、更なる利益を手に入れましたよ。

ちょうど年末の頃だったんですが、心の底から嬉しい気分で、お正月を迎えたことを覚えています。

 

そして、年が明けてすぐに、かの有名な「ライブドアショック」が起こったんです。

 

その時は、大きく株価を下げましたが、はっきり言って、ライブドアなんて、この「アジア開発キャピタル」という会社には関係ないですからね。

 

むしろ、この大きく下げた株価は、チャンスだと思い、当然の買い増しですよ。

 

ちなみに、この銘柄をなぜ購入したかというと、当時、有名だったカリスマ個人投資家が保有しており、推奨していたからです。

 

そう、私は、大昔、パクリ投資家だったんです

 

株価が大きく下げても安心です。だって、あのカリスマが保有しているんだから!!

 

買い増ししまくりっすよ。

 

で、この結果・・・

 

プギャアーーー!!!!!!

数百万円の大赤字になってしまいました。

 

この時、初めて気付きましたよ。

パクリ投資良くない・・、って。

 

下落相場での、人の物真似するような根拠のない積立投資は、愚策でしかないんだ、ということが分かりました。

 

結局、下げ相場時の積立投資は難しい!!

 

ところで、話は変わりますが、日本株に投資していた頃、ポートフォリオを構成している銘柄の一つに、「ワッツ」という会社がありました。

 

この会社は、「100円ショップ」を運営している会社で、不況だった当時、今後伸びていくのではないかと考えたんです。

 

だって、不況で使えるお金が減ると、100円ショップで安く買いたいじゃないですか。

幸いなことに、家の近所にも店があったので、行ってみると、たくさんお客さん入ってましたし、店も綺麗でした。

 

あと、決算書を見ても、悪くなかったし、配当も当時かなりの利回りで出していたんですよね。その他諸々検討した結果、購入を決めました。

 

前述したように、私はパクリ投資で痛い目に遭いましたので、この頃は、自分で銘柄を決定するようにしていたんですよね。

 

購入して、しばらくは相場全体が不況で下げまくっていましたので、この銘柄もご多分に漏れず、不安定でした。

 

でも、自分で考え抜いて選んだ銘柄ですし、自信があったんですよ、「この銘柄は、まだ死んでない!」って。「こいつは、これから上がる」って。

 

個人投資家の自信なんて、あてにならないんですけどね。

 

でも、その謎の自信をもって、買い増しし続けたんですよね。

すると、しばらくすると、株価が上昇始め、さらに保有し続けたところ、爆上げ!

 

ピギャアー!!!

千万円クラスの利益を得ることができました。

 

でも、ここまで、読んでいただいた方にはお分かりかも知れませんが、これは、はっきり言ってマグレです。

 

でも、自分なりに「根拠」を持っていましたので、買い増ししながら、パニックにならず、保有し続けることができました。

 

そして、大きな利益を得ることができたんですよね。

 

私は、下げ相場の際に、「積立投資」をすることで、大損したことも、大儲けしたこともあります。

 

ただ単に、セオリー通りに「積立投資」をやっていると、私のように大損ぶっこいてしまいます。

 

私は、奇跡的に、前述した銘柄(ワッツ)以外にも、下げ相場で積立投資した、いくつかの銘柄が、爆上げし、資産全体を拡大することができましたが、下げ相場時の買い増しは、非常に難しいものです。

 

もし、積立投資をするのであれば、今後が期待できる「根拠」のある銘柄でないといけません。

 

でも、株価が下げまくっている銘柄って、悲観論でまくりで、世間では、ボロクソに言われています。例えば、数年前に、ボロクソに叩かれまくっていた「マクドナルド」に投資できますか?

今、20期以上連続減収している「IBM」を購入することできますか?

 

下げ相場で、積立投資するってのは、こういうことです。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>