リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

日本ってもう終わってる?私が日本企業に投資しない理由!!

f:id:ryosuke1123:20170903132409j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

現在の日本経済は好調で、企業の業績も良く、日本の株式市場で、最もメジャーな指数である「日経平均株価」も大きく上昇しております。

 

以下は、日本の「日経平均株価」と、米国のメジャーな指数である「S&P500指数」の5年前から現在までの騰落率を比較したグラフです。

 

◆日経平均とS&P500指数の騰落率比較(2012年12月~2017年12月)

f:id:ryosuke1123:20171206195433p:plain

 

上記グラフを見ますと、日経平均株価が132.77%上昇しており、S&P500指数が85.43%上昇しております。

2012年に日本では、安倍政権が誕生し、景気が上向きはじめましたが、それ以降、米国株よりも、日本株の方がパフォーマンスが良かったというわけです。

 

続いて、以下は、「日経平均株価」と「S&P500指数」の約20年前から現在までの騰落率を比較したグラフです。

 

◆日経平均とS&P500指数の騰落率比較(1999年12月~2017年12月)f:id:ryosuke1123:20171206200128p:plain

 

上記グラフを見ますと、日経平均株価が19.32%上昇しており、S&P500指数が80.31%上昇しております。20年間という長期目線で見ますと、S&P500指数の方が、パフォーマンスが良かったというわけです。

 

日本はバブル崩壊後、「失われた20年」を経て現在に至りましたが、米国は日本が不況に喘いでいる中、当然のように成長してきましたので、この結果は仕方ないかもしれませんね。

投資家にとって、日本が成長しなかった期間が、いかに大きな「機会損失」だったか、分かりますよね。

 

私が日本企業に投資しない理由・・・

 

<プロモーションドリンク>

 

 

まあ、こういったパフォーマンスの比較は、どのタイミングを比較するかによって、結果が変わってきますので、どちらが優れているかなんてものは、一概に決めることはできません。

 

ただ、直近数年間の日本株のパフォーマンスは、世界的にもトップレベルのものだったと言えます。

 

おそらく日本株に投資している、多くの個人投資家は、素晴らしいパフォーマンスを残せたんじゃないでしょうか。

 

現在の世の中を見ますと、「株式投資」に興味を持ち始めた方も沢山でてきましたし、本屋さんに行くと、株式関連本のコーナーが増設されている状況を見ますと、今後も日本株の上昇に期待している、または信じている方が多いということなんでしょうね。

 

ちなみに、私は、米国株に投資しており、日本株への投資は(ほとんど)しておりません。

 

おそらく今後も投資することは、無いと思います。

 

だって・・

 

日本って、もう終わってね?!

 

 いや、まあ、私は日本で生まれ、日本で育ちましたので、あまりこういう事は言いたくありませんでしたが・・。

 

日本には、将来を不安にさせるような、様々な課題がありますが、中でも「少子高齢化」が最もヤバいです

 

年寄りが増えることで、社会保障費は逼迫しますし、労働人口が減ることで、生産性を低下させると共に、成長力も阻害します。

しかも、購買意欲の高い若年層が少なくなるので、経済全体を押し下げてしまいます。

 

私は「経済学」について、あまり信じていませんが、「人口」が、経済を拡大させる最も大きな要素であることは、信じています。

 

過去の歴史を振り返ると、日本や米国、そして中国など、様々な国が、人口ボーナスの恩恵を受けていることは明白だからです。

 

ですので、今後、日本は、この「少子高齢化」によって、年寄りばかりの国になり、これ以上成長できない国だと思えてしまうんですよね。

 

もちろん、日本人の真面目さや勤勉性は、素晴らしいですし、その技術力は、まだ世界で誇れるものだとは思いますが、それを踏まえても「現状維持」が限界のように思えます(期待の意味も含めても)。

 

私達、個人投資家は、やはり投資する国の「成長力」を、見極めなくてはいけません。

すると、日本はもはや投資するに足る国ではなくなってしまいました。

 

それに対して、米国は、先進国で唯一人口増加国であり、人口ボーナスを享受できます。

 

さらに、旺盛な購買意欲の高さ、日本人とは違ったチャレンジ精神は、今後、第四次産業革命時の変革をスピーディーに促し、経済を底上げすると、私は予想しています。

 

ですので、これまでは、タイミングによっては、日本株が米国株をパフォーマンスで勝てた時もありましたが、今後は、日本株が、米国株に勝てる要素がないように思えますので、私は、日本株には投資せず、米国株に投資していきます。

 

さらに言うと、私が日本人であることを最大限に生かして、競争の激しい米国企業で働くのではなく、(外国企業と比較して)従業員を大事にする日本の企業で働きながら、将来のパフォーマンスが期待できる米国企業の株主になるという、効率の良い生き方をしていきたいと思います。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>