リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

【オススメ】「株式投資で絶対に損をしたくない・・・」そんな人は「バンガード・トータルワールドストックETF(VT)」を買うべし!!

 

f:id:ryosuke1123:20171206202424j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

現在の日本は、少子高齢化が大きな社会問題となっており、今後、この問題が、経済、産業、社会保障など様々な面に、深刻な影響を与えると言われています。

 

これらの問題によって、「自分自身の給料が下がるのではないか?」「定年退職後、年金をきちんと貰えないんじゃないか?」と不安に思っている方も多く、中には、株式投資で、少しでも資産を増やしたいとお考えの方も多いようです。

 

しかし、「株式投資」をしたくても、「何を買えば良いのかわからない。」「大事なお金なので損を出したくない。」といった理由で、投資をしていない人もいるのではないでしょうか?

 

そういったお悩みを持つ方に、おすすめしたいのが、「インデックス投資」です。

 

株式投資で損をしたくなければこの銘柄を買っておけ・・・

 

<プロモーションドリンク>

 

 

そもそも、「インデックス投資」とは何なのかというと、例えば、ニュースなどでお馴染みの日本株式市場の「日経平均株価」や、アメリカ株式市場の「ニューヨークダウ平均株価」といった指数が、「インデックス」と呼ばれるものです。

 

そして、この「インデックス」と同じような値動きを目指すのが「インデックス投資」というものです。

 

この「インデックス投資」は、近年は、非常に人気が有り、多くの投資家が、自身のポートフォリオに組み込んでおります。(私自身も、組み込んでいます。)

 

最近は、「インデックス投資」でも、たくさんの商品がありますが、今回は、「絶対に損を出したくない。」という一点に絞るなら、「バンガード・トータルワールドストックETF(VT)」がオススメです。

 

 「バンガード・トータルワールドストックETF(VT)」というのが、何者かというと、「世界中の株式に分散投資」できるETFで、世界の株式の98%をカバーしています。

 

ある意味、究極の分散投資を実現した金融商品と言え、これを保有していると世界の株式市場の「平均点」を取ることができます。

 

平均点なんて対したことない!」って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、「株式投資」で、平均点以上のパフォーマンスをとる、とり続けることは至難の技です。

 

そういう意味では、保有しているだけで、世界の株式市場の「平均点」をとることのできる「バンガード・トータルワールドストックETF(VT)」には、投資吟味があると言えるでしょう。

 

以下は「バンガード・トータルワールドストックETF(VT)」を構成している銘柄のうち、保有比率の高い上位10銘柄を表にしたものです。

 

◆保有上位10銘柄と純資産総額に占める割合

Apple Inc. 1.6%
Alphabet Inc. 1.2%
Microsoft Corp. 1.1%
Facebook Inc. 0.8%
Amazon.com Inc. 0.8%
Johnson & Johnson 0.7%
Exxon Mobil Corp. 0.7%
Berkshire Hathaway Inc. 0.7%
JPMorgan Chase & Co. 0.7%
Nestle SA 0.5%
純資産総額に占める上位10銘柄の割合 8.8%

 

アップルや、アルファベット、マイクロソフトなど、そうそうたる企業で構成されています。トップ10位内は、ほとんどが米国企業で、唯一、ヨーロッパ企業であるネスレが入っています。

 

また、国別の構成比率は、以下の通りです。

 

◆国別構成比 上位10カ国

米国 52.1%
日本 8.1%
英国 6.0%
カナダ 3.2%
フランス 3.2%
ドイツ 3.1%
スイス 2.7%
中国 2.6%
オーストラリア 2.3%
韓国 1.7%

 

構成銘柄の半分以上が、米国企業となっていますが、これは、このETFが、時価総額で組み入れているからです。

この比率を見ると、米国企業が、いかに世界の中心となっているかわかりますよね。

 

日本企業も健闘しておりますが、10%にも満たないです。今後は、中国や、インドをはじめとした新興国は、成長すると思われるので、その比率が上がってくると思われます。

 

そう考えると、VTに投資することで、「新興国」の成長にも、対応できますね。

 

以下は、VTと米国の「S&P500指数」、日本の「日経平均」とのパフォーマンスを比較したグラフです。

 

◆VT、S&P500指数、日経平均のパフォーマンス比較(2008年~現在)

f:id:ryosuke1123:20171208210429p:plain

 

VTが「+50.60%」上昇しているのに対して、S&P500指数が「+108.79%」、日経平均が「+72.37%」上昇しています。

 

VTは、これらの指数と比較すると、パフォーマンスは劣りますが、S&P500が「米国」、日経平均が「日本」のみの銘柄で構成されているため、将来、これらの国が何らかの問題があった時の事を考えると、VTは、国レベルでのリスクを分散することでき、大きく負けない点は、大きなメリットです。

 

実は、私も以前は、このパフォーマンスだけを見て、VTには投資吟味がなく、米国株だけで構成された「VTI」「VOO」に投資した方が良いと考えていましたが、今後訪れるであろう下降相場において、米国株だけを保有するのもリスクあるかな、と思い始めています。

 

投資家で最も大事なのは、市場から撤退せず、継続的に資産を拡大する事ですからね。

 

そのためには、世界の株式の平均点が取れる「VT」に投資吟味があるのではないかと考えています。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>