リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

学生時代の友人に15年ぶりに会った結果・・・見た目も能力も凄かった!

f:id:ryosuke1123:20170913215047j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

少し前のことなんですが、誕生日を迎えてしまいました。

 

私も、ついに42歳。

「中年」と言われる歳でございます。

 

普段、毎日、鏡で自分の顔を見ているからか、あまり見た目は変わらない、と自分では思っていたんですが、仕事帰りの電車の窓ガラスに映る自分の顔に、びっくりしてしまいましたよ。

 

あまりにもの老け顔っぷりにね。

 

一応、まだ、(若い頃に比べれば減ったとはいえ)髪の毛もたっぷりあるし、太ってもいないのに、「シワ」「たるみ」・・・これが、私の見た目の老いを進行させています。

 

 あと、最近、マジでビックリしたのは、仕事で使う資料の小さい文字が、すっげえ見えにくくなっていること。

最初は、目が悪くなったのかな、と思って、病院で検査してもらったら・・・「老眼っす。」という、有難い診察結果をいただきましたよ。

 

残念ながら、「老い」は、確実に進行していると思う、今日この頃でございます。 

 

 

15年の月日で色んなことを経験してきた友人

 

<プロモーションドリンク>

 

 

ところで話は変わりますが、先日、久しぶりに、学生時代の友人と食事に行ってきたんですよ。といっても、もう15年以上会っていなかったのですが、ふと思い立って、メールを送ってみたところ、トントン拍子で会うことになりました。

 

それにしても、「メルアド」って意外と変えないもんですね・・・。


当日、随分と久しぶりなので、顔分かるかなぁなんて思っていたんですが、即座に分かりましたよ。

 

友人には、大変失礼ですが、がっつり中年太り(15kg増らしい)でしたし、頭もズルズルに薄くなってましたが、ベースとなる顔が変わっていないので、風貌が思いっきり変わっていても、意外と分かるもんなんですよね。

 

それにしても、月日とは、かくも残酷なもんなのね。


もちろん、相手からも、同じように

「こいつ、おっさんになったなぁ…」

って思われたんでしょうけどね。 

 

 

歳をとっても、学生時代の友人と会うと、当時の人間関係がそのまま出るので、楽しかったです。


でも、こんなことがありました。


地下鉄に乗ろうと、改札口に入ろうとした際、切符売り場で、明らかに困っている外国人の方がいたんですけど、友人は最短距離で外国人の元に向かい、「どうしました?」って話しかけるではありませんか!

 

しかも・・・

英語で!

 


何か英語でペラペラ話した後、その外国人は、満面の笑顔で駅のホームに入っていきました。


いや、マジで、格好良いわ・・・太ってるけど。

私が女性なら惚れてるわ・・・ハゲてるけど(悪意があってごめん)。

 

学生の頃は、一緒に馬鹿なことやっていたのに、社会人として、15年以上の月日を経て、色んなことを経験し、自分を高めてきたんだなって思いました。

 

多くのサラリーマン同様、人間関係や、仕事のことで悩んだり、苦しんだりして、その度に壁を越えてきた結果、今の自分があるんでしょうね。

 

正直言って、最近は仕事が忙しくて、あまり余裕がなかったけど、私も、これまでやってきた色んな仕事のなかで、ほんの少しは、自分を高めているかと思うと、これからも仕事頑張ろう、って気持ちになりました。

 

やっぱり、学生時代の友人っていいもんですね。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>