リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

今のIBMは「ゴミ株」・・・しかし数年後、数十年後には「お宝株」になる可能性を秘めている!

 

f:id:ryosuke1123:20170617082436p:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

先日、元IT業界の巨人である「IBM」より配当金を頂戴しました。

いただいた配当金の金額は以下のとおりです。

 

一株あたりの配当金 1.5ドル

数量 250株

合計(ドル) 375ドル

円換算(1ドル=112.57円) 42,213円

 

「永遠の不発弾」と呼ばれるほど、市場では評価されていないIBMですが、四半期ごとにきっちりと、「配当金」を出してくれるのはありがたいですね。

 

ちなみに、連続減収が、いまなお継続している中、連続増配は22年です。

 

業績が低迷している中、配当金を増配していくことには賛否両論ありますが、将来、業績が回復し、「連続増配」と「増収増益」が、組み合わされば、大きく化ける銘柄でないかと思っています。

 

最近のIBMのパフォーマンス

 

<プロモーションドリンク>

 

 

IBMは、2017年度第3四半期決算では、22期連続減収という、ある意味、偉大な記録を達成することができましたが、その内容は、これまでほど、ひどいものではありませんでした。

 

また、2017年度第4四半期決算では、連続減収から一転し、増収に転じるという予想が立てられたことから、決算発表後の株価は、大きく上昇しました。

 

その後、ズルズルと下がりましたが、米国の金融専門誌「バロンズ」は、今後再び成長に転じ、バリュエーションが上昇することで、優良株となる可能性があると指摘したり、ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイが、保有していたIBM株の一部を売却したことが判明するなど、様々な騰落要因がありました。

 

以下は、年初来のチャートです。

f:id:ryosuke1123:20171217123534p:plain

 

年初来と比較すると、「-8.13%」となっています。

S&P500指数が、「+19.48%」であることを考えると、この上昇相場に乗りきれていないクソ株と言えますよね。

 

私の年初来のパフォーマンスも、こ、こいつのせいで、下がってます!!

 

今は「ゴミ株」・・・しかし、数年後、数十年後は「お宝株」の可能性あり!

 

・・・と、まあ、あまり業績の良くないIBMですが、2017年度第4四半期は、増収の見込みが立っています。ただ、私自身は、これも一時的なもので、まだ、当分の間、IBMの業績は落ちていくと思います。

 

以下は、来年度以降のコンセンサスです。

f:id:ryosuke1123:20171217124549p:plain

(出典)楽天証券

 

上記のとおり、来年度以降も減収傾向になる、と予想されています。

まあ、あくまで予想とは言え、個人的にも、(来期はともかく)レガシー事業と、戦略的必須事項のバランスが、まだまだ取れていないと思います。

 

ですので、投資方針が、短期で売買している方には、このIBMはおすすめしません。

 

しかし、長期で末永くお付き合いしたい方は、このIBMは、低迷しているいまこそが仕込みどきと思われます。

 

株の基本は、「安い時に購入し、高い時に売却する。」ですからね。今のような、市場からも、バフェットからも見捨てられた時こそ、仕込み時ですよ。

 

ただ、いくら安く売られているからと言って、将来的に成長の見込みが無ければ、投資吟味はありません。

 

IBMは、「人工知能」や「量子コンピューター」、「ブロックチェーン」などの次世代技術を保有し、様々なイノベーションをおこすものとして期待しています。

 

人工知能に関しては、GoogleやAmazonのような、派手さはないものの、「業務効率化」を推し進めることができるものとして、シェアを広げています(賛否両論ありますけどね)。

 

一部報道によると、これらの分野では、すでに「IBM」がトップシェアを誇っているとのことですので、今後、更なる人工知能活用が活発化するまでに、事例を増やしていけば、「先行者優位」により、大きな利益を得ることができるのではないかと、考えています。

 

IBMは、はっきりいって、今はゴミ株です。

でも、数年後、数十年後、もしかすると、お宝株になる可能性を秘めていますよ。

 

▼▼クリックいただけると励みになります!よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>