リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

資産を効率的に高めたければ「米国株」に投資するべし!私が「日本株」から撤退した理由・・・

f:id:ryosuke1123:20171125105253j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

今年も、まもなく終わりとなりますが、皆様は、よい年だったでしょうか。

私は、今年は、周りにいる先輩、後輩、友人、知人とも、仲良くすることができ、良い年だったと言えます。

 

まあ、結婚どころか、彼女すらできませんでしたけどね・・ハハハっ。

 

あと、私は資産を拡大するために、「株式投資」をしておりますが、今年のパフォーマンスは、例年に比べても、素晴らしいものでした。

ですので、「資産拡大」の面でも、よい年だったと言えますね。

 

ところで、近年は日本市場の「日経平均」も、大きく上がりましたので、「株式投資」に興味を持ち始めている方も多いようです。

本屋に行くと、「株式投資」関連のコーナーが増設されていますし、なによりも、私自身の周りにいるこれまで「投資」に、これっぽっちも興味のなかった人でさえも、興味を持ち始めています。

 

人によっては、「興味ない」どころか、「投資は悪」と考えているような人(ように見えた)でさえも、「投資」に興味を持ち始めている所を見ると、少しずつ、「投資」というものが、日本人に浸透してきているのかもしれません。

 

とはいえ、欧米などと比べると、まだまだ圧倒的に、投資人口は少ないですので、これから、もっともっと増えていって、効率的な資産拡大を実現できると、この日本もさらに豊かになれるんじゃないかと思います。

 

私が「日本株」を撤退して、「米国株」に投資した理由

 

<プロモーションドリンク>

 

 

 さて、最近は、「株式投資」に興味を持ち始める人が、少しずつ増えてきたのですが、本屋さんに行っても、人の話を聞いても、投資対象として最もポピュラーなのは、「日本株」ですよね。

 

もちろん、私達は、「日本」で過ごしているわけですから、投資対象が「自国」となるのは当たり前です。

しかも、最近は、その「日本株」のパフォーマンスは非常に良いですからね。

 

実は、私も、以前は「日本株」に投資ししておりました。

しかし、今は「日本株」への投資資金は、ほぼ全て引き上げて、「米国株」に投資しております。

 

この大きな理由は、以下の2つです。

 

・日本の「債務拡大」や「少子高齢化」を見ると、将来の経済成長に期待できない。

 

・米国の経済規模の大きさや、グローバル進出、先進国で唯一人口が増加しているなどの点を見ると、今後も、経済成長に期待できる。

 

もちろん、「日本株」に投資すると、必ず「損」をするわけでもないですし、「米国株」に投資すると、必ず「得(利益)」をするというわけでもないです。

 

ただ、どちらかと言うと、「日本株」は難しくて、「米国株」は(比較的)容易で、効率的に資産の拡大が行える点が、「日本株」辛金を引き上げて、「米国株」に投資始めた大きな理由です(もちろん、細かい理由はもっとありますけどね)。

 

ですので、私個人としては、「日本株」だけでなく、「米国株」にも興味を持っていただきたいものです。

 

米国市場の優れたパフォーマンスを見よ!

 

 ちなみに、「株式投資」の世界では、ひとつの最適な解として、米国の優良企業で構成された指数である「S&P500」と連動したETFに投資すること、とされています。

 

以下は、約40年前の1978年以降のパフォーマンスです。

 

◆S&P500指数の株価推移(1978年~現在)

f:id:ryosuke1123:20171226131127p:plain

 

所々で、大きな谷になっているところがありますね。これは、ITバブルの崩壊と、リーマンショックによるものです。

そんな大暴落を乗り越えて、右肩上がりで成長を続けているのが、「米国市場」です。

 

なんと、1978年1月と比較すると、「2722%」上昇しております。

これは、仮に、当時1万ドル(約110万円)投資していると、29万ドル(約3190万円)になっているというわけです。

 

素晴らしいパフォーマンスですよね。

 

ちなみに、「日経平均」と「S&P500指数」の直近5年の騰落率は以下のとおりです。

 

◆日経平均とS&P500指数と騰落率(直近5年)

f:id:ryosuke1123:20171226133220p:plain

 

上記グラフを見ると、日経平均で「+137.49%」となり、S&P500は「96.50%」のパフォーマンスとなっています。

2012年の安倍政権誕生以降、日経平均のパフォーマンスはとんでもないものとなっており、それは、前述の「S&P500指数」すら上回るものとなっています。

 

しかし、これをもう少し長い目線で見ると、一変します。

以下は、、「日経平均」と「S&P500指数」の直近20年の騰落率は以下のとおりです。

 

◆日経平均とS&P500指数と騰落率(直近20年)

f:id:ryosuke1123:20171226133849p:plain

 

日米ともに、「ITバブル崩壊」と「リーマンショック」の影響を受けておりますので、パフォーマンスは下がっておりますが、日経平均で「+43.04%」と、S&P500指数で「109.20%」となっています。

 

日本市場は、バブル崩壊後、長い期間停滞しておりましたので、その間に、アメリカと大きく差をつけられたってわけです。

 

まあ、過去のパフォーマンスの比較は、比較する期間によって、大きく変わりますので、それほどあてにはなりませんが、「米国株」が、暴落を経ても、大きく成長し続けたことはお分かりいただけたと思います。

 

これから、日本が「少子高齢化社会」を迎えることが、想定されていますが、このまま何もイノベーションを起こさなければ、この差は、さらに広まると思います。

 

最近は、米国のS&P500指数と連動したETFが人気ありますが、こういったものを長期で保有すれば、速攻でお金持ちになることはできませんが、ゆっくりお金持ちになることができますよ。

 

▼「日本」に生まれて良かったですけどね!クリックいただけると嬉しいです・・。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<プロモーションドリンク>