リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

「恋人欲しいけど出会いが無い!」「株式投資がしたいけどお金が無い!」←これ・・・。

 

f:id:ryosuke1123:20171015154210j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

私は、現在、42歳独身のオジサンでございます。

こういう寒い日が続く中、家に帰っても、真っ暗な部屋で誰もいない、というのは、非常に寂しいもんなんですよね。

 

今は、会社勤めをしているので、「孤独感」に押し潰されるようなことはありませんが、将来、資産の最大化に成功し、「リタイア」が実現できたとき、大丈夫かな、なんて思ったりすることがあります。

 

確かに、リタイアすると、仕事や人間関係のストレスからは解放されるますが、友人や知人とは、毎日会うわけじゃないし、「孤独感」という新たな問題が出てくるような気がしてなりません。

 

以前、バブル期の別荘地帯の物件が、とてつもなく安くなっている、というテレビ番組を見たんですよ。

一戸建ての値段が、なんと50万円以下!。

ただ、別荘地帯だけあって、めっちゃ田舎なんですよね。

 

そういった激安物件に目をつけた、定年前(60歳前)の独身サラリーマンが、購入し、会社を辞めて、移り住んだのですが、退職前に貯めていたお金と、退職金で、日々の生活は、問題なく出来るそうです(確か、年金も早期受給しているんだったような)。

一番費用の掛かる「家賃」を、浮かせることができるわけですからね。

 

ただ、この独身おじさんは言っておりましたよ。

 

「寂しい・・・究極の孤独だ・・・。」

ってね。

 

周りにも、同じように、激安物件に憧れて、引越ししてきた人も、いるそうですが、交流は全くなく、常時独りぼっちなんだそうです。

 

そして、こうも言っておりましたよ。

 

「日々の生活には余裕があるので、こういう生活を共有できる女性と結婚したい。」

ってね。

 

私は、すぐさま思いましたよ。

 

「いや、無理だろ・・。色々と。」

ってね。

 

まあ、この人が結婚できるか、できないかは置いといて、いずれにせよ、独身のまま過ごすというのは、「孤独感」を感じるものなのかもしれませんね。  

 

「恋人欲しいけど出会いがない」「投資がしたいけどお金がない」

 

<プロモーションドリンク>

 

 

 ところで話は変わりますが、私のまわりにいる友人や知人の中にも、私同様、独身で、しかも彼女すらいない人も多いです。

 

そんな寂しい人達に、「彼女欲しいよね?」って聞くと、

 

「彼女は欲しいけど、出会いがないからなあ・・。」

 

って、言う人が多いんですよね。

 

・・・いやいや、努力が足らんわ!

それは、本気で恋人が欲しいと思っているわけじゃないから、そう言う言葉が出るんですよね。

 

しっかりしろォ!!「出会い」なんて、自分で作るもんだろ!

f:id:ryosuke1123:20171228132636p:plain

 

今は、ネットで簡単に「恋活パーティ(婚活パーティ)」への予約ができますし、異性と出会える「習い事」の情報も簡単に調べることができます。

 

ですので、恋人がいないことの言い訳に、「出会いがない」なんてものは、もはや通用しないのかもしれません。

 

まあ、私のように、努力しているのに、結婚どころか彼女すらできない奴もいますけどね・・・(泣)

 

婚活失敗談は、以下の記事に書いていますので、興味がある方はどうぞ・・。

www.longamerikastock.com

 

ところで、話はさらに変わりますが、現在、株式市場が好調なのを受けて、株式投資に興味を持っている方が、どんどん増えていっております。

 

中には、この好調な相場で、初心者ながらも大きな利益を出した方も多いです。

 

「投資」が、これまでのような「損」をするものではなく、「得」をするものと、認識されている方も、増えており、そして、「株式投資」に興味を持っている方は、「お金持ちになりたい。」という願望と、「給料が上がらない」「将来年金がもらえないかも。」といった漠然とした不安を持っている方が、多いのかもしれません。

 

とはいえ、単純に興味を持っているだけで、実際に投資を始める人は、まだまだ少ないです。

 

そんな株式投資に興味があり、お金持ちになりたいにも関わらず、実際に始めない人の中には、こんな事を言う人がいます。

 

「だって、投資する資金がないし、何を買ったらいいのか分からんねんもん・・・。」

 

・・・いやいや、努力が足らんわ!

 

投資資金なんて、月々3万円ほどの余裕資金だけでも、年間36万円も投資できるわけですよ。この程度の資金なら、仮に、本業収入が安くても、節約したり、副業やバイトをすれば簡単に貯まります。

 

何を買ったらいいのかわからんなんて、勉強が足りないだけです。

今は、大昔と違って、優れた金融商品はたくさんありますからね。

例えば、S&P500指数と連動したETF(IVVやVOOなど)もあるし、その程度の情報は、少しネットで調べるだけで簡単に分かります。

 

これからの世の中では、株式投資をしている人と、していない人とでは、大きな格差が開いてしまう、ということを忘れてはいけません。

 

▼皆が投資に興味を持てば日本はもっと豊かになれる。「ポチっ!」とお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>