リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

「何買えば良いか分からん!」「めんどくさいのは嫌だ」・・・そんな方は「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)」を買うべし

f:id:ryosuke1123:20171013034730j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

最近は、好調な株式市場の影響からか、「株式投資」を始める方が、どんどん増えてきていますね。

 

私の周りでも、これまで「株式投資 = 悪」とでも言わんばかりに、否定していた方ですら、興味を持ち始めているのを見ると、現在のような「上昇相場」って、人の考えを簡単に変えてしまう、「恐ろしいもの」かもしれませんね。

 

ところで、このように私の周りでも、株式投資を始める方が増えたことによって、株式投資に関する相談を受ける機会が増えてきました。

 

中でも、最も多い相談が「何を買ったら良いのか分からん!」ってものですね。

 

「この銘柄どう思う?」っていう相談なら、喜んで回答しますが、いやはや・・・ちょっとは、勉強してから相談に来いよ、って言いたくなりますよ。

 

でも、最近は、たくさんの優れた金融商品が出揃っているんですよね。言い方には語弊があるかもしれませんが、それほど金融の知識がなくても、「株式投資」を始めることができます。

 

例えば、私は、上記のような質問をされたら、「バンガード・トータルワールドストックETF(VT)」をおススメします。

 

以下は、「VT」について書いた記事です。興味のある方は見ていただけると嬉しいです。

www.longamerikastock.com

 

このETFは、「世界中の株式に分散投資できる」商品で、カバー率は、なんと98%を誇っております。ある意味、究極の分散投資をおこなうことができ、リスクを大きく低減させて運用することができます。

 

あくまで、「リスクを下げて運用する。」というベクトルで、投資初心者には、おススメしています。

 

・・・でもね。

私が「VT」について、きちんと話をして、オススメすると、以下のような回答が、返ってくることがほとんどなんですよね。

 

「えーー、なんかややこしそう・・・。」

 

どうやら、「VT」を購入するためには、通貨を「円」から「ドル」に変えなきゃいけないことが、ややこしいイメージがあるようなんですよね。

(※「VT」は、ニューヨーク証券取引所に上場しているので、ドルで購入する必要があります。)

 

まあ、投資初心者には、無理からぬことかもしれません。

 

実は、私も、日本株を運用していた頃、友人から「米国株」の魅力について、語られていたのですが、非常にめんどくさいイメージを持ってしまい、なかなか始めることができませんでしたからね。

 

ですので、投資初心者が、このような意見を持つことは、理解できます。

 

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)」のメリット・デメリット

 

<プロモーションドリンク>

 

 

 

 

・・・でもね。

 

今は、そんな、わがままな意見を持った方々にも対応できる、良質な金融商品があるんですよ!

いやー、ほんと、今から株式投資を始める方は、本当にラッキーですよね。

 

その名も、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)」です。

 

これが、なんなのかというと、前述の「VT」を買い付ける投資信託です。

 

以下は、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の構成銘柄です。

 

◆保有上位10銘柄と純資産総額に占める割合

Apple Inc. 1.6%
Alphabet Inc. 1.2%
Microsoft Corp. 1.1%
Facebook Inc. 0.8%
Amazon.com Inc. 0.8%
Johnson & Johnson 0.7%
Exxon Mobil Corp. 0.7%
Berkshire Hathaway Inc. 0.7%
JPMorgan Chase & Co. 0.7%
Nestle SA 0.5%
純資産総額に占める上位10銘柄の割合 8.8%

 

また、国別の構成比率は、以下の通りです。

 

◆国別構成比 上位10カ国

米国 52.1%
日本 8.1%
英国 6.0%
カナダ 3.2%
フランス 3.2%
ドイツ 3.1%
スイス 2.7%
中国 2.6%
オーストラリア 2.3%
韓国 1.7%

 

基本的には、「VT」と同じ銘柄で構成されています。

 

ちなみに、「楽天」と名が付いていますが、「楽天証券」のみで買えるというわけではなく、様々な証券会社で購入する事ができます。

 

この「楽天VT」のメリットは、以下のとおりです。

 

わざわざ「ドル」に変えることなく、「円」のまま購入することが可能です

 

投資初心者にとってみれば、「ドル転」の敷居は高いと思いますので、この手間を減らすことができます。

 

②購入単価が安い。

 

「VT」を購入するのであれば、1口8,000円近くしますが、楽天VTですと、100円単位で購入することができます

 

③手数料が安い。

 

さらに、「楽天VT」は、「手数料」の面でも優れています。

「楽天VT」を購入する際の手数料はありませんし、「配当金」は、自動的に再投資されますので、手数料を払って、再投資する必要性はありません。

そして、円建ての商品ですので、「為替手数料」も必要ありません。

 

以上がメリットなのですが、当然、デメリットも存在します。

 

それは、「信託報酬」が「VT」に比べると、高くなってしまうことです。

 

VTの信託報酬は、「0.11%」ですが、楽天VTの信託報酬は、「0.2396%」と、倍以上の差が発生しています

 

この差は、運用資金額や、運用期間によって、資産の最大化に大きな影響を与えます。

 

また、日本で働いている人々は、給料などが「円」で支払われているはずです。

つまり、ほとんどの資産を「円」で保有している人にとって、さらに「円建て」で資産を保有することも、「資産の分散」という意味にとっては、少しリスクがあるように思えます。

 

とはいえ、超リスクが低く、手間もかからない優良商品ですので、メリットとデメリットを受け入れた上で、投資すれば、良い結果を得ることが出来ると思いますよ。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチっ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ