リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

私が著名投資家「ウォーレン・バフェット」を尊敬していない理由

 

f:id:ryosuke1123:20180127170331j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

資産を最大化するためには、本業の収入を上昇させ、節約で出費を減らし、投資で、効率的に増やしていくことが大事です。

 

「本業の収入を上げる」のは、難しいですが、最も一般的な方法として、「出世」することで、収入を上げることができます。

ただ、今の若い人は、出世を望まない人が多く、大きな理由として、「責任を背負いたくない。」と考えている人も多いようですね。

 

私は会社では役職についておりますが、「責任」と「収入」のバランスがきちんと保つのは、難しく、様々な「責任」の中でも、特に、「自分のグループのメンバーを絶対に食べさせなきゃいけない。」という「責任」は大きいです。

 

これは、給料が高くなることや、自分がグループのルールを作ることのできるメリットと引換えに、与えられるものなので、仕方ありませんね。

 

私には全資産が約「6000万円」近くあり、この資産額は、「株式投資」で効率的に資産を増やすことができた、ということも大きいですが、出世したことによって、「収入」が大きく上がり、積み立てる投資金額が大きくすることができたことも大きいです。

 

ですので、本業の収入を高めて、「株式投資」を行った時の効果が、絶大なものとなることを、私は身を持って知っています。

 

私はウォーレン・バフェットを尊敬していない・・・

 

<プロモーションドリンク>

 

 

ちなみに、私は、「本業収入の向上」と「株式投資で効率的な資産拡大」は行っておりますが、「節約による出費の縮小」というのは、あまり意識的にはやっておりません。

 

というのも、私の「最終目的」は、「お金持ちになりたい」ではなく、「楽しい人生を送ること」なのであって、その「最終目的」を実現するために、お金持ちになりたいわけです。

 

極端な「節約」は、様々な経験不足を引き起こし、視野が狭くなる上、クソつまんない人生となってしまう可能性が高いです。

お金を使用することで得られる「経験」というものを、ないがしろにしてはいけません。

 

私は、投資家・経営者としての「バフェット」は、尊敬しておりますが、あれほどの資産があるにも関わらず、安く手に入れたボロ家に住み続けるような、節約を重視する価値観は、尊敬していません。

 

いや、まあ、そのボロ家が気に入っているんだったら、別にいいんだけどね。

 

とはいえ、不必要な出費は、害でしかないので、要は、出費と節約のバランスが大事なんでしょうね。

 

 

「節約」をしない私の大失敗・・・損したー!!

 

 

ところで、話は変わりますが、私は、土曜日に、一週間分の食料を仕入れているんですよ。平日は、仕事終わりに、買い出しに行くのがめんどくさいからね。

 

私は、季節が冬の時は、栄養をたくさん摂取できる「鍋」を基本としているので、白菜やら、ネギやら、鶏肉やらをカゴに入れて、いざお会計!!

 

ところが、レジに向かう途中、お惣菜コーナーに置いている「タマゴサンド」が目に入ったんですよね。

 


私は、この手の商品は買わないようにしているんですよ。

 

なぜなら、そこそこ高いから。

値段を見てみると、定価が300円もしやがります。

 

でもね・・・その日は、19時頃に行ったものだから、お惣菜関連も安くなっていたのですよ。

 

タマゴサンドもよく見ると、「半額シール」ががっつり貼ってました。

 

もちろん、「買い」ですよ。

 

でも、注意したのは、半額だからといって、めっちゃ古いものだったらいけないので、一番新しいものをカゴに入れてお会計したんですよね。

 

私がよく行く、スーパーは、レジ係の人が、一つ一つの商品の値段を言いながら、バーコードを読んでいくんですけど・・・。

 

レジの人「ネギ120円、トマト130円、タマゴサンド300円・・・」


私「ん!!」

 

あれ?
タマゴサンド定価になってる・・・・。


レジが終わり、袋に詰め込むゾーンに行って、レシートを見ると、「300円(定価)」やん。

 

で、肝心のタマゴサンドを見ると、「半額シール」が貼ってませんでした

 

あちゃあああああああ~。

 
うっかり、半額シールの貼っていないタマゴサンドを取ってしまっていたのでした。

 

タマゴサンドは美味しかったけど、・・・・150円損したよ。

 

私は、「節約」には向いていないのかもしれない。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ