リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

会社辞めたい!・・・「早期リタイア」したければ米国の「連続増配企業」に投資すべし

f:id:ryosuke1123:20171230131147j:plain

 

こんにちは、リョウスケです。

 

この世はストレス社会・・、皆がなんらかの「ストレス」を抱えて生きています。

 

その原因は、様々なものがあるかと思いますが、日々勤しんでいる「仕事」が起因となっているケースも多いのではないでしょうか。

 

お客さんに無理難題を言われたり、上司に理不尽に怒られたり、気の合わない同僚が居たり、努力をしない部下がいたり・・・社会で働いていると、ストレスの溜まることばかりです。

 

ですので、

あー、会社辞めてええええー!!

と、考えている人も多いでしょう。

 

そして、最近は、ライフスタイルが多様化しており、ある程度資産を貯めて、会社を辞める「早期リタイア(セミリタイア)」を考えている人も多いようです。

 

しかし、早期リタイアするためには、それなりの資産が必要になります。

 

例えば、年間240万円(月々20万円)で生活している、50歳独身の人が、100歳まで生きると想定して、「リタイア」に必要な金額を計算すると、以下の金額になります。

 

(100-50)×  240万  =  1億2000万円

 

そして、日本には「年金制度」がありますので、上記金額から、年金支給額を差し引いた額が必要となるわけです。

 

現行の制度では、65歳になると「年金」が貰えますが、将来的には、「少子高齢化」の影響により、需給年齢が高くなり、かつ、需給金額が下がる可能性が高いです。

 

ですので、仮に需給年齢が75歳となり、年間の需給金額が120万円(月々10万円)とするなら、以下の金額となります。

 

(100歳-75歳)×  120万円  =  3000万円

 

1億2000万  -  3000万  =  9000万円

 

つまり、単純計算だと、9000万円の資産が必要となるわけです。

 

とんでもない、金額ですよね。

 

普通のサラリーマンが、給与所得だけで、「9000万円」の資産を貯めるのは、非常に難しく、「資産運用」などで、効率的に資産を最大化していく必要があります。

 

資産運用には、株式投資や不動産投資など様々なものがありますが、「リタイア」を目指すのであれば、米国の「連続増配企業」に「株式投資」するのも、一つの選択肢として、オススメです。

 

早期リタイアを目指す人に連続増配銘柄への投資を勧める理由

 

<プロモーションドリンク>

 

 

なぜ、日本ではなく、米国かというと、米国企業は、日本企業に比べると、「株主還元」の意識が高く、安定した配当を貰えるからです。

 

日本企業は、業績が悪かったり、何らかの問題が発生すると、すぐに「減配」や「無配」といった処置を取ることも多く、このことからも、株主が蔑ろにされている事が見て取れます。

 

一方、米国企業は、「減配」「無配」といった処置を取ると、経営失敗の烙印が押されることになるので、こういった処置は、なかなかされない傾向にあります。

 

特に、毎年配当金を「増配」している「連続増配」企業は、株主還元意識が強く、配当金を安定して貰うことができます。

(もちろん、最近では「GE」のように大幅な減配に踏み切るケースもあります。)

 

ちなみに、25年以上連続で増配している企業を「配当貴族」、50年以上増配している企業を「配当王」と敬意を込めて呼ばれており、米国では、このような長期間に渡って、連続して増配している企業が、ゴロゴロしています。

 

これらの企業に投資すると、保有しているだけで、毎年貰っている「配当金」が増えていく、という大きなメリットがあります。

 

ちなみに、業績が低迷しており、株価も冴えない大手IT企業の「IBM」も連続増配企業の一つですが、2017年度は「7%」の増配を行いました。

 

あくまで仮定ですが、この「7%」という増配率を継続して行うとするなら、複利による「72の法則」の恩恵を受けて、約11年毎に、貰える配当金が「倍」になります。

 

例えば、50万円分(配当利回り4%の場合、約1300万円相当分)の配当金を貰っているなら、以下のように配当金が増えていきます。

 

0年 50万円

11年後 100万円(2倍)

22年後 200万円(4倍)

33年後 400万円(8倍)

 

さすがに、毎年7%増配し続けるというのは、少し楽観的かもしれませんが、複利の影響を受けて、凄いスピードで配当金が増えていくのは、お分かりいただけるかと思います。

 

当然、ここから更に、積立投資していれば、そのスピードは早まりますので、「早期リタイア」の実現は見えるかと思います。

 

貰った配当金は、「再投資」することで、複利を活かして効率的な資産拡大が行えますし、「リタイア」した後なら、生活費として利用することもできます。

 

そして、これらの企業へ投資することの最大のメリットは、「早期リタイア」するために、比較的高い精度の「計画」を立てることができることです。

 

安定的に「配当金」をもらえるという事は、毎年受け取る「収益」を予測することができるので、「どれくらい投資すればどの程度の配当金を貰えるのか」予想できます。

 

これによって、早期リタイアするための「計画」も立てやすいですし、早期リタイア後も、ライフスタイルをどうすればよいのか計画しやすいです。

 

あとは、見える化した「計画」をもとに、資産を逐次投入していくだけです。

 

 「配当金」の総額が、生活費を超えた時、安全安心・・とまでは、言えませんが、かなり安心感のある生活ができるかと思いますよ。

 

早期リタイアを目指しておられる方は、一つの選択肢として、考えてみてはどうでしょうか?

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ