リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

2018年1月のポートフォリオと運用成績を公開・・利益が出た銘柄を売却して「Amazon」を買う?

 

f:id:ryosuke1123:20170430200818j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

 2017年の米国市場は、非常に良い相場となりましたが、2018年の年明けもその勢いそのままに、順調に推移しましたね。

 

2018年も、良好な業績と、税制改革の影響により、楽観的な予想をしているアナリストが多いようですが、1月末から全体的に株価が下がっており、「いよいよ調整か?」という意見もチラホラ出ています。

 

短期的な調整なら、絶好の買い場となりますが、これが長期で続くと、悲観論が出まくって、買い増しなんて、とても出来ませんし、人によっては、「狼狽売り」なんてことをしてしまいますので、注意した方が良さそうです。

 

保有株が、なんらかの経営転換をしたり、長期的な成長が見込めない判断基準があれば、「売却」もやむなしですが、「株価」だけを見て、「売却」してはいけません。

 

仕事もそうですが、「株式投資」でも、売買の「根拠」をしっかりと考えて行動すべきですからね。

 

逆に言えば、「根拠」さえ押さえていれば、強者ばかりいる「株式市場」で、勝利できる確率は高いと思いますよ。

 

さて、ここの所、株価が随分下がっている中、今回は、2018年1月のポートフォリオと運用成績を公開したいと思います。

 

1月は、パフォーマンスが良かったので、下げまくっている中で、公開するのは少し心苦しいけどね。

 

2018年1月末時点のポートフォリオと運用成績について

 

<プロモーションドリンク>

 

 

以下は、2018年1月末時点のポートフォリオと運用成績をまとめたものです。

f:id:ryosuke1123:20180204162352p:plain

 

まずは、課税口座の方ですが、個別株4つと、インデックスと連動したETFを1つ保有しています。

 

米国株式市場は、2018年も初っ端から順調に上昇し、S&P500指数と連動したETF「iシェアーズ・コア S&P500 ETF(IVV)」は、「5.23%」上昇しています。

 

私は、過去に日本株をやっていましたので、こういった上昇相場の方が、怖いんですよね・・・いつか、暴落するような気がしてね。

 

さて、個別銘柄を見てみると、「ボーイング」が「+16.78%」、「IBM」が「+6.28%」上昇しています。

 

「ボーイング」については、2017年90%近く株価が上昇したので、これ以上の上昇余地はないと思っていたのですが、2018年もとてつもないパフォーマンスですね。

「+16.78%」なんて、年間の利回りでも、素晴らしい成績なのに、1ヶ月で達成しちゃっていますからね。

 

さすがに、売却時期を真面目に検討しています。

 

今は、株式市場全体が割高感があり、キャッシュを投入するのが、少し怖いので、この「ボーイング」を売却して得た資金で、「Amazon」か「QQQ」を購入することを検討しています。

 

あと、意外なことに永遠の不発弾「IBM」も調子が良いです。

まあ、こいつは、年初だけは調子良いですからね。今年も期待せずに保有し続けますよ。

 

課税口座全体のパフォーマンスは、「6.36%」でしたので、市場平均の「5.23%」をアウトパフォームするという結果となりました。

 

 あと、「非課税口座(NISA)」では、2017年末に、「バンガード・トータルワールドストックETF(VT)」を年末に購入しましたが、調子が良かったですね。

 

今年分の「非課税口座(NISA)」は、このまま上昇相場が続くなら「VT」を購入し、調整が入れば、高配当銘柄を購入したいと考えています。

 

私のような長期投資家が、「非課税口座(NISA)」を活用する場合は、インカムゲインを得られる高配当銘柄に投資した方が、メリットが大きいですからね。

 

2月は、本格的な調整が入るのか、再び上昇するのか楽しみです。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ