リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

「下落相場」で買い増ししまくった私の末路!

f:id:ryosuke1123:20171015154210j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

私は、「株式投資」を始めて、もう随分長くなります。

 

始めた当初は、仕事がめちゃめちゃ嫌だったんですよね。

仕事の出来も悪かったし、毎日、上司に怒られてましたからね。そして、一刻も早く「リタイア」する為の手段として株を始めたんですよ。

 

もちろん最初は、全然知識がなかったんですが、ちょうど、株価がめちゃめちゃ下がっていたタイミングだったので、1年もすると、かなりの額を儲けることができました。

 

で、
「株を本気でやれば、リタイヤを実現することができる!」
と思ったわけです。

 

ただ、当時は有名な投資ブロガーの銘柄を丸パクリしていた「パクリ投資」だったんですけどね・・・。

 

私は「パクリ投資」そのものは、否定できません。だって、「銘柄選定」という意味では、学ぶことはたくさんあるのだから。

 

ただ、何事もそうですが、きちんと「根拠」を考えずに、パクるのはまずいです。

・・・いや、これが猿でも儲かるような「上昇相場」なら問題ないのですが、「調整」に入ってしまうと、狼狽売りなんていう、クソダサい行動を取ってしまい、爆損を被ってしまいますからね。

 

御多分に漏れず、私も、爆損を被ってしまいましたよ。

「ライブドアショック」という、日本株の大きな調整によってね。

 

その経験から、株の銘柄選びを、自分なりのルールで決めるようになりました。

 

で、その時に買ったのが、(確か)5銘柄です。

この5銘柄以外にも、いくつか保有していましたが、それらは、パクリ投資で購入した銘柄で、株価が大きく下落し、完全に「塩漬け」となっておりましたよ。

 

まあ、当時は、「日本株」は低迷期で、この5銘柄も、ほとんど利益なんてなかったんですけどね。

 

「下落相場」で買い増ししまくった私の末路

 

<プロモーションドリンク>

 

 

そして、悲劇は突然訪れます。

 

米国の大手証券会社「リーマン・ブラザーズ」の経営破綻によって、世界的な金融危機が起こり、株価が大きく下落してしまいました。

 

でも、私は、全然動じていません。
なんせ、その銘柄の選定には、きちんと「根拠」がありましたからね。

 

むしろ

安くなっているんだから、今、追加で購入したら、平均購入単価が安くなるからお得やん!

って思い、さらに買い増ししました。


ちなみに、こういう風に、「下がる→買う、下がる→買う」というような買い方を「ナンピン買い」と言って、株式投資の教科書では、あまり勧められてないんですけどね。

 

この頃には、私の全資産のかなりの比率が、この5銘柄に費やされてました。

 


で、その後、景気が回復し、株価も上昇に転じると、瞬く間に、元の株価に戻り、さらに、私の買った銘柄のほとんどが、2倍以上の価格になりました。

 

この出来事で、私は、それなりの資産を手に入れることができたんですよね。

 

まあ、運が良かったんだよ・・・っていう人もいますし、私もそれを否定しませんが、財政がしっかりしていて、きちんと本業で稼いでいるのであれば、一時的に株価が下がっている時というのは、絶好の買い時だと思っております。

 

むしろ、こういったことができない人は、「株式投資」で、お金持ちには、なれないんじゃないかとさえ思っています。

 

私は、その後、日本株は全て手放し、米国株に移行しましたが、「安い時に買い、高い時に売る。」というのは、「株式投資」の基本中の基本だと思うので、この経験を忘れずに、「投資道」を極めたいと思います。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ