リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

【もしも】人生で一度も恋人ができなかった場合、どれくらいの資産が貯まるか計算してみた・・・

f:id:ryosuke1123:20180123195432j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

真冬は人恋しい季節ですよね。

恋人のいない独身の方の中には、寂しい気持ちを抱えている方も多いのではないでしょうか。

 

実は私も、40代を超えて、今尚、独身貴族を謳歌しておりまして、ただいま「結婚相手」・・・いや、「恋人」を鋭意探している最中でございます。

 

若者達には、信じられないことかもしれないけど、40代のおっさんになっても、「恋人」は欲しいわけですよ。

 

なので、おっさんの私から若者へのアドバイスを一つ・・・

投資と、婚活は若いうちからしておけ!

ってこと。

 

20代の頃は、何も考えなくても、異性との出会いはあったし、お付き合いすることも、そう難しいことではないけど、35歳を超えると、途端に出会いがなくなるからね。

 

努力しようにも、「出会い」という「母数」が下がっては、話になりませんよ、ホント(泣)。

 

「彼女で来たことないねん」・・・しまった!!

 

さて、話は変わりますが、私は仕事上、協力会社の人と一緒に、エンドユーザーの方と打合せする機会も多いです。

 

ある日、協力会社のTさんの車で、エンドユーザーの会社へ出向き、無事に打ち合わせを終わらせて、自社に戻る途中の車中でのことです。

 

その日は、2月14日・・・つまり「バレンタインデー」だったので、街中では、比較的カップルが多かったんですよね。

 

私「(車中から外を見て)今日は随分とカップルが多いですね、バレンタインやからかな。」

 

Tさん「確かに多いなあ・・・リョウスケさんは、彼女いるんですか?」

 

私「いえ、今は居ないんですよ。去年は色々行動してみたんですけどね。

 Tさんは、彼女居てはるんですか?」

 

Tさん「いや、いません。っていうか・・・彼女で来たことないねん。」

 

私「!!! そ、そうなんですね・・・(し、しまったーー!)」

 

いやー、やっちゃいましたよ。

「彼女いるの?」って聞いてきたから、返す刀で同じ質問しちゃったよ!

 

ちなみに、このTさんという方は、私より3つほど年上の方なんですが、見た目もそこそこイケメンだし、性格も優しいし、「年齢」と「彼女いない歴」が一緒とは思いもしませんでした。

 

まあ、よくよく話を聞いてみると(というか一方的に先方が話し始めた)、異性との出会いが無かったというのも、大きな理由ですが、そもそも「お付き合い」することに興味がなかったそうです。

 

若かりし頃の、私なんて、「女の子と付き合いたい!そして色々したい!」ってことが、大きな行動原理だったので、やっぱり世の中には色んな考え方の人が居るもんですね。

 

だから、人間社会は面白いのでしょうね。

 

もしも人生で一度も恋人ができなかった場合どれくらいの資産が貯まる?

 

<プロモーションドリンク>

 

 

さて、私は、「女の子」が大好きですが、それに匹敵するくらい「お金」も大好きです。

 

今回、Tさんが、「彼女出来たことないねん。」発言を聞いて、思ったことがあります。それは・・・。

 

あれ?もし、俺が彼女できたことなかったら、どれくらいの資産が溜まってるんだろ?

 

ってこと。

 

私が、今まで何人とお付き合いしたかなんて、覚えておりませんが、20歳で、初めて彼女ができて、現在の42歳までの22年間のうち、ざっくり計算すると、17年間は「彼女」がいてたと思います。

 

そして、大体、週一位の頻度で会っていて、1回のデート代が1万円程度(安い)だとすると、1年間のデート代は以下のとおりです。

 

1万円 ✖ 4週間 ✖ 12ヶ月 =  48万円

 

これが、17年間定期的に出費していたと考えると、以下の計算で合計金額が算出できます。

 

48万円 ✖ 17年間   =816万円

 

つまり、Tさんと私の間では、「816万円」の「差」が発生しているわけですね。

 

ちなみに、年間「48万円」を利回り5%(過去のS&P500指数のパフォーマンスを参考に算出)で、17年間運用すると、最終的には、「1240万円」にすることができます。

 

◆彼女とお付き合いせずに「資産運用」した場合

f:id:ryosuke1123:20180216130258p:plain

 

「資産」という一点にだけ絞って考えると、大きな「差」が出てしまいますね。

 

では、「恋人」なんて作らずに、「資産運用」や「貯蓄」に精を出せばいいかというと、そういうわけでもありませんよね。

 

「男性」と「女性」とでは、やっぱり肉体的にも、精神的にも異なった生き物ですし、だからこそ、お付き合いすることで色んな「学び」はあります。

 

そして、なによりも、楽しいじゃないですか!

それこそ、ワンランク上の楽しさ、面白さ、悲しさ、苦しさを経験することができると思いますよ。

 

まさに、「プライスレス」というのは、こういうものだと思いますね。

 

ふう・・・また、こんな「下衆い」記事書くと、色んな人に怒られるな・・。

 

あー、彼女欲しいわ。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ