リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

コンパで知り合った結婚願望の強い女性と二人きりで会った結果!「私、専業主婦になりたいんです。」→えっ

f:id:ryosuke1123:20170919164712j:plain

 

こんにちは、リョウスケです。

 

私は、現在40代という人生の折り返し地点に到達しているわけですが、人生を振り返って見ると、たくさんの「後悔」があります。

 

「あれをやっていれば良かった。」

「あの時、こういう行動を取っておけば良かった。」ってね。

 

漫画「北斗の拳」では、世紀末覇者「ラオウ」が人生の幕を閉じる時「我が人生一片の悔い無し!」という名言を残しております。

 

この名言、子供の頃は「ふーん・・」程度にしか思ってませんでしたが、40代ともなると、その言葉の凄さが実感できますよね。

なかなか実現できる人生ではありませんよ。

 

なお、諸説ありますが、ラオウは25歳だそうなので、「若いのに、なかなかしっかりしとるやっちゃな!」なんて、オッサンの私は思ったりするわけです。

 

さて、そんな、後悔多き、我が人生ですが、特に後悔しているのが、「若い頃に結婚しとけば良かった・・。」ってことです。

 

40代になって、「結婚したい!」と思いたっても、なかなか出会いなんて、ありませんからね。

 

異性と出会い、そして恋愛をし、結婚をする・・この流れは、若者には大きなアドバンテージがありますよ。

 

「時すでに遅し」この言葉を、現在噛み締めております。

 

コンパで知り合った女の子とデートした結果!!

 

<プロモーションドリンク>

 

 

さて、そんな私ですが、実は、会社の後輩が「コンパ」を開催してくれたので参加してきました。

 

年齢層は、20代後半の子達ばかりで、私とは年齢差が非常にあるのですが、昨年から何度かこの手の「コンパ」を開催して貰っているので、躊躇いなく参加できるようになりました。

 

まっ、もちろん、当日は、緊張しますけどね。

 

そして、なんと先日、その時の女子メンバーの一人と、二人で遊びに行ってきたんですよ。

 

 私と、この子の間には、それなりの年齢差がありますので、二人きりで会うとなると、いい年ぶっこいて、緊張しましたよ。

 

怖い取引先でトラブルが起きた時に、お詫びに行くのとは、また違った緊張感があります。

 

まあ、実際に会ってみると、意外なほど、話が合う・・というよりも、合わせてくれている感じで、うまく言葉にはできませんが、「拒絶感」というか「警戒感」的なものが、一切感じられなかったんですよね。

 

すぐ調子に乗っちゃう私が「あれ?もしかしていけんじゃね?」と思うのに、さほど時間は掛かりませんでしたよ。

 

そして、あれよこれよしている間に、私の家で「宅飲み」することになりました。

 

もはやここまで来ると、色んな意味で期待しちゃいますよね。お互い大人だし。

 

んで、そのまま私の家に向かったのですが、途中で「腹痛」のトラブル発生。

どうやらいつものごとく緊張してしまっていたらしい。この体質のおかげで、人生損していますよ、ホント。

 

トイレで10分以上待たせたわけですが、ここでも笑顔で、「大丈夫?」と言ってくれて、(表向き)問題なし。

 

そして、近くのスーパーで買い出しして、私の家に入室。ちなみに、私は、人と会うとき、なにかあるかも知れないので、基本的に、部屋を綺麗にしているので、誰が来ても問題ないようにしています。

 

ここまで問題なし・・。

ミッションは成功に近づいています。

 

しかも、そこそこお酒も進んで、まあまあいい感じ。

 

 そして、ついに出ました。

 

女性「私、早く結婚したいんですよー。」

 

きたあああー!うおおおおーー!!

 

女性「私、専業主婦になりたいんですよね。」

 

ん?

 

女性「私、最近仕事で色々あって疲れたから、働きたくないんですよね。旦那さんに養って貰いたいんですよー。」

 

んんんんんんんっ!!

 

・・・ま、まあまあ、別に好きにしたら、良いと思いますよ。

 

でもなぁー、「働きたくないから、専業主婦したい。」って、ちょっと違うと思うんだよね。

 

例えば、「子育て」が加わったら、「専業主婦」の方が、仕事するより大変だと思うし、心から尊敬するけどさ。

 

最初から、楽したくて(働きたくなくて)結婚したい人、って、全く魅力に感じないのは、私だけでしょうか?

 

なんか急激に熱が冷めた・・でも、こんなこと考えているから、結婚できないんだろうなー。

 

 今年も、結婚できない感が、ハンパないっす。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ