リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

中途半端な長期投資ほどリスクが高くなる!下落局面で株価を意識しすぎた私の末路・・

f:id:ryosuke1123:20180109201035j:plain

 

こんにちは、リョウスケです。

 

私が、「株式投資」を始めて、20年近くの時間が経っています。

始めた当初は、「日本株」で運用しておりましたが、その間、上昇相場も経験しましたし、ライブドアショックやリーマンショックなどの「暴落」局面も経験しました。

 

その間、色んな事を学びましたが、とにかく手当たり次第に、「何か」を知識を吸収しようと躍起になっておりましたね。

めっちゃジタバタしておりました。

 

そして、今は、日本株から撤退し、「米国株」を中心に運用しているわけですが、やっぱり今も、なんだかんだジタバタしております。

 

「学び」に、終わりはないですからね。

 

投資家は、目先の株価を気にしてしまう

 

さて、「株式投資」を趣味と考えている人も、もしかするといらっしゃるかも知れませんが、大目的としてあるのは「お金を増やす。」ということだろうと思います。

 

そして、「株式投資」は、元本を保障してくれるものではなく、場合によっては、大きく損をしてしまう可能性だってあり、それが故に、投資家は幅があるにせよ目先の「株価」を気にしてしまうわけです。

 

10%程度の下落では、少しも動揺しておらず、むしろ買い増しチャンスと捉えた方も多いと思いますが、さすがに50%の暴落が起きると、殆どの人は、これまでの経験値なんて関係なく、動揺したり、狼狽してしまいます。

 

「株式投資」では、「長期投資」が基本とされており、リスクを減らし、効率的な資産形成を行うことができますが、それでも現実的に「長期投資」を行い続けている人が少ないのは、下落局面で狼狽売りしてしまうからです。

 

これまで上昇相場では「長期投資最高ー!」「永久保有こそ至高!」と言っていた人でさえ、「下落局面」では、簡単に投資手法を変えてしまいますからね。

 

まっ、これはある意味仕方ないことです。

人はそんなに強い生き物ではありませんからね。

 

中途半端な長期投資ほどリスクは高くなる!

 

<プロモーションドリンク>

 

 

大昔より、日本では「株式投資」をしている人の9割が損をする、と言われている根底にあるのは、こういった「上昇相場」と「下落相場」で、コロコロ投資方針を変えてしまう人が多いからだと、個人的には解釈しています。

 

特に、中途半端な「長期投資」ほどリスクの高いものはありません。

 

上昇相場では、保有し続けて、下落局面でも「含み益」が出ているうちは、安心して保有し続け、「含み損」がで始めたら、狼狽して「売却」する(極端な例ですが・・)。

 

こんなやり方では、一生儲かりません。

ちなみに、「そんなことする奴いねえよ」と思うかも知れませんが、間違いなく存在しています。

 

なぜなら、私が大昔そうだったから。

その結果、大きな損失を被ってしまいましたよ。目先の株価だけを追いかける人の末路といえますよね。

 

そんな経験から、キャピタルゲインを狙いにいくのではなく、「配当金」を重視し、安定的な「インカムゲイン」が受領できる企業に投資しています。

(最近、Amazonとアルファベットに投資していますが・・・)

 

これだと、目先の「株価」を追いかけなくて済みますからね。

 

そして、米国株には、ドットコムバブル崩壊やリーマンショックを経ても、「増配」している企業がたくさんあります。

 

こういった企業は、「配当金」を出すことを経営方針にしているということなので、安定的な「配当金」をいただくことができます。

 

もし、「株価下落」というものに、精神的な耐性が少ない方や、狼狽する可能性が高いと自己認識ができている方に、「インカムゲイン」を重視する投資手法がオススメです。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ