リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

天才ピーター・リンチとダイの大冒険の名言から投資を学ぶ

こんにちは、リョウスケです。

 

株式投資は、自分で考えて、自分で行動し、自分で責任を取ることが、大前提となります。

 

こういったことを放棄して、著名な投資家のポートフォリオをマルパクリして運用することは、上昇相場ではそれなりに効果があるかと思いますが、下落相場では、あまり恩恵を受ける事ができません。

 

銘柄分析を自身でやっていないことから、保有し続けることに自信が持てず、狼狽して売却してしまい、ほとんど利益がでないか、下手するとマイナスとなってしまいますからね。

 

「株式投資」は、精神的な事も重要な要素であることを忘れてはいけません。

 

とはいえ、マルパクリはともかく、実績のある投資家の投資哲学や手法を参考にすることは、非常に大事だと思います。

 

私も、著名投資家の書籍や、著名株式ブロガーのブログを読ませていただき、様々な学びがありました。

 

特に、バフェットやピーター・リンチが好きでしたね。

 

バフェットは、バークシャー・ハサウェイ社を率いて、資産をうん兆円まで増やし、世界の富豪の上位に、常に顔を出しています。

 

ピーター・リンチは、1977年から1990年までの13年間、マゼランファンドを運用し、2000万ドルを140億ドルにした伝説のファンドマネージャーです。

 

二人とも、日本人にも人気のある投資家で、多くの名言を残しております。

 

以前、バフェットの名言を紹介しましたので、今回は、ピーター・リンチの名言を紹介したいと思います。

 

ピーター・リンチの名言から投資を学ぶ

 

株で成功する人は、ときには損をしたり予期せぬ出来事に遭うことを、しっかり自覚している。

 

株式市場は、常に上昇しているわけではなく、短期的に見ると、上がったり下がったりを繰り返しているわけです。

 

そして、その中には、自分の予期せぬ形で暴落することだってあります。長期債券の利回り上昇による調整局面なんかがそうですよね。

 

こういったことに狼狽するのではなく、しっかり企業の状況を見て、株式投資をやっていきたいですね。

 

これからの一年間に必要な大学の教育資金、結婚資金、その他の資金で株式や投資信託などを買ってしまうことは馬鹿げている。

 

株式投資で利益が出始めると、もっと利益を出すために、フルインベストメントに近い形で投資してしまいがちです。

 

リターンという点に絞れば、正しいかも知れませんが、人の生活はリターンを上げるためにしているわけではありません。

 

自分自身がどのステージにいて、今後どんな出費が必要か考えて投資したいですね。

 

会社に投資するのであって、株価に投資するのではない。

 

簡単な言葉ですが、深いですね。

株価によって、資産額が変わってくるので仕方ありませんが、会社の事業がどういう状況なのか判別することが、銘柄選択で最も大事な事だと思います。

 

自分の知らない株を買って幸運にも儲かる人もいるかもしれない。だがそれはマラソンの選手が、その名声をボブスレーに賭けようと考えるのと同様に、あえて自らハンディキャップを負うようなものである。

 

つまるところ、自分がその事業をよく分かっていないのに、投資すんなってことです。

これとよく似た言葉を、バフェットをはじめとした著名投資家が言っており、非常に大事なことですよね。

 

私の個人的な好みは、年に20~25%の成長を遂げ、うまくすれば株価は10倍~40倍、あるいは200倍にもなりそうな、積極性のある小企業である。

 

実は、過去に私が日本株を運用していた頃、この言葉を参考にして、小型グロース株に投資していたんですよね。

確かに上昇相場時には、爆益を得ることができましたが、下落相場時の下落率はハンパなかったです。

 

リターンとリスクは相関関係にあるんだという事を理解できましたよ。

 

 今回は、ピーター・リンチの名言を一部紹介しましたが、株式投資で、大きな成功を収めただけあって、心に響きます。

 

バフェットとリンチと共通している言葉も非常に多いので、株式投資の神髄というのは、意外と簡単なものなのかも知れませんね。

 

ダイの大冒険の名言から投資を学ぶ

 

<プロモーションドリンク>

 

 

ところで話は変わりますが、私は子供の頃から、漫画が好きなんですよ。

そして、漫画の影響を受けて、よく物真似もしました。

 

キン肉マンの影響を受けて、「クロスボンバー」や「キャメルクラッチ」を友達と掛け合ったりしましたよ。

f:id:ryosuke1123:20180315165905p:plain

ちなみに、あれはマジで危険なので、良い子は絶対にやっちゃいけないです。

 

北斗の拳の影響を受けて秘孔を突いたりもしたし、るろうに剣心の影響を受けて、傘で九頭龍閃したりしましたよ。あっ、二重の極みもやったなあ。

 

f:id:ryosuke1123:20180315170117p:plain

 

そして、ダイの大冒険の影響を受けて、傘でアバンストラッシュもやりました。

 

ちなみに、私はボクシングをやっていますが、これは「はじめの一歩」の影響を受けています。

 

それくらい漫画が大好きだったわけです。

 

好きな漫画は沢山ありますが、「これぞ名作!」というのを一つ挙げるとすれば「ダイの大冒険」ですかね。

 

ダイの大冒険とは、ドラゴンクエストの世界観を使って、龍の紋章を宿すダイが、世界を滅ぼそうとする魔王軍との戦いを描いた漫画です。

 

この漫画、何が面白いかというと、練り込まれたストーリーも素晴らしいですが、なんと言ってもキャラクターが素晴らしいです。

 

主人公の「ダイ」君も、魅力的ではありますが、なんてったって、親友の「ポップ」が素晴らしい。影の主人公と言っても良いでしょう。

 

最初は、「弱い」「臆病」「根性ない」ダメ男の三拍子が揃ったキャラでしたが、物語が進むにつれて、どんどん成長し、最終的には、ラスボスの超必殺技をたった一人で破るほどまで成長します。

 

一番格好よかったのは、騎士シグマとの戦いで、何度やられても立ち上がるシーン・・・。

 

シグマ「ひとつ質問させてもらいたい」

 

ポップ「なんだい」

 

シグマ「君は本当に人間か?ゾンビかなにか出ないと、その不死身は説明がつかん」

 

ポップ「よしてくれよ・・・俺はれっきとした人間さ・・・臆病でよわっちい・・・ただの人間さ・・・」

 

シグマ「そういうことを言う奴が最も危険だ・・・私は決して手を緩めない」

 

f:id:ryosuke1123:20180315170500p:plain

おっさんの私でもしびれるわ。

 

ポップも格好いいが、敵のシグマも格好いい。

 

最初あんなに弱かったポップが、どんどん成長していく姿に感動しました。

しかも、何かがきっかけで一気に強くなるわけじゃなく、少しずつ強くなっていきますからね。ホント素晴らしいです。

 

ちなみに、この漫画、魅力的なのは味方キャラだけじゃなくて、悪役も素晴らしいキャラクターです。

 

特に元魔王「ハドラー」がいい味出してます。

 

最初は、本当の悪役。

場合によっては、汚い手も普通に使います。

 

でも、度重なる敗北で、追い詰められ、自分の体を「超魔生物」に改造します。


ここからが、ハドラーの真骨頂。

悪役から強い武人になっちゃうんですよね。


手に入れた強さから、精神的にも大きく成長します。

 

ハドラーの最後も良かった。

ダイが最後の技を繰り出すために、力を溜めているところをいま攻撃すれば勝てるのに、

 

「無粋・・・どうせ燃え尽きる身!この数秒を己の力を高めるために費やすのみ」

 

と叫び、攻撃せず自身も力を溜めます。

 

結果として、敗れちゃうんですが、負け様が格好良かったです。

f:id:ryosuke1123:20180315170812p:plain

何度も言うけど、おっさんの私でもしびれるよ。

 

そういえば、ラスボスのバーンも良かった・・・というか、こんなの勝てんの?って、ドキドキしながら見てました。

あのヨボヨボのおじいさんの姿とのギャップが、恐怖でしたね。

絶望感は、私が見た漫画の中ではトップクラスですね。

 

個人的には、ドラゴンボールのフリーザ様が言う「私の戦闘力は53万です。」よりも、大魔王バーンの「今のはメラゾーマではない・・・メラだ」の方が怖かったです。

f:id:ryosuke1123:20180315171039p:plain

 

 そんな魅力的なキャラクター達が名言を残しており、株式投資でも使えそうなので、紹介したいと思います。

 

ここは戦場だ!殺し合いをするところだぜ男も女も関係ねェ、強い奴が生きて弱い奴は死ぬんだよ!!

 

氷炎将軍フレイザードのセリフです。

まさに、「株式市場」という所も、まさに戦場で強い奴が生きて、弱い奴が死にますね。弱い奴にならないためにどうすればよいか・・・それはひたすら勉強経験を積むことですよね。

 

己の立場を可愛がっている男に真の勝利などないっ!

 

魔軍司令ハドラーのセリフです。

全てのパクリ投資家達に聞かせてやりたいセリフです。

 

グズグズしていると機を失うぞ!

 

大魔王バーンのセリフです。

ハイテク株に投資したいけど、あまりにも上昇しすぎて買うタイミングを逃した時に言われそうなセリフですよね。

 

鍛え上げて身につけた強大な力で弱者を思うようにあしらう時、気持ちよくないのか?優越感を感じないのか?力ほど純粋で単純で美しい法律はない!

 

こちらも大魔王バーンのセリフですが、「投資家だけ儲けやがって!」とか「国が悪い、企業が悪い、時代が悪い」とか不満ばかり言って、なんの努力もせず、底辺に沈んでいるアホに、俺はこんなに儲けているんだぜっ!って自慢する時に思い出すセリフです。嘘です。でも、このセリフ好きです。

 

f:id:ryosuke1123:20180315171928p:plain

 

アバン先生っ!先生の5分の1・・・いや、10分の1でいい・・・俺に勇気を与えてくださいっ!

 

こちらは真の主人公ポップのセリフです。

暴落局面で、資金を追加するのは非常に勇気がいることです。そして、保有し続けることも・・・。そんな時に、このセリフを思い出して欲しいです。

 

 

負ける時は力の限りを尽くして思いっきり負けなさい!

そうしないと絶対に今より強い自分にはなれませんよ。

 

勇者アバンのセリフです。

ちょっと極論かも知れませんが、思いっきり失敗した時の方が、学ぶことは多いですよね。私も何度も大きな負けをして、凄く勉強になっております。

 

勇敢というよりも無謀という言葉がふさわしい!

 

剣匠ロン・ベルクのセリフです。

もはやファンダメンタルズ的にも、将来が見込めない銘柄に、あえて特攻している時に、言われそうなセリフです。

 

「ダイの大冒険」の名言は数え切れないくらいたくさんあって、キリがありませんが、最初から最後まで、ラスボスは変わっていませんし、バトル漫画なのに、強さのインフレが少ないところもいいですね。

 

もし、読んだことのない方がいらっしゃいましたら、一読をオススメいたします。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ