リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

マクドナルドの株価は今後も下がり続けるか?はい、その通りです。

f:id:ryosuke1123:20171221131327j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

みんな大好き、世界最大手フードチェーン企業「マクドナルド(MCD)」より配当金を頂きました。いただいた配当金は以下のとおりです。

 

一株あたりの配当金 1.01ドル

数量 150株

合計(ドル) 151.5ドル

合計(日本円換算:1ドル= 106.46円)16,128円

 

マクドナルドは、連続増配を41年続けている「配当貴族」銘柄で、前期に「7.4%」の増配を実現しております。

 

私達のように、日本で働くサラリーマンは、残念ながら給料はほとんど上がっておらず、むしろ、増税によって手取り給料は減少傾向にあります。

そんな中、「マクドナルド」のような連続増配銘柄は、保有しているだけで、安定的に資産を増やしてくれます。

 

配当金を出すことに否定的な方もいらっしゃいますが、個人的には、一定の間隔で「利益確定」をおこなってくれるメリットは、大きいと考えています。

 

マクドナルドの株価は2018年に入って下げまくっている

 

 マクドナルドが1月末に発表した2017年度第4四半期の決算は、それほど悪い決算ではありませんでしたが、既存店の売上高の伸び率が予想と一致したことから、株価は下落しました。

 

そして、その後、米国長期利回りの上昇によって、相場の低迷に足を引っ張られ、さらに、RBCが目標株価を引き下げたこともあって、マクドナルドの株価は冴えません。

 

以下は、2018年に入ってからのマクドナルドとS&P500指数の騰落率です。

 

◆マクドナルドとS&P500指数の騰落率(2018年1月~現在)

f:id:ryosuke1123:20180321130306p:plain

 

S&P500指数が「+0.78%」の上昇だったのに対して、マクドナルドは「-7.99%」の下落となり、市場平均を大きく下回っています。

 

ただでさえ、長期金利の利回りが上昇している時、マクドナルドのような連続増配でディフェンシブな銘柄は、売られやすくなるのに、アナリストが目標株価を下げているように、先行きが不安になっていることが、この下落の主な原因と思われます。

 

そして、個人的な見解ですが、マクドナルドは、2017年のパフォーマンスが「+44.81%」となっており、株価が上がりすぎたことによっておきた反動にも思えます。

 

マクドナルドの今後

 

<プロモーションドリンク>

 

 

このように「マクドナルド」は、大きく沈んでいるわけですが、今後の見通しについて見てみたいと思います。

 

◆業績予想

f:id:ryosuke1123:20180321132205p:plain

 

上記は、楽天証券で記載している業績予想を引用しています。

 

マクドナルドは、長期にわたって減収が続いておりますが、まだしばらく続く見込みのようですね。これは、フランチャイズ店の再編を進めているためです。

これがうまく進めば、利益率を高めることができます。

 

こうして利益率を高めた結果、当期純利益に関しては、増益が続く見込みです。

 

こうして見ると、将来的な見通しは、決して悪くはなさそうですね。

 

現在の「株価収益率(PER)」は「21.84」、「配当利回り」は「2.54%」となっており、割安感は良くも悪くもない状況ですが、上記のような利益が確保できれば、割安感も出てくると思われます。

 

また、前述したとおり、マクドナルドは連続増配企業で、今後も増配が見込まれますので、配当利回りも高くなってきます。

 

さらに、今後、新興国を中心に爆発的に人口が増えていくことを考えると、マクドナルドのような世界的にブランド力が高く、皆から愛されているフードチェーンというのは、定性的にも期待できます。

 

ですので、長期的な目線で見ると、マクドナルドは成長し続けると判断しています。

 

ただ、長期金利の利回りが高くなっている昨今は、マクドナルドのような企業は売られやすいです。そして、2017年のパフォーマンスが良すぎましたからね。

 

おそらく、今後しばらくは下落傾向が続くのではないでしょうか。

 

ですので、いったん利益確定して、投資対象から外すのも一つの手だと思います。

 

ただ、ホールドし続けるにしても、利益確定するにしても、現在の株価を追いかけるのではなく、企業の事業そのものに投資していることを忘れてはいけません。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ