リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

最も効率的な資産形成の方法とは・・・社員を優遇する日本企業で働き競争の激しい海外企業に投資すること

f:id:ryosuke1123:20180127170331j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

私達の多くは、企業に所属し、働き、そして収入を得ております。

この「収入」をもとに、私達は生活しているわけですから、生活レベルの維持や向上、将来の蓄えを考えると、この「収入」というのは、非常に大事なものとなってきます。

 

もちろん、「収入の大きさ=幸せの大きさ」というわけでもありませんが、一方で、収入が高い方が、様々な選択肢を選べるようになることも事実です。

資産形成の観点から見ても、収入が高い方が、運用資金を高めることができ、早い段階で経済的自由を手に入れることだってできますからね。

 

しかし、現在の日本企業は、高度経済成長期のように、労働者に対して高い給料を支払っていません。

最近は、企業の業績も良く、利益も増えているはずですが、その利益を労働者に還元することなく、内部留保に当てています。

これは、私達一般人が、将来の生活が不安なように、企業も、将来の経営に不安を感じているためです。

 

こうしたことから、世代間の経済格差も開いてます。私の父はすでに定年退職しましたが、現役時代の収入を聞くと、びっくりするような高い金額です。そして、一方で、私の収入の低さを聞いて、びっくりされます。

 

現在の日本企業の置かれている状況を考えると、かつてのような高収入を実現することはないと思います。これが、衰退国家の現実と未来です。

 

世界の国別平均年収ランキング

 

 ところで、そんな日本の年収が世界の国々と比べて、どの位置づけにあるのか見てみたいと思います。以下は、世界の国別平均年収の上位20位までを記した表です。

 

◆世界の国別平均年収ランキング(2017年度)

順位 平均年収
1 スイス ¥10,070,212 
2 ノルウェー ¥8,639,848 
3 ルクセンブルク ¥8,436,646 
4 デンマーク ¥7,839,654 
5 オーストラリア ¥7,425,300 
6 アイルランド ¥7,199,732 
7 オランダ ¥6,425,826 
8 アメリカ ¥6,056,734 
9 ベルギー ¥6,013,274 
10 カナダ ¥5,990,908 
11 スウェーデン ¥5,855,970 
12 イギリス ¥5,761,100 
13 フィンランド ¥5,708,206 
14 オーストラリア ¥5,627,646 
15 ドイツ ¥5,138,774 
16 フランス ¥5,075,810 
17 イタリア ¥4,043,370 
18 日本 ¥4,026,728 
19 イスラエル ¥3,827,554 
20 スペイン ¥3,783,458 

 

上記の「平均年収」は、分かりやすくするために、日本円(1ドル=106円)で表しています。

 

こうしてみると、平均年収のトップ20のほとんどが、欧米の国々です。特に、スイスやノルウェー、デンマークといった北欧の国々が上位に入っていますね。

 

日本は、アジアの中では唯一ランキングに入っていますが、トップのスイスと比較すると、年収が半分位になります。アメリカは、6位ですね。人口が3億人もいるのに、ランキングのトップに入るのは、やはり凄いです。

 

外資系企業で働くことが幸せか?最も効率的な方法とは・・・

 

<プロモーションドリンク>

 

 

上記ランキングのとおり、日本の企業で働く私達は、世界の企業に比べて、安い収入で働いているわけです。

 

では、日本企業で働く私達に、何のメリットがないのかというと、もちろんそういうわけではありません。

 

日本の企業は、給料は安い代わりに、社員はかなり手厚く守られています。もちろん、場合によっては、降格や減給になることはあるかもしれませんが、「クビ」になることなんて非常に稀です。

 

逆に、外資系企業は、非常に競争も激しく、降格や減給なんて当たり前のようにありますし、クビだって日常茶飯事(言い過ぎ?)のようにあります。

 

達成度を数値で評価され、その「結果」が全てとなります。

 

もちろん実力のある人にとっては、非常にやりがいのある仕事だと思いますが、そうでない人には地獄のような世界だと思います。

 

実は、私の友人も、アメリカの超大手企業に就職しましたが、あまりものキツさにやめてしまいました。

 

逆に言えば、そんな凄い競争に生き残ったエリート達が、会社を支えている海外の企業は、とてつもない競争力を持っていると思います。

 

私達日本人が、世界的に非常に恵まれているのは、社員をしっかり守ってくれる温い日本企業で働きながら、凄いビジネスマン達が、会社を支えている海外の企業に投資できることです。

 

日本企業で働いて得た収入を、海外の競争力の強い企業に投資して、効率的に資産形成をおこなうことが、最も賢いやり方だと思います。

 

コバンザメの何が悪い!世の中、賢く生きていきましょうよ。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ