リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

日本人が株式投資で億万長者になれない理由

f:id:ryosuke1123:20171230131147j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

現在の日本は、高齢化社会への道を爆進中であり、自分自身の将来に不安を抱いている方も多いかと思います。特に、給料が全然上がらないことや、将来の年金受給額が少なくなることを考えると、金銭面での不安が大きいのではないでしょうか。

 

そこで、注目されているのが、「株式投資」です。

 

本業や副業で収入を獲得し、節約で出費を抑え、資産運用(株式投資)で効率的な資産形成を行う、これが、一般的な労働者が経済格差を乗り切る為の唯一の手段になるでしょう。

 

日本人は、欧米人と比較すると、株式などのリスク資産を保有している人が少ないと言われておりますが、最近は、インターネットの普及により情報が取得し易くなったことと、漠然とした将来的な不安があることからか、少しずつ投資人口も増えているように思えます。

 

株式投資で成功している人は少ない

 

 ところで、株式投資では、広く銘柄を分散して投資し、長期で保有することで、資産を効率的に拡大することができると言われています。

 

これは、投資する銘柄を分散することで、それぞれの固有銘柄の下落リスクを抑えることとや、上下の値幅が大きい株式も、長期的には上昇する傾向があることから推奨されています。

 

逆説的にはなりますが、株式投資で成功している人の中には、このような、長期で、分散投資を実行している人が多くいるはず、ということになります。

 

ただ、自分自身の周りや、SNSなどを見ていると、株式投資を長年継続しておこない、そして、株式投資で成功した人は、非常に少ないように思えます。

株式投資の経験がある人は、比較的多いのに、なぜ、株式投資で成功した人は少ないのでしょうか?

 

私は、以下の2点にあると思っています。

 ①分散投資ができていない。

 ②長期投資ができていない。

 

すみません、資産を効率的に形成するためには、「広く銘柄を分散して投資し、長期で保有する。」ということを前提として、これらが、完全には出来ていないと考えているわけです。

 

日本人が株式投資で億万長者になれない理由

 

<プロモーションドリンク>

 

 

上記のような「分散投資」や「長期投資」を行えない理由は、日本独特の理由があります。

 

日本人の個人投資家の多くの人は、「日本株」への投資を行っていますよね。

 

そして、「日本株」の中で、様々な業種の銘柄に分散して投資していると思うのですが、これでは真の分散とは言えません。

 

そもそも、日本の株式市場は、アメリカの後追いのような値動きをするくせに、アメリカの株価の動きよりも激しく上下する傾向があります。

 

リーマンショックに至っては、アメリカが震源地だったにもかかわらず、アメリカが1年ほどで底値を記録して、そこから急成長しましたが、日本は、底値を付けるまでに3年以上の年月がかかりました。

 

しかも、日経平均は、バブル期につけた最高値を未だ更新しておりませんし、衰退国家である日本の将来も、それほど明るくありません。

 

以下は、アメリカのメジャーな指数である「S&P500指数」と、日本のメジャーな指数である「日経平均」の直近30年の騰落率です。

 

◆S&P500指数と日経平均の騰落率(直近30年間)

f:id:ryosuke1123:20180409135357p:plain

 

1988年から現在までの騰落率を表しておりますが、S&P500指数が「+917.61%」上昇したのに対して、日経平均は「-8.64%」となっております。

つまり、30年間という長い期間投資し続けたのにもかかわらず、損失が出ているということになるわけです。

 

これでは、「株式投資」を行ったメリットなんて、これぽっちもなく、むしろデメリットしかないわけです。

 

そんな過去のパフォーマンスが下がる一方だった、日本株では、「長期保有」することなんてできるわけありませんよね。

 

そして、当たり前ですが、お金持ちになんてなれるわけありません。

 

ある意味、途中で日本株を見限った人は、大正解だったというわけです。

 

ですので、真の意味で分散投資、長期投資を行うのであれば、日本株だけでなく、海外株もポートフォリオに組み込んではいかがでしょうか。

 

特に、100年以上に渡って、成長してきた米国の株式投資には、大きな宝の山が眠っていると思いますよ。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ