リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

大谷翔平選手から学ぶ!私が同世代の人と比べて資産を拡大することに成功した理由

 

f:id:ryosuke1123:20180410132741j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

今年もプロ野球が開幕しましたが、今年の注目は、アメリカのメジャーリーグに入団した大谷翔平選手ですね。

 

日本では、投手・打者の二刀流で実績を残し、しかもイケメンということで、日本人選手屈指の実力と人気を誇っておりましたが、メジャーでどのように活躍するのか気になるところです。

 

今のところ、3試合連続でホームランを打ったり、ピッチャーとしても2勝目を挙げて、投打ともに大活躍しておりますので、今後の活躍も期待したいですね。

 

さて、そんな大谷翔平選手ですが、高校時代に立てた人生設計があるのをご存知でしょうか?

 

大谷選手の所属していた花巻東高校では、選手それぞれに目標を設定させていたそうです。目標を設定することで、自己を見つめ直して、現在の課題や、将来への方向性を明確にさせたんでしょうね。

 

大谷選手の人生設計は、要約すると以下のとおりです。

 

18歳 アメリカ大リーグへ入団
19歳 3A昇格 英語マスター
20歳 メジャー昇格 15億円稼ぐ
21歳 ローテーション入り 16勝
22歳 サイ・ヤング賞獲得
23歳 WBC日本代表入り
24歳 ノーヒットノーラン達成 25勝
25歳 世界最速175kmを投げる
26歳 ワールドシリーズ優勝 結婚
27歳 WBC日本代表入り MVP獲得
28歳 男の子誕生
29歳 ノーヒットノーラン2度目の達成
30歳 日本人最多勝利
31歳 女の子誕生
32歳 ワールドシリーズ2度目の制覇
33歳 次男誕生
34歳 ワールドシリーズ3度目の制覇
35歳 WBC日本代表入り
36歳 奪三振数記録達成
37歳 長男野球を始める
38歳 結果が出ず引退を考え始める
39歳 来年での引退を決意
40歳 引退試合ノーヒットノーラン
41歳 日本に帰ってくる
42歳〜 日本に米国野球のシステムを紹介
57歳 プロ野球界を引退
58歳 岩手に帰ってくる
59歳 リトルリーグの監督になる
60歳 ハワイ旅行
61歳 リトルリーグで日本一になる
62歳〜 3年間岩手の野球の向上のために野球を教える
65歳 メジャー年金3000万円
66歳〜 世界旅行
70歳〜 毎日スポーツを続けて元気で明るい生活にする

 

めっちゃ具体的な人生設計を立てております。高校生でこんなに具体的に人生設計が立てれるって凄いですよね。

 

私が高校生の頃なんて、何も考えておりませんでしたよ。

女の子と仲良くしたい。もっと遊びたい。くらいしか考えてませんでした。

 

18歳でメジャーに入団し、20歳で15億稼ぐ。そして、ピッチャーとして世界最速の175kmを投げる、ってあまりにも目標が凄すぎですが、それだけ、高みを目指しているってことでしょうね。

 

26歳で結婚し、2男1女の子供をもうける、っていう人生設計について気になる女性も多いことだと思います。個人的には、野球選手としての選球眼を磨くだけでなく、女性を選ぶ目も磨いて欲しいものですね。

 

私が立案した人生設計と人生の方向性

 

<プロモーションドリンク>

 

 

 人生設計を立てることって、人によっては、時間の無駄なんて考えている人もいるかもしれませんが、私は、凄く大事なことだと思います。

 

計画を立てることで、自分自身を棚卸しすることができますし、自分自身の「方向性(ベクトル)」を決めることができますからね。

 

実は、私も、ある程度の人生設計を立てていたんですよ。もちろん、大谷選手みたいに高レベルな目標でもありませんし、高校生の頃から、この方向性で生きてきたわけでもありませんけどね。

 

でも、私としては、25歳の頃に立てた方向性をもとに生きてきたと言っても過言ではありません。

 

まあ、私なんかの具体的な人生設計なんて、誰も興味がないと思いますし、恥ずかしいので、細かいところは割愛しますが、大きな方向性だけを言うと「45歳で会社を辞めて早期リタイアすること。」です。

 

そして、身も蓋もないことを言いますが、この方向性(ベクトル)は、すでに考えを改めておりますけどね。今は、また違った方向性(ベクトル)で生きています。

 

実は、私が若かった頃は、仕事が嫌で嫌で仕方が無かったんですよ。

 

毎日、上司には怒られてましたし、要領が悪くて仕事の出来も悪かったので、仕事が嫌いでしたよ。そんな私が、今は管理職として働いているから、世の中不思議なものです。

 

若い頃の私は、仕事があまりにも嫌だったので、なんとか仕事をせずに、そして楽な生き方を模索して考え出した目標が「45歳で会社を辞めて早期リタイアすること。」だったんですよね。

 

あくまで、これは「目標」であって、「手段」ではありません。そして、その「手段」が「株式投資」だったんです。

 

その結果、若い頃から株式投資を始め、様々な暴落や下落局面を経験しながら、資産を形成し、現在では6000万円ほどの資産を作ることができました。

 

もちろん、まだ、6000万円程度に過ぎませんが、同世代の人と比べると、大きな資産があることは事実ですし、やり方によっては経済的自由を獲得することだってできる資産を手に入れることができたわけです。

 

そして、これだけの資産を形成できたのは、若い頃に立てた人生設計によるものが大きいです。

 

おそらく、若い頃に色んな壁にぶつかって、仕事が嫌だと思っていなければ、人生設計なんて立てていなかったですし、株式投資なんてやっていなかったかも知れません。

 

まあ、それはそれでどういった人生を送ることになったのか、興味はありますが、今日のように、選択肢が大きく増えたのは、若い頃に立てた人生設計が根底にあります。

 

今、人生設計や自身の方向性を持っていない方は、一度立案してみてはいかがでしょうか?

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ