リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

徹夜で仕事をしていたら部屋の外から「うわあああああああっ!」って悲鳴が聞こえた

f:id:ryosuke1123:20180410151449j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

サラリーマンとして仕事をしていると、忙しくて手が回らないことって多々あると思います。

 

私の場合、今の時期がまさに繁忙期で、お客様や自治体に向けて様々な資料を作らなければいけませんし、お客様もこの時期は忙しくなり、システムをフル稼働させるため、トラブルも頻発する時期なんですよね。

 

こんな時、自分自身の分身がいればいいなあ・・・なんて思いますよ。

 

「影分身の術!」だなんて叫んだら、自分の分身がたくさんでてきて、それぞれの分身に仕事をして貰うっていうね。そして、私はのんびり漫画でも読みながら、自体を眺めている、っていうのが理想ですね。

 

いや・・・私の分身の場合、誰がサボるかで分身達と喧嘩になるかもしれません。なんせ、根っからの怠け者ですからね・・・へへへ。

 

 

まあ、そんな妄想は置いといて、結構忙しく仕事をしています。

 

徹夜で仕事をしていたら部屋の外から悲鳴が聞こえた

 

<プロモーションドリンク>

 

 

先日も、お客様のトラブルが頻発していたので、その対応に追われて、終電に間に合わなかったんですよ。ですので、その仕事を担当している社員3人と、そのまま、会社に泊まり、朝まで仕事をしました。

 

ただ、うちの会社のビルは、かなり古いので、夜になると薄気味が悪いんですよね。40代の大人が言う事ではないかもしれませんが、夜中の誰もいない職場は、居心地のよいものではありません。日中はたくさんの人がいて、騒々しいので、そのギャップもあるのかもしれませんね。


ですので、一人で徹夜すると、かなり萎えますが、今回は、一緒に仕事するメンバーがいると、心強いですよね。


そんな同僚の一人が、深夜2時頃、トイレに行ったんですよ。

 

まあ、そんなのは普通の出来事だったので、気にもとめなかったのですが、部屋を出て数秒後に、大きな奇声が・・・。


『うわああああああああーー!!!!!』

 

まるで、世にも恐ろしいものを見たような声。

・・・いや、死の恐怖に怯えたような声でした。

 


私『何や?今の声?』

 

同僚A『ゴキブリでもおったんじゃないですか?』

 

私『こんな時期におるか?』

 

と言いながら、二人共、少しビビリ気味。

 

どちらも、行こうとしない。

 

10秒ほど間があって、どちらともなく、トイレに向かいました。

 

ドアを開けると、フリーズしている同僚と、腰の曲がったおばあさんが立ってました。

 

そのおばあさんは、普段よく見かける人で、ビルの掃除をしている人だったんですよね。

 

同僚は、真夜中のトイレに人が居るとは思っておらず、トイレに入ったら、腰の曲がったおばあさんが立っていたから、怪物だと思って、悲鳴をあげたとのこと。

 

・・・いや、かなり失礼だろ。

 

たしかに、怖いかもしれんけどさ。


てか、お掃除のおばちゃんって、こんな時間から働いているのね。

 

いつも部屋を綺麗にしてくれてありがとうございます。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ