リョウスケが米国株で億万長者を目指す

日本株で資産を最大化した私がアメリカ株で頂点を目指します。

給料の低い人が給料の高い人に勝つ唯一の方法

f:id:ryosuke1123:20180109201035j:plain

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

世界は、いつの時代でも「貧困」という問題が付きまとっています。

私たちの住む日本は、世界的に見ると比較的裕福な国とされており、1970年代には「一億総中流」と呼ばれるほど、貧富の差が少ないと言われていました。

 

実際、当時の「国民生活に関する世論調査」の統計結果によると、自分の生活水準は「中の中」という声が圧倒的に多かったそうです。

 

しかし、1980年後半から1990年前半のバブル期をピークに、日本の経済成長は鈍化し、世界経済が順調に成長していく中、「失われた20年」と言われるほど日本は低迷しています。

 

その結果、労働者の賃金は上がらず、結婚を望む人や、子供を持つ意欲が薄れ、少子高齢化が進み、さらなる、負のスパイラルに陥り、日本は衰退の道をたどることになるでしょう。

 

そして、「一億総中流」という意識は、過去のものとなり、「持てる者」と「持たざる者」の格差は今後さらに広がっていくことになるでしょうね。

 

ちなみに、低所得者の割合を示す「貧困率」は15%程度となっており、世界的に見てもかなり高い水準となっています。これはワーキングプアや母子家庭の増加などが背景となっており、貧困層の増加と経済格差を裏付ける証拠となっています。

 

リスクを取らないリスク

 

<プロモーションドリンク>

 

 

厚生労働省の発表によると、2017年の平均年収は420万円程度だったそうです。

 

この金額が高い・低いは、人の価値観によるものなのかもしれませんが、これはあくまで「平均値」で、一部の高額所得者が平均値を押し上げております。

 

現実的な、数値を推し量ることのできる「中央値」は、もっと低く、330万円程度と言われており、実際、年収が300万円を満たない人が、約4割程度いるそうですね。

 

このように、私たちの住む日本でも、すでに大きな経済格差に直面しているわけです。

 

しかし、このような経済格差の中で、底辺に陥らず、資産を形成する方法はあります。

 

例えば、「株式投資」で資産を効率的に増やしていくことが、最もメジャーなものとして挙げられます。

 

日本株は、バブル期からの低迷もあって、「株って損しそう。」というイメージがありますし、今後衰退していくことを考えると投資先として適切ではありませんが、世界の覇権国家にして、世界の政治・経済の中心地である「米国株」に投資すれば、元本割れのリスクを少なくして運用することができます。

 

なんせ、過去100年以上に渡って、経済成長をしてきた実績がありますからね。そして、米国市場の主要指数である「S&P500指数」は、過去の年間利回りは6%程度だったという実績があります。

 

こういったものに投資すると、給料が少なくても、資産を効率的に増やすことができます。

 

例えば、少し収入の高い人が、月々10万円ずつ貯金をすると、1年間で120万円の貯蓄をすることができます。それを30年間続ければ、3600万円貯金ができるわけですね。

 

それでは、収入の少ない人が月々5万円ずつ、つまり年間60万円ずつ、米国株に投資し、年間利回り6%で運用すると、どうなると思いますか?

 

答えは、以下のグラフにあります。

 

◆資産運用を行った時の資産推移(年間利回り6%)

f:id:ryosuke1123:20180415145515p:plain

 

月々10万円ずつ貯金すると、30年後には3600万円になりますが、月々5万円ずつを年間利回り6%で運用すると、30年後には、4743万円になるわけです。

 

実は、月々10万円ずつ貯金するよりも、月々5万円ずつの積立投資を、年間利回り6%で運用する方が、大きな資産を形成することができます。

 

これが「複利」の力ですね。

 

これから労働者として経済格差が広がっていくのは必然ですが、さらに「投資をする」「投資をしない」だけでも、経済格差が広がっていくわけです。

 

日本人は、欧米に比べると、株式などのリスク資産への投資している人が少ないですが、これは元本割れなどの「リスク」が許容できないからです。

 

しかし、これからの世の中では、「リスクを取らないリスク」の方が怖い時代になると思いますよ。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ